山川 宏

Last Update: 2017/05/10 11:43:34

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
山川 宏/ヤマカワ ヒロシ/Hiroshi Yamakawa
Primary department(Org1/Org2/Org3/Job title)
生存圏研究所/生存圏開発創成研究系/教授
Affiliated programs (koza)
Org1 Org2 Org3 Job title
工学研究科 電気工学専攻 電波工学講座 教授
Secondary departments to which you belong
Org1 Org2 Org3 Job title
学際融合教育研究推進センター 宇宙総合学研究ユニット
E-mail address
メールアドレス
yamakawa @ rish.kyoto-u.ac.jp
Affiliated academic organization(s) (Japanese)
Organization name(Japanese) Organization name(English)
日本航空宇宙学会 JSASS: The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences
地球電磁気・地球惑星圏学会 SGEPSS: Society of Geomagnetism and Earth, Planetary and Space Sciences
計測自動制御学会 SICE: The Society of Instrument and Control Engineers
日本機械学会 JSME: The Japan Society of Mechanical Engineers
Affiliated academic organization(s) (overseas)
Organization name Country
AIAA: American Institute of Aeronautics and Astronautics United States of America
AAS: American Astronautical Society United States of America
Academic degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
修士(工学) 東京大学
博士(工学) 東京大学
Graduate school
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(Japanese) Major(English) Degree
東京大学 大学院工学系研究科航空学専攻修士課程 修了
東京大学 大学院工学系研究科航空学専攻博士課程 修了
University
University(Japanese) University(English) Faculty(Japanese) Faculty(English) Major(s)(Japanese) Major(s)(English) Degree
東京大学 工学部航空学科 卒業
Highschool
Highschool Kana
私立栄光学園高等学校 Eiko-Gakuen
Work Experience
Period Organization(Japanese) Organization(English) Job title(Japanese) Job title(English)
1993/04/01-1999/03/31 宇宙科学研究所システム研究系軌道工学部門 Institute of Space and Astronautical Science 助手 Research Associate
1994/04/01-1996/09/30 東京大学大学院工学系研究科 The University of Tokyo 助手 Research Associate
1997/03/01-1997/11/30 米国航空宇宙局ジェット推進研究所 Jet Propulsion Laboratory, National Aeronautics and Space Administration 客員科学者 Visiiting Scientist
1998/03/01-1998/03/31 米国航空宇宙局ジェット推進研究所 Jet Propulsion Laboratory, National Aeronautics and Space Administration 客員科学者 Visiiting Scientist
1999/04/01-2003/09/30 宇宙科学研究所宇宙探査工学研究系宇宙自律システム工学部門 Institute of Space and Astronautical Science 助教授 Associate Professor
2000/08/30-2005/03/31 日欧水星探査プロジェクトBepiColombo Institute of Space and Astronautical Science スタデイマネジャー Study Manager
2002/01/-2002/02/ 欧州宇宙科学技術センター、欧州宇宙機関 The European Space Research and Technology Centre, European Space Agency 客員科学者 Visiting Scientist
2003/04/01-2006/08/30 総合研究大学院大学数物科学研究科 Graduate University for Advanced Studies 助教授 Associate Professor
2003/10/01-2006/08/30 宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究本部宇宙航行システム研究系 Institute of Space and Astronautical Science, Japan Aerospace Exploration Agency 助教授 Associate Professor
2005/04/01-2006/08/30 日欧水星探査プロジェクトBepiColombo Japan Aerospace Exploration Agency プロジェクトマネジャー Project Manager
2005/04/01-2006/08/30 宇宙航空研究開発機構、経営企画部 Japan Aerospace Exploration Agency リエゾン Liasion
2006/09/01- 京都大学 生存圏研究所 宇宙圏航行システム工学分野 Research Institute for Sustainable Humanosphere, Kyoto University 教授 Professor
2006/09/01- 京都大学大学院 工学研究科 電気工学専攻 協力講座 Graduate School of Engineering, Kyoto University 教授(協力講座) Professor (Coorporating Chair)
