石川 登

Last Update: 2019/09/29 13:23:45

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
石川 登/イシカワ ノボル/Ishikawa, Noboru
Primary Affiliation(Org1/Job title)
Center for Southeast Asian Studies (CSEAS)/Professor
Affiliated programs (koza)
Org1 Job title
大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 Professor
Contact Address
Type Address(Japanese) Address(English)
Office 京都市左京区吉田下阿達町46 46Shimoadachi-cho, Yoshida, Sakyo-ku, Kyoto-city, Kyoto
Phone
Type Number
Office 075-753-7331
Academic Organizations You are Affiliated to in Japan
Organization name(Japanese) Organization name(English)
日本民族学会 Association of Japanese Anthropology
東南アジア学会 Association of Asian Studies
Academic Degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
文学修士 MA 東京都立大学 Tokyo Metropolitan University
人類学博士号 Ph.D. ニューヨーク市立大学 City University of New York, Graduate Center
Graduate School
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(Japanese) Major(English) Degree
東京都立大学 Tokyo Metropolitan University 大学院社会科学研究科修士課程社会人類学専攻 Graduate School of Social Sciences Social Anthropology 修了
Undergraduate School / Major(s)
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(s)(Japanese) Major(s)(English) Degree
東京都立大学 Tokyo Metropolitan University 人文学部 Department of Humanities Social Anthropology 卒業
Personal Profile
(Japanese)
東南アジア地域研究  人類学専攻
(English)
Southeast Asian Studies, Anthropology
Language of Instruction
Language
English
マレー語
サラワク・マレー語
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000008560
Research Topics
(Japanese)
東南アジアのプランテーションに関する学際研究
(English)
Transdisciplinary Studies on Plantations in Southeast Asia
Overview of the research
(Japanese)
自然と人間の関係を問い、地球と現代社会が直面している諸問題を理解するためにAnthropocene(人新生)に代わるPlantationocene(プランテーション新生)という新しい人類史の区分概念を援用しながら、東南アジアにおけるプランテーションを考察している。ついては、従来の人間中心的な環境の理解や自然vs.社会の二元論を超えた新しい学際研究を試みている。
(English)
This research presents yet another geological epoch, the Plantationocene. While the idea of the Anthropocene has gained considerable currency in recent years, I instead use this concept of Plantationocene to offer fresh perspectives that go beyond conventional, human-centric understandings of nature as well as the human/nature dichotomy through case studies of multispecies in plantation systems. Through this approach, I try to bridge a deep divide between the natural sciences and social sciences, combine ethnographic and data-driven methodologies, and present an empirically grounded and historically informed study of human, non-human and their environments.
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
東南アジア地域研究 文化人類学
Published Papers
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
石川 登 石川 登 石川 登 Rubber Booms and Peasants on the Border : a case from Western Borneo Rubber Booms and Peasants on the Border : a case from Western Borneo Rubber Booms and Peasants on the Border : a case from Western Borneo The Japanese Journal of Ethnology,61/4,586-615 The Japanese Journal of Ethnology,61/4,586-615 The Japanese Journal of Ethnology,61/4,586-615 1997 English Research paper(scientific journal) Disclose to all
石川 登 石川 登 「境界の社会史:ボルネオ西部国境地帯とゴム・ブーム」 「境界の社会史:ボルネオ西部国境地帯とゴム・ブーム」 民族学研究,61/4,586-615 民族学研究,61/4,586-615 1997 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
石川 登 石川 登 石川 登 "Peasants with Round Trip Tickets : Circulars Labor Migration and the Forefrant of Community Studies" "Peasants with Round Trip Tickets : Circulars Labor Migration and the Forefrant of Community Studies" "Peasants with Round Trip Tickets : Circulars Labor Migration and the Forefrant of Community Studies" Japanese Ethnology,58/1,53-72 Japanese Ethnology,58/1,53-72 Japanese Ethnology,58/1,53-72 1993 English Research paper(scientific journal) Disclose to all
石川 登 石川 登 「農民と往復切符-循環的労働移動とコミュニティ研究の前線」 「農民と往復切符-循環的労働移動とコミュニティ研究の前線」 民族学研究,58/1,53-72 民族学研究,58/1,53-72 1993 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
石川 登 石川 登 石川 登 "ethnography and Theory-Highland Burma and Anthropologies 1954-1982" "ethnography and Theory-Highland Burma and Anthropologies 1954-1982" "ethnography and Theory-Highland Burma and Anthropologies 1954-1982" Japanese Ethnology,57/1,40-53 Japanese Ethnology,57/1,40-53 Japanese Ethnology,57/1,40-53 1992 English Research paper(scientific journal) Disclose to all
石川 登 石川 登 「民族誌と理論-高地ビルマをめぐる人類学小史1954-1982」 「民族誌と理論-高地ビルマをめぐる人類学小史1954-1982」 民族学研究,57/1,40-53 民族学研究,57/1,40-53 1992 Japanese Research paper(scientific journal) Disclose to all
Title language:
Misc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
