井口 敬雄

Last Update: 2018/09/19 00:56:48

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
井口 敬雄/イグチ タカオ/Iguchi, Takao
Primary Affiliation(Org1/Job title)
Disaster Prevention Research Institute (DPRI)/Assistant Professor
Affiliated programs (koza)
Org1 Job title
Graduate Schools Science Assistant Professor
Contact Address
Type Address(Japanese) Address(English)
Office 京都府宇治市五ヶ庄 Gokasho, Uji City, Kyoto, Japan
Academic Organizations You are Affiliated to in Japan
Organization name(Japanese) Organization name(English)
日本気象学会 Meteorological Society of Japan
Academic Organizations Overaseas You are Affiliated to
Organization name Country
American Geophysical Union USA
Academic Degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
修士(理学) 京都大学
Graduate School
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(Japanese) Major(English) Degree
京都大学 大学院理学研究科修士課程地球惑星科学専攻 修了
Undergraduate School / Major(s)
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(s)(Japanese) Major(s)(English) Degree
京都大学 理学部 卒業
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000008533
Research Topics
(Japanese)
大気中二酸化炭素の収支 大気中微量成分の輸送
(English)
Carbon budget in the atmosphere Transport of tracers in the atmosphere
Overview of the research
(Japanese)
大気輸送モデルを用いて二酸化炭素分布のシミュレーションを行い、それを基に二酸化炭素の収支とフラックス分布の推定を行っています。 また、二酸化炭素以外の微量成分についてもモデルを用いたシミュレーションにより、輸送過程の研究を行っています。
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
炭素収支 carbon budget
大気輸送モデル atmospheric transport model
Published Papers
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
井口敬雄 井口敬雄 GOSAT SWIRデータとTCCONデータにおけるCO2カラム濃度値(XCO2)の比較 GOSAT SWIRデータとTCCONデータにおけるCO2カラム濃度値(XCO2)の比較 京都大学防災研究所年報, 60, 470-478 京都大学防災研究所年報, 60, 470-478 , 60, 470-478 2017/06 Disclose to all
井口敬雄 井口敬雄 逆転法と数値モデルによる 陸上生態系からの炭素フラックスの推定値の比較(2) 領域別フラックスの季節変動と北半球中高緯度の寄与 逆転法と数値モデルによる 陸上生態系からの炭素フラックスの推定値の比較(2) 領域別フラックスの季節変動と北半球中高緯度の寄与 京都大学防災研究所年報, 59, 159-167 京都大学防災研究所年報, 59, 159-167 , 59, 159-167 2016/06 Disclose to all
井口敬雄 井口敬雄 逆転法と数値モデルによる陸上生態系からの炭素フラックスの推定値の比較 逆転法と数値モデルによる陸上生態系からの炭素フラックスの推定値の比較 京都大学防災研究所年報, 58B, 137-145 京都大学防災研究所年報, 58B, 137-145 , 58B, 137-145 2015/06 Disclose to all
井口 敬雄 井口 敬雄 北半球高緯度の陸上におけるCO2フラックスの長期変動について 北半球高緯度の陸上におけるCO2フラックスの長期変動について 京都大学防災研究所年報, 57B, 154-162 京都大学防災研究所年報, 57B, 154-162 , 57B, 154-162 2014/06 Japanese Research paper(bulletin of university, research institution) Disclose to all
井口敬雄,向川 均,榎本 剛 井口敬雄,向川 均,榎本 剛 福島第一原発事故による放出物質の大気輸送過程シミュ レーションにおける誤差の検証 福島第一原発事故による放出物質の大気輸送過程シミュ レーションにおける誤差の検証 京都大学防災研究所年報, 55B, 269-277 京都大学防災研究所年報, 55B, 269-277 , 55B, 269-277 2012 Disclose to all