2008/04/01-2013/03/31 京都大学 宇宙総合学研究ユニット Unit of Synergetic Studies for Space, Kyoto University 副ユニット長 Deputy Director
2010/07/20-2012/07/31 内閣官房宇宙開発戦略本部事務局 Secretariat of Strategic Headquarters for Space Policy, Cabinet Secretariat. Government of Japan 事務局長 Secretary General
2011/10/17-2012/07/11 内閣府大臣官房 宇宙政策予算等準備室 Preparatory Office of Space Budget 室長 Director
2012/07/31- 内閣府 宇宙政策委員会 Committee on National Space Policy 委員 Committee Member
2012/09/27-2015/03/31 内閣府 独立行政法人評価委員会 臨時委員 Evaluation Committee of Independent Administrative Agency 宇宙航空研究開発機構分科会長代理 Acting Chairman
2013/02/26-2015/02/26 内閣府宇宙政策委員会 宇宙輸送システム部会 Subcommittee on Space Transportation System 部会長 Chairman
2013/02/26-2015/02/26 内閣府 宇宙政策委員会 宇宙科学・探査部会 Subcommittee on Space Science and Exploration 委員 Member
2013/02/26-2015/02/26 内閣府 宇宙政策委員会 宇宙産業部会 Subcommittee on Space Industry 委員 Member
2013/04/01-2015/03/31 宇宙航空研究開発機構 宇宙工学委員会 JAXA ISAS Space Engineering Committee 委員長 Chairman
2014/07/18-2015/02/26 内閣府 宇宙政策委員会 基本政策部会 Subcommittee on Basic Policy 部会長代理 Acting Chairman
2015/02/26- 内閣府 宇宙政策委員会 宇宙産業・科学技術基盤部会 Subcommittee on Space Industry, Science, and Technology 部会長 Chairman
2015/02/26- 内閣府 宇宙政策委員会 宇宙安全保障部会 Subcommittee on Space Security 委員 Member
2015/02/26- 内閣府 宇宙政策委員会 宇宙民生利用部会 Subcommittee on Space Civil Use 委員 Member
2015/04/14- 内閣府 宇宙政策委員会 国立大学法人宇宙航空研究開発機構分科会 Subcommittee on JAXA 委員長 Member
2015/05/-2017/04/ 宇宙航空研究開発機構 宇宙工学委員会 JAXA ISAS Space Engineering Committee 委員 Member
2015/07/-2015/08/ 文部科学省/内閣府/外務省合同ISS協力の有り方検討会 ISS Strategy Committee 委員 Member
2015/08/-2016/03/ 日本航空宇宙工業会 宇宙委員会 小型ロケット打上げ安全基準検討専門委員会 The Society of Japanese Aerospace Companies, Small Rocket Committee 委員 Member
2015/09/-2016/03/ 特許庁 特許出願同行調査(航空機・宇宙機器関連技術)委員会(事務局:野村総合研究所) Japan Patent Office, Aerospace Patent Committee 委員 Member
2015/10/-2016/03/ 内閣府宇宙戦略室 射場の在り方検討に向けた調査検討会(事務局:三菱総合研究所) Cabinet Office, Launch Site Committee 委員 Member
2015/11/16-2015/11/19 測位衛星システムに関する国際シンポジウム委員会、京都 IS-GNSS (International Symposium on GPS/GNSS), Kyoto 委員長 Chairman
2015/12/-2018/03/ 経済産業省・公益財団法人岐阜県産業経済振興センター 戦略的基盤技術高度化支援事業(宇宙デブリ観測用望遠鏡及び地球観測衛星に用いられる大型光学素子の超精密研磨・計測技術の開発)研究開発委員会 Ministry of Economy, Trade, and Indudstry & Gifu Prefecture 委員 Member
2015/11/04-2016/05/31 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構「パワーエレクトロニクスの産業分野への適用ロードマップ等に関する検討」産業分野の有識者委員会(事務局:EYアドバイザリー株式会社) NEDO 委員 Member
2016/01/-2016/05/ 総務省「次期技術試験衛星についての検討会」委員 Ministry of Internal Affairs and Communication, Communication Satellite Committee 委員 Member
2016/06/01- 内閣府・宇宙産業振興小委員会 Cabinet Office, Space Industry Sub-Committee 委員長代理 Acting Chair
2010/03/-2010/03/ 宇宙システム開発利用推進機構 USEF 空中発射システムに係る専門委員会委員 Member
2016/09/16- 総務省文部科学省次期技術試験衛星プロジェクト推進会議 MIC/MEXT Committee on Next-Generation Engineering Test Satellite Project 議長代理 Deputy Chair
2016/09/30-2017/03/31 内閣府人工衛星等の打上げ及び人工衛星の管理に関する制度調査検討会 Comittee on Space Activity Law 委員長 Chair
2016/11/11-2017/03/31 内閣府「宇宙開発利用の調査分析・戦略立案機能形成のための調査」検討分析チーム・アドバイザリーボード Cabinet Office 座長 Chair
2017/03/- 文部科学省 宇宙開発利用部会 調査・安全小委員長 MEXT Sub Committee on Investigation and Safety 文部科学省 Chair
2017/04/- 内閣府 宇宙政策委員会 宇宙活動法技術基準小委員長 Cabinet Office, Sub Committee on Space Activity Law 小委員長 Chair

