田中 佑

Last Update: 2015/10/15 14:13:54

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
田中 佑/タナカ ユウ/Yu Tanaka
Primary department(Org1/Org2/Org3/Job title)
農学研究科/農学専攻作物科学講座/助教
Faculty
Org1 Org2 Org3 Job title
農学部
Affiliated academic organization(s) (Japanese)
Organization name(Japanese) Organization name(English)
日本作物学会 Crop Science Society of Japan
日本植物生理学会 The Japanese Society of Plant Physiologists
Academic degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
修士(農学) 京都大学
博士(農学) 京都大学
Graduate school
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(Japanese) Major(English) Degree
京都大学 大学院農学研究科修士課程農学専攻 修了
京都大学 大学院農学研究科博士後期課程農学専攻 修了
University
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(s)(Japanese) Major(s)(English) Degree
京都大学 農学部資源生物科学科 卒業
Highschool
Highschool Kana
私立追手門学院大手前高等学校
Work Experience
Period Organization(Japanese) Organization(English) Job title(Japanese) Job title(English)
2009/04/01-2011/03/31 京都大学大学院農学研究科作物学研究室 Lab. Crop Science, Graduate School of Agriculture, Kyoto University 日本学術振興会特別研究員 DC2 JSPS Research Fellow DC2
2011/04/01-2012/03/31 京都大学大学院理学研究科植物分子細胞生物学研究室 Lab. Plant Molecular Cell Biology, Graduate School of Science, Kyoto University 博士研究員 Postdoctoral Fellow
2013/10/01-2014/06/30 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 University of Illinois, Urbana-Champaign 客員研究員 Visiting Scholar
Research Topics
(Japanese)
C3光合成作物の光合成能向上に関する生理・遺伝学的研究
(English)
Physiological and genetic studies on the improvement of photosynthetic capacity of C3 crop species
Overview of your research
(Japanese)
主要作物であるイネおよびダイズの光合成速度を遺伝的に改良し、収量やバイオマス生産の向上に貢献することを目指している。研究手法としては、野外条件において光合成速度を決定する要因を生理学的に解析するとともに、遺伝学的手法も取り込みながら多角的なアプローチを行っている。
(English)
The final object of my studies is to contribute the improvement of biomass production of soybean and rice, through genetic enhancement of leaf photosynthetic capacity. To achieve this, the physiological analysis of the determinant of leaf photosynthetic rate has been conducted under both field and green house conditions. Genetic materials and analyses has been also intensively applied in my studies.
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
ダイズ soybean
イネ rice
光合成 photosynthesis
気孔 stomata
Fields of research (kaken code)
Kaken code
Agronomy/weed studies
Published Papers > Published Papers
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
S. Kato; T. Sayama; K. Fujii; S. Yumoto; Y. Kono; T.-Y. Hwang; A. Kikuchi; Y. Takada; Y. Tanaka; T. Shiraiwa; M. Ishimoto A major and stable QTL associated with seed weight in soybean across multiple environments and genetic backgrounds Theoretical and Applied Genetics 2014 Refereed English
Y. Tanaka, E. Kumagai, Y. Tazoe, S. Adachi and K. Homma Leaf photosynthesis and its genetic improvement from the perspective of energy flow and CO2 diffusion Plant Production Science,17,111-123 2014 Refereed English
Y. Tanaka; S.S. Sugano; T. Shimada; I. Hara-Nishimura Enhancement of leaf photosynthetic capacity through increased stomatal density in Arabidopsis New Phytologist,198,3,757-764 2013 Refereed English
菅野茂夫,田中佑,西村いくこ,嶋田知生 陸上植物の高CO2応答の包括的解明 気孔密度変化の分子メカニズムと生理的応答 寺島新学術、班会議,宮城県仙台市,2012年1月(口頭発表,査読無) 2012 Refereed Japanese
Y. Tanaka; K. Fujii; T. Shiraiwa Variability of leaf morphology and stomatal conductance in soybean [Glycine max (L.) Merr.] cultivars Crop Science,50,6,2525-2532 2010/11 Refereed English
Y. Tanaka; T. Shiraiwa Stem growth habit affects leaf morphology and gas exchange traits in soybean Annals of Botany,104,7,1293-1299 2009/12 Refereed English
Y. Tanaka; T. Shiraiwa; A. Nakajima; J. Sato; T. Nakazaki Leaf gas exchange activity in soybean as related to leaf traits and stem growth habit Crop Science,48,5,1925-1932 2008/09 Refereed English