Noboru Ishikawa 石川 登 Noboru Ishikawa “Sarawak for Sarawakians” “Sarawak for Sarawakians” “Sarawak for Sarawakians” 『マレーシア研究』(6): 130-132., 6, 130-132 『マレーシア研究』(6): 130-132., 6, 130-132 , 6, 130-132 2017 Japanese Prompt report, short report, and research note, etc.(scientific journal) Disclose to all
石川 登 石川 登 石川 登 Between Frontiers : the Formation and Marginalization of a Bordenalnd Malay Community in Southwestern Sarawak, Malaysia, 18705-19905, ph. D. thesis, City University of NewYork Between Frontiers : the Formation and Marginalization of a Bordenalnd Malay Community in Southwestern Sarawak, Malaysia, 18705-19905, ph. D. thesis, City University of NewYork Between Frontiers : the Formation and Marginalization of a Bordenalnd Malay Community in Southwestern Sarawak, Malaysia, 18705-19905, ph. D. thesis, City University of NewYork Michigan University Microfilm Inc, Michigan University Microfilm Inc, Michigan University Microfilm Inc, 1998 English Disclose to all
Title language:
Books etc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Publisher Publisher(Japanese) Publisher(English) Publication date Language Type Disclose
石川 登 石川 登 「空間の履歴-サラワク南西部国境地帯における国家領域の生成」 「空間の履歴-サラワク南西部国境地帯における国家領域の生成」 『地域形成の論理』京都大学学術出版会, 『地域形成の論理』京都大学学術出版会, 2000 Japanese Disclose to all
石川 登 石川 登 「民族の語り方:サラワク・マレー人とは誰か」 「民族の語り方:サラワク・マレー人とは誰か」 岩波講座文化人類学第5巻『民族の生成と論理』, 岩波講座文化人類学第5巻『民族の生成と論理』, 1997 Japanese Disclose to all
Title language:
Awards
Title(Japanese) Title(English) Organization name(Japanese) Organization name(English) Date
樫山純三賞 Kashiyama Junzo Award 樫山財団 Kashiyama Foundation 2008/11/11
External funds: competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research (Kakenhi)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
基盤研究(S) 東南アジア熱帯域におけるプランテーション型バイオマス社会の総合的研究 Multi-disciplinary Study of Southeast Asian Planted Forests and Local Societies 2010-2014
基盤研究(S) Representative 東南アジア熱帯域におけるプランテーション型バイオマス社会の総合的研究 Multi-disciplinary Study of Southeast Asian Planted Forests and Local Societies 2010-2014
基盤研究(S) Representative 東南アジア熱帯域におけるプランテーション型バイオマス社会の総合的研究 (平成26年度分) Multi-disciplinary Study of Southeast Asian Planted Forests and Local Societies 2014/04/01-2015/03/31
基盤研究(C) Representative ボルネオ社会編成の基礎研究:汽水域・流域・間流域からの新モデル構築 (平成29年度分) Wet Zomias in Borneo 2017/04/01-2018/03/31
基盤研究(C) Representative ボルネオ社会編成の基礎研究:汽水域・流域・間流域からの新モデル構築 (平成30年度分) Wet Zomias in Borneo 2018/04/01-2019/03/31
総合地球環境学研究所(RIHN) Assignment 東南アジアとサブサハラ・アフリカにおける焼畑社会生態システムの比較研究 Fair for whom? Comparing politics, power & precarity in transformations of swidden social-ecological systems in Southeast Asia and Sub-Sahara Africa 2019/04/01-2019/09/30
総合地球環境学研究所 Assignment 東南アジアとサブサハラ・アフリカにおける焼畑社会生態システムの比較研究 Fair for whom? Comparing politics, power & precarity in transformations of swidden social-ecological systems in Southeast Asia and Sub-Sahara Africa 2019/10/01-2019/02/28
External funds: other than those above
System Main person Title(Japanese) Title(English) Period
日本学術振興会 頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム 石川 登 アジア・アフリカの持続型生存基盤研究のためのグローバル研究プラットフォーム構築 (平成24年度分) Construction of a Global Platform for the Study of Sustainable Humanosphere 2012-2014
日本学術振興会 頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム 石川 登 アジア・アフリカの持続型生存基盤研究のためのグローバル研究プラットフォーム構築 (平成26年度分) Construction of a Global Platform for the Study of Sustainable Humanosphere 2014/04/01-2015/03/31
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
地域研究プロジェクト・デザイン 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2011/04-2012/03
地域研究プロジェクト・デザイン Area Studies Project Designing 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2012/04-2013/03
総合地域論研究演習Ⅰ Research Seminar on Environment, Society and Culture I 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2013/04-2014/03
総合地域論研究演習Ⅱ Research Seminar on Environment, Society and Culture II 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2013/04-2014/03
総合地域論研究演習Ⅲ Research Seminar on Environment, Society and Culture III 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2013/04-2014/03
総合地域論研究演習Ⅳ Research Seminar on Environment, Society and Culture IV 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2013/04-2014/03
地域研究プロジェクト・デザイン Area Studies Project Designing 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2013/04-2014/03
アジア地域研究ゼミナール Seminar on Asian Area Studies 前期 全学共通科目 2013/04-2014/03
地域研究プロジェクト・デザイン Area Studies Project Designing 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2014/04-2015/03
総合地域論研究演習Ⅰ Research Seminar on Environment, Society and Culture I 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2014/04-2015/03