  • <<
  • >>
Personal Profile
(Japanese)
 スイス・ジュネーブ生,英国・ロンドン近郊(Epsom)在住を経て,小中高時代は神奈川県茅ケ崎市在住,大学以降は,東京都品川区,神奈川県相模原市,京都府宇治市,京都市に住む。中学・高校時代は,多くの外惑星に連続的にスイングバイを実施したNASAのVoyager探査機のような探査機を自分で作りたいと考えているうちに,現職に.   現在は,京都大学生存圏研究所宇宙圏航行システム工学分野教授,そして,工学研究科教授(協力講座)であり,専門は,宇宙工学および軌道工学,特に,ロケットや人工衛星の飛行計画,航法,誘導,制御の研究を行っている。近年は,宇宙環境を利用した宇宙推進,スペースデブリの観測・低減,そして,地球接近小惑星の対処法等の研究を行っている。2006年まではJAXA(宇宙航空研究開発機構)にて助教授,そして,2003年まではISAS(宇宙科学研究所)にて助手,および,助教授として,宇宙機の軌道工学研究を行いつつ,多くの地球周回科学衛星および月・惑星探査機のプロジェクト,M-V固体ロケット,垂直離着陸型の再使用型液体ロケットの開発・打ち上げ・衛星初期運用に従事。2000年以降,日欧国際協力水星探査プロジェクトBepiColombo(ベピ・コロンボ)のStudy Manager, Project Manager. 1997年にNASA(米国航空宇宙局)の客員科学者,2002年にはESA(欧州宇宙機関)の客員科学者。2010年~2012年に内閣官房の宇宙開発戦略本部事務局長(行政官),2012年より内閣府宇宙政策委員会委員,2013年~2015年にJAXA宇宙科学研究所の宇宙工学委員長。  中学から30才まではバレーボール,以降は山歩きに打ち込む.丹沢から日本アルプスまで幅広く.一時期,沢登り,クライミング,冬山にはまるが,現在は,垂直方向ではなく,水平方向に長距離を歩く方を好むが時間がない.マウンテンバイクで自転車専用道でのサイクリングを楽しんだことも.神奈川県に住んでいたときは,相模原から江ノ島までを往復すること数回.京都に移住してからは,京都の町歩き,そして,奈良の古道歩きに熱中。山歩きから派生したのが,秘湯めぐり,道の駅めぐり.また,古民家があると見にいく.奄美,屋久島等の島めぐりも.海外ではジュネーブとツェルマット周辺のスイスアルプス,アメリカ西部の国立公園(ユタ州モアブ近くのキャニオンランズ国立公園,アリゾナ州グランドキャニオン国立公園等).仕事の分野の1つである軌道計画,および,もう一方の分野である宇宙政策,と趣味の山行計画は,食料(燃料)と時間の最適化,および,得られる満足感(国益)の最大化という観点で,類似性があると思っている.
(English)
Hiroshi Yamakawa was born in Geneva, Switzerland in 1965 and lived in Switzerland and in the UK until 7 years old. He graduated from the University of Tokyo in 1988, and received a Ph.D in Space Engineering in 1993 also from the University of Tokyo. He became an assistant professor and an associate professor at the Institute of Space and Astronautical Science (ISAS) from 1993 to 2003, followed by an associate professorship at Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) between 2003 and 2006. He has wide experiences in mission and system design for Earth-orbiting scientific satellite projects (EXPRESS, MUSES-B, ASTRO-EII, ASTRO-F, and SOLAR-B) as well as in lunar and interplanetary missions (MUSES-A, GEOTAIL, LUNAR-A, PLANET-B, MUSES-C, and PLANET-C) between 1990 and 2006. He also engaged in the navigation, guidance, and control systems of the solid propellant M-V rocket from 1997 through 2006, and liquid propellant reusable vertical-takeoff and landing test rocket, RVT, from 1999 to 2003. He served as a study manager and a project manager of the Euro-Japan collaborative BepiColombo mission to Mercury from 2000 through 2006. He was a visiting scientist at NASA JPL (Pasadena, USA) in 1997-1998 and at ESA ESTEC (Noordwijk, The Netherlands) in 2002. During controlled re-entry operation of the Russian Mir space station in 2001, he was sent to Moscow by the Government of Japan as a member of an expert team to monitor the operation by the Russian space agency. He was involved in establishing the “JAXA long-term vision 2025” issued in 2005. He joined Kyoto University in September 2006 and is currently a professor of the research institute of sustainable humanosphere, and a professor of the graduate school of engineering (cooperating chair). His academic interest includes orbital mechanics, trajectory optimization, space propulsion using space environment, planetary