住永 佳奈

Last Update: 2019/06/27 09:46:30

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
住永 佳奈/スミナガ カナ/Suminaga, Kana
Primary Affiliation(Org1/Job title)
Graduate Schools Law/Program-Specific Assistant Professor
Faculty
Org1 Job title
法学部
Academic Degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
修士(法学) 京都大学
博士(法学) 京都大学
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000023079
Research Topics
(Japanese)
租税法における所得概念、実現、譲渡
(English)
Income Taxation: Notion of Income, Realization, and Disposition of Property
Overview of the research
(Japanese)
所得課税における所得とは何か、課税の契機とはどのようなことかについて、米国法を参照して研究を行っている。これまで、ボックス取引、株式貸借、洗替売買といった、一般的な課税とは異なる課税方法がとられる(財産の私法上の譲渡があるが、譲渡に基因する財産の含み損益に対する課税が生じない、あるいは、財産の私法上の譲渡がないが、譲渡に基因する財産の含み損益に対する課税に相当する税負担が生じる)取引類型を取り上げて研究を行ってきた。
(English)
I study fundamental principles of the individual income taxation, especially the notion of income. I have examined some transactions such as the short sale against the box to clarify the role and the meaning of the realization principle.
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
租税法 Tax Law
Books etc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Publisher Publisher(Japanese) Publisher(English) Publication date Language Type Disclose
住永 佳奈 住永 佳奈 課税の契機としての財産移転 課税の契機としての財産移転 成文堂 成文堂 2019/03 Disclose to all
Title language:
Awards
Title(Japanese) Title(English) Organization name(Japanese) Organization name(English) Date
第40回日税研究賞(研究者の部)入選 公益財団法人日本税務研究センター 2017/7
External funds: competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research (Kakenhi)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
研究活動スタート支援 Representative 財産と納税者の関係変化を軸とする所得課税の規範的検討 (平成30年度分) 2018/04/01-2019/03/31