総合地域論研究演習Ⅱ Research Seminar on Environment, Society and Culture II 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2014/04-2015/03
総合地域論研究演習Ⅲ Research Seminar on Environment, Society and Culture III 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2014/04-2015/03
総合地域論研究演習Ⅳ Research Seminar on Environment, Society and Culture IV 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2014/04-2015/03
地域研究プロジェクト・デザイン Area Studies Project Designing 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2015/04-2016/03
総合地域論研究演習Ⅲ Research Seminar on Environment, Society and Culture III 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2015/04-2016/03
総合地域論研究演習Ⅱ Research Seminar on Environment, Society and Culture II 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2015/04-2016/03
総合地域論研究演習Ⅳ Research Seminar on Environment, Society and Culture IV 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2015/04-2016/03
総合地域論研究演習Ⅰ Research Seminar on Environment, Society and Culture I 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2015/04-2016/03
地域研究プロジェクト・デザイン Area Studies Project Designing 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2016/04-2017/03
総合地域論研究演習Ⅲ Research Seminar on Environment, Society and Culture III 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2016/04-2017/03
総合地域論研究演習Ⅱ Research Seminar on Environment, Society and Culture II 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2016/04-2017/03
総合地域論研究演習Ⅳ Research Seminar on Environment, Society and Culture IV 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2016/04-2017/03
総合地域論研究演習Ⅰ Research Seminar on Environment, Society and Culture I 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2016/04-2017/03
地域研究プロジェクト・デザイン Area Studies Project Designing 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2017/04-2018/03
総合地域論研究演習Ⅲ Research Seminar on Environment, Society and Culture III 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2017/04-2018/03
総合地域論研究演習Ⅱ Research Seminar on Environment, Society and Culture II 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2017/04-2018/03
総合地域論研究演習Ⅳ Research Seminar on Environment, Society and Culture IV 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2017/04-2018/03
総合地域論研究演習Ⅰ Research Seminar on Environment, Society and Culture I 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2017/04-2018/03
地域研究プロジェクト・デザイン Area Studies Project Designing 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2018/04-2019/03
総合地域論研究演習Ⅲ Research Seminar on Environment, Society and Culture III 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2018/04-2019/03
総合地域論研究演習Ⅱ Research Seminar on Environment, Society and Culture II 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2018/04-2019/03
総合地域論研究演習Ⅳ Research Seminar on Environment, Society and Culture IV 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2018/04-2019/03
総合地域論研究演習Ⅰ Research Seminar on Environment, Society and Culture I 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2018/04-2019/03
地域研究プロジェクト・デザイン Area Studies Project Designing 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2019/04-2020/03
総合地域論研究演習Ⅲ Research Seminar on Environment, Society and Culture III 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2019/04-2020/03
総合地域論研究演習Ⅱ Research Seminar on Environment, Society and Culture II 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2019/04-2020/03
総合地域論研究演習Ⅳ Research Seminar on Environment, Society and Culture IV 後期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2019/04-2020/03
総合地域論研究演習Ⅰ Research Seminar on Environment, Society and Culture I 前期 アジア・アフリカ地域研究研究科 2019/04-2020/03

  • <<
  • >>
School management (title, position)
Title Period
国際大学連合小委員会 委員 2008/04/01-2011/03/31
国際交流委員会 委員 2008/04/01-2011/03/31
国際交流委員会 委員 2011/04/01-2013/03/31
広報委員会 委員 2011/04/01-2013/03/31
点検・評価実行委員会 委員 2014/04/01-2015/03/31
国際交流委員会 委員 2009/07/01-2011/06/30
広報委員会 ホームページ企画専門部会 2011/04/01-2013/03/31
大学評価委員会点検・評価実行委員会 委員 2014/04/01-
大学評価委員会点検・評価実行委員会 委員 2014/04/01-2016/12/31
Faculty management (title, position)
Title Period
和文誌編集委員会 2016/04/01-2018/03/31
出版委員会 2016/04/01-2020/03/31
海外拠点委員会 2016/04/01-2017/03/31
ASEAN研究プラットフォーム センター長 2017/01/01-2020/03/31
自己点検・評価委員会 2017/04/01-2020/03/31
研究公正委員会 2017/04/01-2020/03/31
プロジェクト構想委員会 2017/04/01-2020/03/31
情報セキュリティ委員会 2017/04/01-2020/03/31
安全衛生委員会 2017/04/01-2020/03/31
施設・備品委員会 2017/04/01-2020/03/31
若手研究者支援委員会 2017/04/01-2020/03/31
ASAFAS広報委員会 2018/04/01-2020/03/31
グローバル生存基盤研究部門 部門長 2018/04/01-2020/03/31
フィールド科学教育研究センター運営委員会委員 2016/04/01-2020/03/31

  • <<
  • >>