defense (active asteroid deflection to avoid asteroid impact on the Earth) and space situational awareness (space debris monitoring and active space debris mitigation). He has published 94 peer-reviewed journal papers (79 in English, 15 in Japanese), and defended 14 Ph.D dissertations (5 committee chairs, 9 committee co-chairs). He was appointed Secretary General (SG) of the secretariat of Strategic Headquarters for Space Policy (SHSP), Cabinet Secretariat, Government of Japan between July 2010 and July 2012. As an SG, he led the role of establishing the Office of National Space Policy (ONSP) at Cabinet Office by amending the Act for Establishment of the Cabinet Office in July 2012. He also managed the activity toward the Cabinet Decision issued in September 2011 to promote the Japanese regional satellite navigation system QZSS (Quazi-Zenith Satellite System) by 2020. He is currently a member of the Committee of National Space Policy (CNSP), Cabinet Office, assigned in July 2012 (re-assigned in July 2014). As a member, he was involved in establishing the Basic Plan for Space Policy issued in January 2013 and in January 2015. He was chairman of the sub-committee for space transportation system, member of the sub-committee for space science and exploration, and member of sub-committee for space industry, all belonging to the CNSP from 2013-2014. As a chairman of the space transportation system sub-committee, he managed the decision in May 2013 to promote the development of the post H-IIA launch vehicle (tentatively called H-III) by 2020. He was assigned acting chairman of the sub-committee of basic space policy in 2014, whose outcome was the new basic space plan focusing on space security and predictability approved by Prime Minister Abe in January 2015. He was then assigned chairman of the sub-committee for space industry, science, and technology, member of the sub-committee for space security, and member of the sub-committee for civil space use in 2015. He was assigned the chairman of the steering committee of space engineering of ISAS/JAXA in April 2013 (exp. in March 2015). The ISAS space engineering committee together with the ISAS space science committee issued the JAXA Roadmap for Space Science and Exploration in September 2013, which was approved by the Cabinet Office’s sub-committee for space science and exploration. He participated in the first Epsilon launch operation at Uchinoura Space Center as a technical advisor in flight planning and control system.
Personal website address
URL
http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/~yamakawa/
Research Topics
(Japanese)
月・惑星探査機の非線形軌道ダイナミクスおよびミッション解析に関する研究(1993年-)磁気セイルに関する基礎研究(2003年-) 科学衛星のミッション検討・提案(1988年-2006年)国際共同水星探査計画「BepiColombo(ベピ・コロンボ)」(2000年-2006年) ロケット航法・誘導・飛翔計画に関する研究(1994年-2006年)太陽や地球磁場の自然エネルギーを利用した帯電衛星の軌道姿勢制御に関する研究(2006年-) 地球接近小惑星の地球衝突回避技術に関する研究(2006年-)スペースデブリの観測・軌道解析・低減に関する研究(2013年-)海外との共同研究 地球磁気圏探査ミッション「GEOTAIL」 (1990-1994年)カプセル実験EXPRESSミッション(1994-1995年) 火星探査プロジェクト「のぞみ」(1997-2000年)ロシア宇宙ステーション「ミール」 (2001年) 国際水星探査プロジェクト「BepiColombo(ベピ・コロンボ)」(2000-2006年)
(English)