  • <<
  • >>
Conference Presentation > Conference Presentation
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
福田泰子;田中佑;藤井健一朗;川崎洋平;白岩立彦 日米ダイズ品種における日射利用効率とガス交換能 日本作物学会講演会要旨・資料集,234th,138-139 2012/09/09 Japanese
田中佑、菅野茂夫、嶋田知生、西村いくこ 気孔密度の増減がシロイヌナズナのガス交換およびバイオマス生産におよぼす影響 第53回日本植物生理学会 2012/03/16 Japanese
Kawasaki, Y., Tanaka, Y., Katsura, K., Shiraiwa, T. Yield and Dry Matter Production of Japanese and US Soybean Cultivars under Drought Stress The 7th Asian Crop Science Conference 2011/09 English
藤井健一朗;田中佑;加藤信;佐山貴司;中崎鉄也;石本政男;白岩立彦 茎伸育型が異なる品種の組換え自殖系統を用いたダイズの莢先熟発生に関わる要因の解析 日本作物学会講演会要旨・資料集,231st,218-219 2011/03/30 Japanese
田中佑、藤井健一朗、佐山貴司、中崎鉄也、石本政男、白岩立彦 ダイズの気孔密度に関するQTLのマッピングおよび評価 第231回 日本作物学会 2011/03/30 Japanese
Yu Tanaka, Yohei Kawasaki, Keisuke Katsura and Tatsuhiko Shiraiwa Leaf Gas Exchange Characteristics of Soybean [Glycine max. (L.) Merr.] in Relation to Dry Matter Productivity Crop Science Society of America, International Annual Meeting 2010/11/01 Refereed English
川崎洋平、田中佑、桂圭佑、Larry C. Purcell、本間香貴、田中朋之、白岩立彦 ダイズの収量および乾物生産性における日米品種間差異 – 暖地における比較 – 第230回 日本作物学会 2010/09 Japanese
田中佑、白岩立彦 ダイズ58品種における個葉の形態形質および気孔コンダクタンスの変異 第228回 日本作物学会 2009/09 Japanese
田中佑;白岩立彦 ダイズの伸育型が個葉の形態および気孔コンダクタンスに及ぼす影響 日本作物学会講演会要旨・資料集,226th,114-115 2008/09/24 Japanese
佐藤順子、白岩立彦、田中佑、西島隆明、中崎鉄也 ダイズの莢先熟発生機構 発生に関連する木部液サイトカイニン物質の特定 第226回 日本作物学会 2008/09 Japanese
Yu Tanaka, Tatsuhiko Shiraiwa, Azusa Nakajima, Junko Sato and Tetsuya Nakazaki Morphological approach for genetic improvement of stomatal conductance in soybean 5th International Crop Science Congress 2008/04/16 Refereed English
田中佑;白岩立彦;佐藤順子;中崎鉄也 ダイズ交雑分離集団における気孔コンダクタンスおよび個葉特性の変異とその要因解析 日本作物学会講演会要旨・資料集,224th,132-133 2007/09/26 Japanese
松山治樹、白岩立彦、佐藤順子、中崎鉄也、田中佑 ダイズの莢先熟発生機構 –‘莢先熟性’の関連形質と遺伝的要因– 第224回 日本作物学会 2007/09 Japanese
中嶋梓;白岩立彦;田中佑;本間香貴;堀江武 ダイズの乾物生産力の日米品種間差異における群落受光態勢および個葉光合成能の寄与 日本作物学会講演会要旨・資料集,222nd,184-185 2006/10/28 Japanese
田中佑;白岩立彦;中崎鉄也;中嶋梓;佐藤順子;堀江武 伸育性が異なるダイズ品種とその交雑分離集団における光合成能力の支配要因の解析 日本作物学会講演会要旨・資料集,222nd,186-187 2006/10/28 Japanese

  • <<
  • >>
Conference Presentation > International Society
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
ASA, CSSA, SSSA International Annual Meeting, 2014 Dry matter production and nitrogen utilization of high yielding soybean cultivars 2014/11 English
4th International Rice Congress Rice heading gene,hd3a increases stomatal conductance under the short day condition 2014/11 English