井口敬雄 井口敬雄 推定された全球および領域別CO2フラックスの10年規模トレンド, 京都大学防災研究所年報 推定された全球および領域別CO2フラックスの10年規模トレンド, 京都大学防災研究所年報 京都大学防災研究所年報, 54B, 283-291 京都大学防災研究所年報, 54B, 283-291 , 54B, 283-291 2011/06 Disclose to all
井口敬雄 井口敬雄 大気輸送モデルを用いた逆転法により推定された二酸化炭素フラックスの近年の動向 大気輸送モデルを用いた逆転法により推定された二酸化炭素フラックスの近年の動向 京都大学防災研究所年報, 53B, 313-320 京都大学防災研究所年報, 53B, 313-320 , 53B, 313-320 2010/06 Japanese Research paper(bulletin of university, research institution) Disclose to all
井口敬雄 井口敬雄 大気輸送モデルを用いた逆転法による領域別地表面CO2フラックスとその年々変動の推定 大気輸送モデルを用いた逆転法による領域別地表面CO2フラックスとその年々変動の推定 京都大学防災研究所年報, 51B, 399-407 京都大学防災研究所年報, 51B, 399-407 , 51B, 399-407 2008/06 Disclose to all
井口 敬雄 木田 秀次 井口 敬雄 木田 秀次 数値モデルを用いた大気-陸上生態系間炭素フラックスの年々変動のシミュレーション  数値モデルを用いた大気-陸上生態系間炭素フラックスの年々変動のシミュレーション  京都大学防災研究所年報 No.50, B, 50, 437-445 京都大学防災研究所年報 No.50, B, 50, 437-445 , B, 50, 437-445 2007/06 Japanese Research paper(bulletin of university, research institution) Disclose to all
河井宏允, 岩嶋樹也, 石川裕彦, 丸山敬, 向川均, 堀口光章, 井口敬雄, 荒木時彦 河井宏允, 岩嶋樹也, 石川裕彦, 丸山敬, 向川均, 堀口光章, 井口敬雄, 荒木時彦 河井宏允, 岩嶋樹也, 石川裕彦, 丸山敬, 向川均, 堀口光章, 井口敬雄, 荒木時彦 Analysis and prediction of anomalous weather and atmospheric hazards 異常気象とそれに伴う災害の実態把握と予測に関する研究 Analysis and prediction of anomalous weather and atmospheric hazards 京都大学防災研究所年報, 50C, 77-88 京都大学防災研究所年報, 50C, 77-88 京都大学防災研究所年報, 50C, 77-88 2007/06 Disclose to all
井口 敬雄,木田 秀次 井口 敬雄,木田 秀次 大気輸送モデルを用いた数値実験に基づく北半球陸上起源炭素フラックスの季節変化の考察 大気輸送モデルを用いた数値実験に基づく北半球陸上起源炭素フラックスの季節変化の考察 京都大学防災研究所年報, 49B, 403-410 京都大学防災研究所年報, 49B, 403-410 , 49B, 403-410 2006/06 Disclose to all
河井宏允, 岩嶋樹也, 石川裕彦, 丸山敬, 向川均, 堀口光章, 井口敬雄, 荒木時彦 河井宏允, 岩嶋樹也, 石川裕彦, 丸山敬, 向川均, 堀口光章, 井口敬雄, 荒木時彦 河井宏允, 岩嶋樹也, 石川裕彦, 丸山敬, 向川均, 堀口光章, 井口敬雄, 荒木時彦 Analysis and prediction of anomalous weather and atmospheric hazards 異常気象とそれに伴う災害の実態把握と予測に関する研究 Analysis and prediction of anomalous weather and atmospheric hazards 京都大学防災研究所年報, 49C, 81-94 京都大学防災研究所年報, 49C, 81-94 京都大学防災研究所年報, 49C, 81-94 2006/06 Disclose to all
井口 敬雄,木田 秀次 井口 敬雄,木田 秀次 グローバルモデルを用いた植生起源炭素フラックスの季節変化の研究 (2)〜北半球中高緯度における季節変化〜 グローバルモデルを用いた植生起源炭素フラックスの季節変化の研究 (2)〜北半球中高緯度における季節変化〜 京都大学防災研究所年報, 48B, 455-465 京都大学防災研究所年報, 48B, 455-465 , 48B, 455-465 2005/06 Disclose to all
河井宏允, 岩嶋樹也, 植田洋匡, 石川裕彦, 丸山敬, 向川均, 堀口光章, 井口敬雄, 荒木時彦 河井宏允, 岩嶋樹也, 植田洋匡, 石川裕彦, 丸山敬, 向川均, 堀口光章, 井口敬雄, 荒木時彦 河井宏允, 岩嶋樹也, 植田洋匡, 石川裕彦, 丸山敬, 向川均, 堀口光章, 井口敬雄, 荒木時彦 Analysis and prediction of anomalous weather and atmospheric hazards 異常気象とそれに伴う災害の実態把握と予測に関する研究 Analysis and prediction of anomalous weather and atmospheric hazards 京都大学防災研究所年報, 48C, 87-96 京都大学防災研究所年報, 48C, 87-96 京都大学防災研究所年報, 48C, 87-96 2005/06 Disclose to all
井口 敬雄,木田 秀次 井口 敬雄,木田 秀次 グローバルモデルを用いた植生起源炭素フラックスの季節変化の研究 グローバルモデルを用いた植生起源炭素フラックスの季節変化の研究 京都大学防災研究所年報, 47B, 349-364 京都大学防災研究所年報, 47B, 349-364 , 47B, 349-364 2004/06 Disclose to all