Orbital Mechanics ,Trajectory Optimization ,Space Propulsion, Planetary Defense (Asteroid Deflection), Space Situational Awareness (Space Debris Observation/Modeling/Mitigation)
Overview of your research
(Japanese)
月・惑星探査機の非線形軌道ダイナミクスおよびミッション解析に関する研究(1993年-)、 磁気セイルに関する基礎研究(2003年-)、 科学衛星のミッション検討・提案(1988年-2006年)、 国際共同水星探査計画「BepiColombo(ベピ・コロンボ)」(2000年-2006年)、 固体燃料・液体燃料ロケット航法・誘導・飛翔計画に関する研究(1994年-2006年)、 太陽や地球磁場の自然エネルギーを利用した帯電衛星の軌道姿勢制御に関する研究(2006年-)、 海外との共同研究: 地球磁気圏探査ミッション「GEOTAIL」、 カプセル実験EXPRESSミッション、 火星探査プロジェクト「のぞみ」、 ロシア宇宙ステーション「ミール」、 国際水星探査プロジェクト「BepiColombo(ベピ・コロンボ)」
(English)
Orbital Mechanics: Spacecraft formation dynamics, Solar sail dynamics, Halo orbits Trajectory Optimization: Interplanetary trajectory design, low-thrust trajectory optimization Space Propulsion: Magnetic sail, Solar sail, Coulomb force, Lorentz force orbit control Planetary Defense: Asteroid deflection Space Situational Awareness: Space debris observation/modeling/mitigation
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
宇宙工学 Space Engineering
軌道工学 Orbital Dynamics
Fields of research (kaken code)
Kaken code
Aerospace engineering
Published Papers > Published Papers
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
河原淳人、岩堀太紀、山川宏、佐藤亨、山本衛、橋口浩之 京都大学MUレーダーを用いたスペースデブリの観測手法に関する研究 日本航空宇宙学会論文誌,64,3,189-199 2016/06 Refereed Japanese
K. Hoshi, Y. Muranaka, H. Kojima, H. Usui, I. Shinohara, and H. Yamakawa Numerical Simulation of Satellite Charging on Geostationary Orbits Journal of Spacecraft and Rockets 2016/06 Refereed English
福島健, 池田成臣, 赤司陽介, 中宮賢樹, 山川宏 ローレンツ力を用いたスペースデブリ除去のための帯電制御シーケンスに関する研究 日本航空宇宙学会 航空宇宙技術,15,101-110 2016 Refereed Japanese
K. Yamaguchi and H. Yamakawa Electric Solar Sail Wind Kinetic Energy Impacor for Asteroid Deflection Missions Journal of the Astronautical Sciences,62,1-22 2016 Refereed English
Takahiro Zushi, Hirotsugu Kojima, Keisuke Onishi, Mitsunori Ozaki, Satoshi Yagitani, Satoru Shimiz and Hiroshi Yamakawa Small Sensor Probe for Measuring Plasma Waves in Space Earth, Planets and Space,67,127 2015 Refereed English
臼井英之,JST/CREST マルチスケール粒子シミュレーションチーム(篠原育,船木一幸,山川宏,沼波政倫,梶村好宏,中村雅夫,松本正晴,芦田康将,八木耀平,西田浩之,森高外征雄,松井竜樹 惑星間航行システム開発に向けたマルチスケール粒子シミュレーション プラズマ・核融合学会誌,90,5,277-288 2014/05 Refereed
K. Yamaguchi and H. Yamakawa Orbital Deflection of Potentially Hazardous Asteroid Using Space Environment JSASS Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Aerospace Technology Japan, Vol. 12, 2014, No. ists29, pp.Tr_27-Tr_33. 2014 Refereed English
Y. Ashida, I. Funaki, H. Yamakawa and Y. Kajimura Analysis of Small-scale Magneto Plasma Sail and Propulsive Characteristics JSASS Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Aerospace Technology Japan, Vol. 12, 2014, No. ists29, pp.Tb_11-Tb_18. 2014 Refereed English
Experimental and Numerical Investigation on Screening Currents Induced in Bi-2223/Ag Double-pancake Coil for Space Applications ,27,115005 2014 Refereed
S. Tsujii; M. Bando; H. Yamakawa Spacecraft formation flying dynamics and control using the geomagnetic lorentz force Journal of Guidance, Control, and Dynamics,36,1,136-148 2013/01 Refereed Japanese
山口皓平,山川宏 推力スイッチング制御による帯電セイル宇宙機の軌道制御に関する研究 日本航空宇宙学会航空宇宙技術(オンライン論文集), pp. 79-88, 2013. 2013 Refereed Japanese