  • <<
  • >>
Conference Presentation > Domestic Society
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
田中 佑、本間 香貴 個葉の光合成誘導反応が圃場条件での積算光合成量におよぼす影響についての一考察 日本作物学会紀事,85,別1,84-84 2015/03 Japanese
Mochamad Arief Soleh, 田中 佑, Steven Huber, 白岩 立彦 The diversity of photosynthetic induction responses among 41 soybean genotypes ,85,1,85-85 2015/03 English
迫田 和馬, 田中 佑, 白岩 立彦, Randall Nelson イズ高光合成系統の個葉における生理・形態的特性の解明 日本作物学会紀事,85,別1,86-86 2015/03 Japanese
大石 晃史, 田中 佑, 徐 正進, 白岩 立彦 イネ直立穂品種と非直立穂品種の交雑集団における高光合成系統の探索 日本作物学会紀事,85,別1,87-87 2015/03 Japanese
福田 泰子, 片山 寛斗, 田中 佑, 白岩 立彦 リーフパンチを利用したダイズ個葉における炭素安定同位体の簡易分析法の検討 日本作物学会紀事,85,別1,207-207 2015/03 Japanese
岩橋 優, 田中 佑, 伊東 真, 吉竹 良洋, 齊藤 大樹, 奥本 裕, 本間 香貴, 白岩 立彦 イネ出穂期遺伝子hd3a変異体の個葉及び群落蒸散特性の解析 日本作物学会紀事,84,別1,58-58 2014/09 Japanese
田中 佑、岩橋 優、Mochamad Arief Soleh、白岩 立彦、Stephen P. Long ダイズ品種間における光合成誘導反応の差異をもたらす生理的要因について 日本作物学会紀事,84,別1 2014/09 Japanese
,83,別1,96-97 2014/03 English
浦入 千宗, 田中 佑, 川崎 洋平, 廣岡 義博, 徐 正進, 白岩 立彦 イネ直立穂品種における個葉光合成速度の窒素応答およびその支配要因の解析 日本作物学会紀事,83,別1,368-369 2014/03 Japanese
川崎 洋平, Rajen Bajgain, 河村 久紀, 桂 圭佑, 田中 佑, 白岩 立彦 日米ダイズ品種の子実肥大期間における乾物動態の解析 日本作物学会紀事,82,別2,166-167 2013/09 Japanese
田中 佑、福田 泰子、白岩 立彦 ダイズの初生葉を対象とした迅速な葉温フェノタイピングの可能性 日本作物学会紀事,82,別2,164-165 2013/09 Japanese
野元 裕子, 田中 佑, 本間 香貴, 白岩 立彦 ダイズにおける光合成誘導反応の品種間差 日本作物学会紀事,82,別1,382-383 2013/03 Japanese
藤井 健一朗, 福田 泰子, 桂 圭佑, 田中 佑, 白岩 立彦 莢形成過程に着目したダイズ収量の品種間差の解析 日本作物学会紀事,82,別1,176-177 2013/03 Japanese
岩橋 優, 田中 佑, 伊藤 真, 吉竹 良洋, 齊藤 大樹, 奥本 裕, 本間 香貴 FTおよびELF3のイネにおけるホモログ遺伝子の変異が気孔開度および光合成に及ぼす影響 日本作物学会紀事,82,別1,380-381 2013/03 Japanese

  • <<
  • >>
Lectures > Invited Lectures
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
Title Conference name Organization name Date Language
Genetic variation of the leaf photosynthesis under steady and non-steady-state conditions in soybean [Invited] Photosynthesis and Productivity in a Changing Environment – The 2015 Tokyo Whole Plant Photosynthesis Workshop 2015/05/16 English
Utilization of the Variation in Stomatal and Related Traits to Achieve Efficient Photosynthesis in C3 Crop Plants [Invited] Gordon Research Conferences – CO2 Assimilation in Plants: Genome to Biome 2014/06 English
収量の生理的ポテンシャルの品種間変異 シンポジウム 「ダイズ研究のすすめ」 日本育種学会 2012/09 Japanese

  • <<
  • >>
External funds, competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research(kaken)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
特別研究員奨励費 Representative 多様な水環境に応じたダイズ個葉のガス交換関連形質の設計と評価           2009/2010-
科学研究費補助 金 若手(B) Representative 個葉光合成か らみた高CO2 環境適応型ダ イズの提案 2015/04/01-2018/03/31
科学研究費補助 金 基盤(B) Assignment 大気CO2 上昇 下で高い生産 性を発揮する イネ科・マメ科 作物の品種選 抜手法の開発 2013/04/01-2016/03/31
Non-external, competitive funds or grants other than grants-in-aid for Scientific research (kaken)
System Main person Title(Japanese) Title(English) Period
新技術開発財団 植物研究助成 田中 佑 光合成能力の 効率的スクリ ーニングを可 能にする簡易 CO2吸収速度測 定装置の開発 2015/04/01-2016/03/31
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
作物学演習 Crop Science Seminar 通年 農学研究科 2013/04-2014/03
作物学専攻実験 Special Laboratory Work in Crop Science 通年 農学研究科 2013/04-2014/03
作物を栽培してみよう(食べてみよう) Let's cultivate crops 前期 全学共通科目 2013/04-2014/03
作物学演習 Crop Science Seminar 通年 農学研究科 2014/04-2015/03
作物学専攻実験 Special Laboratory Work in Crop Science 通年 農学研究科 2014/04-2015/03
作物学専攻実験1 Special Laboratory Work in Crop Science1 通年 農学研究科 2015/04-2016/03
作物学専攻実験 Special Laboratory Work in Crop Science 通年 農学研究科 2015/04-2016/03
作物学演習1 Crop Science Seminar1 通年 農学研究科 2015/04-2016/03
作物学演習 Crop Science Seminar 通年 農学研究科 2015/04-2016/03