河井宏允, 岩嶋樹也, 植田洋匡, 石川裕彦, 丸山敬, 向川均, 堀口光章, 井口敬雄, 荒木時彦 河井宏允, 岩嶋樹也, 植田洋匡, 石川裕彦, 丸山敬, 向川均, 堀口光章, 井口敬雄, 荒木時彦 河井宏允, 岩嶋樹也, 植田洋匡, 石川裕彦, 丸山敬, 向川均, 堀口光章, 井口敬雄, 荒木時彦 Analysis and prediction of znomalous weather and atmospheric hazards 異常気象とそれに伴う災害の実態把握と予測に関する研究 Analysis and prediction of znomalous weather and atmospheric hazards Annuals of the Disaster Prevention Research Institute, 47C, 45-54 Annuals of the Disaster Prevention Research Institute, 47C, 45-54 Annuals of the Disaster Prevention Research Institute, 47C, 45-54 2004/06 Disclose to all
井口敬雄, 木田秀次 井口敬雄, 木田秀次 数値モデルを用いた植生起源CO2フラックスのシミュレーション 数値モデルを用いた植生起源CO2フラックスのシミュレーション 京都大学防災研究所年報, 46B, 361-372 京都大学防災研究所年報, 46B, 361-372 , 46B, 361-372 2003/06 Disclose to all
井口敬雄, 木田秀次 井口敬雄, 木田秀次 陸上生態系モデルを用いた大気―植生間の炭素交換の研究, 京都大学防災研究所年報 陸上生態系モデルを用いた大気―植生間の炭素交換の研究, 京都大学防災研究所年報 京都大学防災研究所年報, 45B, 221-231 京都大学防災研究所年報, 45B, 221-231 , 45B, 221-231 2002/06 Disclose to all
井口敬雄, 木田秀次 井口敬雄, 木田秀次 グローバル輸送モデルと植生モデルの結合について グローバル輸送モデルと植生モデルの結合について 京都大学防災研究所年報, 44B-1, 95-103 京都大学防災研究所年報, 44B-1, 95-103 , 44B-1, 95-103 2001/06 Disclose to all
井口敬雄,木田秀次 井口敬雄,木田秀次 グローバル・モデルによる大気中CO2分布のシミュレーション グローバル・モデルによる大気中CO2分布のシミュレーション 京都大学防災研究所年報, 43B-1, 237-247 京都大学防災研究所年報, 43B-1, 237-247 , 43B-1, 237-247 2000/06 Disclose to all
井口敬雄,木田秀次 井口敬雄,木田秀次 3次元輸送モデルを用いた大気中におけるCO2収支の研究 3次元輸送モデルを用いた大気中におけるCO2収支の研究 京都大学防災研究所年報, 42B-1, 385-395 京都大学防災研究所年報, 42B-1, 385-395 , 42B-1, 385-395 1999/06 Disclose to all
T. Iguchi T. Iguchi Correlations between interannual variations of simulated global and regional CO<sub>2</sub> fluxes from terrestrial ecosystems and El Niño Southern Oscillation Correlations between interannual variations of simulated global and regional CO<sub>2</sub> fluxes from terrestrial ecosystems and El Niño Southern Oscillation Tellus, Series B: Chemical and Physical Meteorology, 63, 2, 196-204 , 63, 2, 196-204 Tellus, Series B: Chemical and Physical Meteorology, 63, 2, 196-204 2011 Refereed English Research paper(scientific journal) Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Misc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
井口 敬雄 井口 敬雄 京都府立大学で観測された2012年7月15日の大雨(学会発表) 京都府立大学で観測された2012年7月15日の大雨(学会発表) 日本気象学会関西支部2013年度年会講演予稿集, 5-7 日本気象学会関西支部2013年度年会講演予稿集, 5-7 , 5-7 2013 Japanese Summary of the papers read (national conference and other science council) Disclose to all
井口 敬雄,向川 均,榎本 剛 井口 敬雄,向川 均,榎本 剛 福島第一原発事故によって放出された物質の輸送シミュレーションにおける大気再解析データに起因する誤差の検証 福島第一原発事故によって放出された物質の輸送シミュレーションにおける大気再解析データに起因する誤差の検証 日本気象学会2012年度春季大会講演予稿集, 101, pp.498 日本気象学会2012年度春季大会講演予稿集, 101, pp.498 , 101, pp.498 2012/05/29 Japanese Summary of the papers read (national conference and other science council) Disclose to all