坂東麻衣,大須賀公一,藤井隆雄,山川宏, 円制限3体問題のラグランジュポイントの安定性に関する陰的制御的考察 計測自動制御学会論文集, Vol. 48, No. 7, pp. 431-440 2012/07 Refereed Japanese
長崎陽,中村武恒,船木一幸,芦田康将,山川宏 磁気セイル宇宙機を指向したビスマス系ならびにイットリウム系高温超電導テープ導体の熱伝導特性 低温工学、47巻10号、pp. 597-604 2012 Refereed Japanese
I. Funaki, and H. Yamakawa “Solar Wind Sails,” Exploring the Solar Wind, Dr. Marian Lazar (Ed.) ISBN: 978-953-51-0339-4, InTech, Available from: http://www.intechopen.com/books/exploring-the-solar-wind/solar-wind-sails 2012 Refereed Japanese
船木 一幸;山川 宏 太陽風宇宙帆船と磁気プラズマセイルの研究(<特集>先進的空力技術第1部:プラズマと熱・高速気流 第5回) 日本航空宇宙学会誌,59,694,342-348 2011/11/05 Refereed Japanese
福原 始;小嶋 浩嗣;岡田 聡;池田 博一;山川 宏 科学衛星搭載小型プラズマ波動観測器に用いる温度補償G_m-Cフィルタ(集積エレクトロニクス) 電子情報通信学会論文誌. C, エレクトロニクス,94,6,155-162 2011/06/01 Refereed Japanese
上野一磨;上野一磨;大塩裕哉;船木一幸;山川宏;堀澤秀之 磁気セイルの推力特性に関する実験研究 日本航空宇宙学会論文集,59,692,229-235 (J-STAGE) 2011 Refereed Japanese
芦田康将;船木一幸;山川宏;梶村好宏;小嶋浩嗣 磁気セイル推力解析のための簡易モデルの検討 日本航空宇宙学会論文集,59,688,126-131 (J-STAGE) 2011 Refereed Japanese
梶本武志;畑俊充;小嶋浩嗣;田川雅人;今村祐嗣;早川基;山川宏;上田義勝 原子状酸素照射に対する木質炭素/シリコン材料の抵抗性 高温学会誌,36,4,185-191 2010/07/20 Refereed Japanese
山川宏 宇宙機の軌道と制御 システム/制御/情報,54,5,184-191 2010/05/15 Refereed Japanese
M. Bando; H. Yamakawa Solution to lambert's problem using generalized canonical transformations Advances in the Astronautical Sciences,136,587-603 2010 Refereed English
梶村好宏;梶村好宏;船木一幸;船木一幸;西田浩之;西田浩之;臼井英之;臼井英之;篠原育;篠原育;山川宏;山川宏;中島秀紀 プラズマ噴射による磁気圏拡大現象におけるイオン粒子効果の定量評価 日本航空宇宙学会論文集,57,666,287-294 (J-STAGE) 2009 Refereed Japanese
山川宏 低推力連続加速軌道のダイナミクスに関するいくつかの話題 宇宙航空研究開発機構特別資料 JAXA-SP-,07-020,33-38 2008/02/29 Refereed Japanese
稲富 裕光;神保 至;石川 毅彦;橋本 樹明;澤井 秀次郎;斉藤 芳隆;吉光 徹雄;坂井 真一郎;小林 弘明;藤田 和央;坂東 信尚;後藤 雅享;山川 宏 高高度気球からの自由落下カプセルを用いた第一回微小重力実験 (大気球研究報告) 宇宙航空研究開発機構研究開発報告,7,23-33 2008/02 Refereed Japanese
山川宏 人類が生存する宇宙圏の2050年の姿を予想する 生存圏研究,4,27-34 2008 Refereed Japanese
船木一幸;山川宏 新たな宇宙開発を拓く核融合技術  5.磁気プラズマセイルの研究と深宇宙探査への挑戦 プラズマ・核融合学会誌,83,3,281-284 2007/03/25 Refereed Japanese
山口智宏;小木曽望;山川宏 地球接近小惑星軌道変更ミッションにおける速度増分の変動を考慮した軌道設計 日本航空宇宙学会論文集,55,644,432-438 (J-STAGE) 2007 Refereed Japanese
山川宏,前田行雄,石井信明,小川博之,野中聡,山本高行,津田雄一,川口淳一郎,感応寺治城,周東三和子,迫田幸恵,古林剛士,北田恒行,渋谷彰,大塚浩仁,内田洋,江西達也,後藤晋一,斎藤一晶,佐藤裕彦,櫻井博昭,有沢雄三 M-V型ロケットの飛翔軌道・風補正・電波誘導 JAXA-Special Report,「M-V型ロケット(5号機から8号機まで)」, 2007.1.原稿 2007 Refereed Japanese
山川 宏 次世代の宇宙利用システムの研究~磁気プラズマセイル宇宙機の実現に向けて~ 京都大学電気関係教室技術情報誌「cue」第17号,京都大学,京都, 2007 Refereed Japanese
山川宏 機械工学便覧・応用システム編 y11 「宇宙機器・システム」4.1.2.章「火星軌道」 日本機械学会編,丸善,東京, 11-54,11-59,2007 2007 Refereed Japanese
山川 宏 人工衛星の軌道 人工衛星の力学と制御ハンドブック~基礎理論から応用技術ま で~,姿勢制御研究委員会,陪風館(東京) ,283-288, 2007 2007 Refereed Japanese
稲富裕光, 神保至, 石川毅彦, 橋本樹明, 澤井秀次郎, 斉藤芳隆, 吉光徹雄, 坂井真一郎, 小林弘明, 藤田和央, 坂東信尚, 後藤雅享, 山川宏 高高度気球からの自由落下カプセルを用いた第一回微小重力実験 JASMA : Journal of the Japan Society of Microgravity Application = 日本マイクログラビティ応用学会誌,23,4 2006/11/30 Refereed Japanese
船木一幸;小嶋秀典;小嶋秀典;山川宏;山川宏;清水幸夫;都木恭一郎;中山宜典;藤田和央;小川博之;篠原季次 磁気セイルシミュレータの開発 日本航空宇宙学会論文集,54,634,501-509 (J-STAGE) 2006 Refereed Japanese
稲富裕光,石川毅彦,橋本樹明,澤井秀次郎,齋藤義隆,吉光徹,坂井真一郎,小林弘明,藤田和央,坂東信尚,後藤雅亨,神保至,山川宏 高高度気球からの微少重力実験用自由落下カプセルの第1回飛行試験 日本マイクログラビテイ応用学会誌,Vol. 23 (4), 2006, pp. 197-203 2006 Refereed Japanese
小嶋秀典, 船木一幸, 清水幸夫, 山川宏 磁気セイルの地上シミュレーション実験 ISAS Research Note, Vol. 807 2006 Refereed Japanese
船木一幸,山川宏,藤田和央 小型磁気セイル飛翔実験の検討 磁気プラズマセイルの推力発生メカニズムの解明,JAXA RR (Research and Development Report) -05-014, Edited by I. Funaki and H. Yamakawa 2006 Refereed Japanese
稲富裕光, 坂東信尚, 澤井秀次郎, 石川毅彦, 坂井真一郎, 吉光徹雄, 斎藤芳隆, 山川宏, 橋本樹明 大気球を用いたドラッグフリーカプセル実験の準備状況 JASMA : Journal of the Japan Society of Microgravity Application = 日本マイクログラビティ応用学会誌,22,4 2005/11/28 Refereed Japanese
山川 宏 宇宙探査ミッションにおける3体問題の役割(話題) 日本物理學會誌,60,10,808-810 2005/10/05 Refereed Japanese
橋本樹明, 斎藤芳隆, 稲富裕光, 石川毅彦, 澤井秀次郎, 山川宏 , 吉光徹雄, 坂井真一郎 高々度気球からの落下体を用いた微小重力実験システム JASMA : Journal of the Japan Society of Microgravity Application = 日本マイクログラビティ応用学会誌,21 2004/11/04 Refereed Japanese
山川 宏、小川博之、藤田和央、野中聡、澤井秀次郎、国中均、船木一幸、大津広敬、中山宜典 磁気プラズマセールによる外惑星探査 日本航空宇宙学会論文集 = Journal of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences,52,603,148-152 2004/04/05 Refereed Japanese
船木一幸、山川 宏、藤田和央、野中聡 磁気プラズマセイルによる深宇宙探査 日本物理學會誌,58,4,266-269 2003/04/05 Refereed Japanese
将来計画委員会・惑星探査検討グループ;山川 宏 ベピコロンボ国際共同水星探査計画 : 人類無沙汰な水星へ 遊・星・人 : 日本惑星科学会誌,12,1,45-53 2003/03/25 Refereed Japanese
山川 宏;石井 信明;川口 淳一郎 M-V型ロケットの飛翔軌道/風補正/電波誘導 (M-V型ロケット(1号機から4号機まで)) 宇宙科学研究所報告 特集,47,271-329 2003/03 Refereed Japanese
的川泰宣、山川 宏 ミール制御落下の顛末 計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers,41,8,591-593 2002/08/10 Refereed Japanese
高野忠,川口淳一郎,高橋忠幸,中谷一郎,橋本樹明,村上浩,山川宏 科学衛星ミッションの現状と将来 電子情報通信学会技術研究報告. SANE, 宇宙・航行エレクトロニクス,102,172,43-50 2002/06/21 Refereed Japanese
山川 宏, 川口淳一郎 月惑星探査の軌道計画 計測と制御 = Journal of the Society of Instrument and Control Engineers,39,9,559-563 2000/09/10 Refereed Japanese
K. Hoshi, H. Kojima, T. Muranaka, and H. Yamakawa Thrust Calculation of Electric Solar Wind Sail by Particle-in-cell Simulation Annales Geophysicae,34,845-855 2016/09 Refereed English
K. Yamaguchi and H. Yamakawa Near Earth Asteroid Deflection Mission Using Coulomb Force Attractor Transaction of JSASS, Aerospace Technology Japan,14,ists30 2016 Refereed English
K. Hoshi, H. Kojima, and H. Yamakawa Particle-in-cell Simulation of Potential Structure around Electric Solar Sail Wind Tethers Transaction of JSASS, Aerospace Technology Japan,14,ists-30 2016 Refereed English
Nagasaki, Yoh; Nakamura, Taketsune; Funaki, Ikkoh; Ashida, Yasumasa; Yamakawa, Hiroshi Numerical Investigation on Thermal Stability of Conduction-Cooled Bi-2223/Ag Coil Under AC Ripple Current for Space Applications IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY,24,3 2014/06 Refereed English
Y. Kajimura, I. Funaki, I. Shinohara, H. Usui, M. Matsumoto, and H. Yamakawa Numerical Simulation of Dipolar Magnetic Field Inflation due to Equatorial Ring-Current Plasma and Fusion Research, Vol.9, 24050008 2014/02/28 Refereed English
Y. Ashida; H. Yamakawa; I. Funaki; H. Usui; Y. Kajimura; H. Kojima Thrust evaluation of small-scale magnetic sail spacecraft by three-dimensional particle-in-cell simulation Journal of Propulsion and Power,30,1,186-196 2014/01 Refereed English
Y. Ashida; I. Funaki; H. Yamakawa; H. Usui; Y. Kajimura; H. Kojima Two-dimensional particle-in-cell simulation of magnetic sails Journal of Propulsion and Power,30,1,233-245 2014/01 Refereed English