井口 敬雄 井口 敬雄 陸上生態系モデルを用いたシミュレーションによるCO2フラックスとENSOの相関関係  陸上生態系モデルを用いたシミュレーションによるCO2フラックスとENSOの相関関係  日本気象学会2007年度秋季大会講演予稿集 pp.315 日本気象学会2007年度秋季大会講演予稿集 pp.315 2007/10/15 Japanese Summary of the papers read (national conference and other science council) Disclose to all
Iguchi Takao Iguchi Takao Correlations between Inter-annual Variations of Simulated Global and Regional CO2 Fluxes from Terrestrial Ecosystems and El Nino Southern Oscillation Correlations between Inter-annual Variations of Simulated Global and Regional CO2 Fluxes from Terrestrial Ecosystems and El Nino Southern Oscillation Abstracts of 8th International Carbon Dioxide Conference, T2-027 , T2-027 Abstracts of 8th International Carbon Dioxide Conference, T2-027 2009 English Summary of the papers read (international conference) Disclose to all
Takao Iguchi, Hideji Kida, Ryo Kazaoka Takao Iguchi, Hideji Kida, Ryo Kazaoka Seasonal variation of atmospheric CO2 and carbon flux from biosphere simulated by a global coupled model Seasonal variation of atmospheric CO2 and carbon flux from biosphere simulated by a global coupled model AGU Fall Meeting, B33A-0230 , B33A-0230 AGU Fall Meeting, B33A-0230 2004/12 Summary of the papers read (national conference and other science council) Disclose to all
Takao Iguchi, Hideji Kida Takao Iguchi, Hideji Kida Simulations of global carbon exchange using Sim-CYCLE biosphere model Simulations of global carbon exchange using Sim-CYCLE biosphere model Proceedings of International Workshop on Flux Observation and Research in Asia, 200-201 , 200-201 Proceedings of International Workshop on Flux Observation and Research in Asia, 200-201 2003/12 English Summary of the papers read (national conference and other science council) Disclose to all
Takao Iguchi, Hideji Kida Takao Iguchi, Hideji Kida A numerical study of global CO2 interactions using Sim-CYCLE biosphere model A numerical study of global CO2 interactions using Sim-CYCLE biosphere model IUGG 2003 Abstract Week B, JSM04/09P/D-005 , JSM04/09P/D-005 IUGG 2003 Abstract Week B, JSM04/09P/D-005 2003/07 Summary of the papers read (national conference and other science council) Disclose to all
Iguchi, T, Kida, H. Iguchi, T, Kida, H. A POSSIBLE SINK OF CO2 DUE TO VEGETATION IN MID-LATITUDE CONTINENTS INFERRED FROM A GLOVAL CO2 TRANSPORT MODEL A POSSIBLE SINK OF CO2 DUE TO VEGETATION IN MID-LATITUDE CONTINENTS INFERRED FROM A GLOVAL CO2 TRANSPORT MODEL 6th International Carbon Dioxide Conference Extended Abstracts, Vol.2, 931-934 , Vol.2, 931-934 6th International Carbon Dioxide Conference Extended Abstracts, Vol.2, 931-934 2001 English Summary of the papers read (international conference) Disclose to all
Title language:
Books etc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Publisher Publisher(Japanese) Publisher(English) Publication date Language Type Disclose
Takao Iguchi, Hitoshi Mukougawa, Takeshi Enomoto Takao Iguchi, Hitoshi Mukougawa, Takeshi Enomoto Uncertainty in simulation of global transport of radioactive tracer emitted from Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Uncertainty in simulation of global transport of radioactive tracer emitted from Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Springer Springer 2014 English Joint Work Disclose to all
Title language:
External funds: other than those above
System Main person Title(Japanese) Title(English) Period
大気と陸上生態系の相互作用に関する数値的研究 Numerical Study of Interactions between Atmosphere and Terrestrial Biosphere -
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
応用気象学ゼミナールIA Seminar on Applied Meteorology IA 前期 理学研究科 2014/04-2015/03
応用気象学ゼミナールIB Seminar on Applied Meteorology IB 後期 理学研究科 2014/04-2015/03
応用気象学ゼミナールIC Seminar on Applied Meteorology IC 前期 理学研究科 2014/04-2015/03
応用気象学ゼミナールID Seminar on Applied Meteorology ID 後期 理学研究科 2014/04-2015/03
応用気象学ゼミナールIA Seminar on Applied Meteorology IA 前期 理学研究科 2015/04-2016/03
応用気象学ゼミナールIB Seminar on Applied Meteorology IB 後期 理学研究科 2015/04-2016/03
応用気象学ゼミナールIC Seminar on Applied Meteorology IC 前期 理学研究科 2015/04-2016/03
応用気象学ゼミナールID Seminar on Applied Meteorology ID 後期 理学研究科 2015/04-2016/03
応用気象学ゼミナールIA Seminar on Applied Meteorology IA 前期 理学研究科 2016/04-2017/03
応用気象学ゼミナールIB Seminar on Applied Meteorology IB 後期 理学研究科 2016/04-2017/03
応用気象学ゼミナールIC Seminar on Applied Meteorology IC 前期 理学研究科 2016/04-2017/03
応用気象学ゼミナールID Seminar on Applied Meteorology ID 後期 理学研究科 2016/04-2017/03
応用気象学ゼミナールIA Seminar on Applied Meteorology IA 前期 理学研究科 2017/04-2018/03
応用気象学ゼミナールIB Seminar on Applied Meteorology IB 後期 理学研究科 2017/04-2018/03
応用気象学ゼミナールIC Seminar on Applied Meteorology IC 前期 理学研究科 2017/04-2018/03
応用気象学ゼミナールID Seminar on Applied Meteorology ID 後期 理学研究科 2017/04-2018/03
応用気象学ゼミナールIA Seminar on Applied Meteorology IA 前期 理学研究科 2018/04-2019/03
応用気象学ゼミナールIB Seminar on Applied Meteorology IB 後期 理学研究科 2018/04-2019/03
応用気象学ゼミナールIC Seminar on Applied Meteorology IC 前期 理学研究科 2018/04-2019/03
応用気象学ゼミナールID Seminar on Applied Meteorology ID 後期 理学研究科 2018/04-2019/03

  • <<
  • >>
Part-time lecturer (outside KU)
Cource name(Japanese) Cource name(English) Term University Department Period
地学実験及び同実験法 後期 京都府立大学 生命環境学部 2014/10/-2015/03/
Faculty management (title, position)
Title Period
防災研究所厚生委員会委員 2015/04/01-2016/03/31
防災研究所厚生委員会 2016/04/01-2017/03/31
防災研究所安全衛生委員会 2017/04/01-2017/09/30
防災研究所施設設備専門委員会 2017/04/01-2019/03/31