S. Mitani; H. Yamakawa Satisficing nonlinear rendezvous approach under control magnitude and direction constraints Journal of Guidance, Control, and Dynamics,37,2,497-512 2014 Refereed English
Y. Nagasaki; T. Nakamura; I. Funaki; Y. Ashida; H. Yamakawa Coupled-analysis of current transport performance and thermal behaviour of conduction-cooled Bi-2223/Ag double-pancake coil for magnetic sail spacecraft Physica C: Superconductivity and its Applications,492,96-102 2013/09 Refereed English
Y. Nagasaki; T. Nakamura; I. Funaki; Y. Ashida; H. Yamakawa Conceptual design of YBCO coil with large magnetic moment for magnetic sail spacecraft IEEE Transactions on Applied Superconductivity,23,3 2013/06 Refereed English
Ueno, K.; Oshio, Y.; Funaki, I.; Yamakawa, H. EXPERIMENTAL SIMULATION OF MAGNETOPLASMA SAIL FOR THRUST MEASUREMENT FUSION SCIENCE AND TECHNOLOGY,63,1T,392-394 2013/05 Refereed English
FUNAKI I.;KAJIMURA Y.;ASHIDA Y.;NISHIDA H.;OSHIO Y.;SHINOHARA I.;YAMAKAWA H. THE USE OF DIPOLE PLASMA EQUILIBRIUM FOR MAGNETIC SAIL SPACECRAFT Fusion Sci Technol,63,1T,168-171 2013/05 Refereed English
S. Mitani; H. Yamakawa Continuous-thrust transfer with control magnitude and direction constraints using smoothing techniques Journal of Guidance, Control, and Dynamics,36,1,163-174 2013 Refereed English
Y. Nagasaki, T. Nakamura, I. Funaki, Y. Ashida, and H. Yamakawa Conceptual Design of YBCO Coil with Large Magnetic Moment for Space Application IEEE Transactions on Superconductivity, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, Vol. 23, Issue 3, Part 2, DOI: 10.1109/TASC.2013.2243791 2013 Refereed English
Mitani, S. and Yamakawa, H. Continuous-thrust Transfer under Constraints on Control Magnitude and Direction Using Smoothing Techniques AIAA Journal of Guidance, Control, and Dynamics, Vol.36, pp. 163-174 2013 Refereed English
H. Fukuhara; H. Kojima; H. Ishii; S. Okada; H. Yamakawa Tiny waveform receiver with a dedicated system chip for observing plasma waves in space Measurement Science and Technology,23,10 2012/10 Refereed English
Y. Ashida; I. Funaki; H. Yamakawa; Y. Kajimura; H. Kojima Thrust evaluation of a magnetic sail by flux-tube model Journal of Propulsion and Power,28,3,642-651 2012/05 Refereed English
Y. Kajimura; I. Funaki; M. Matsumoto; I. Shinohara; H. Usui; H. Yamakawa Thrust and attitude evaluation of magnetic sail by three-dimensional hybrid particle-in-cell code Journal of Propulsion and Power,28,3,652-663 2012/05 Refereed English
H. Yamakawa; S. Hachiyama; M. Bando Attitude dynamics of a pendulum-shaped charged satellite Acta Astronautica,70,77-84 2012/01 Refereed English
M. Bando and H. Yamakawa Optimal Trajectory Design for Asteroid Deflection Mission TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES, AEROSPACE TECHNOLOGY JAPAN,10,28,Td_7-Td_10 2012 Refereed English
K. Ueno, Y. Oshio, I. Funaki, H. Horisawa, and H. Yamakawa Thrust Measurement of Magnetic Sail for Various Tilt Angles TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES, AEROSPACE TECHNOLOGY JAPAN,10,28,Tb_13-Tb_16 2012 Refereed English
KAJIMURA Yoshihiro;著者名無し;MATSUMOTO Masaharu;SHINOHARA Iku;著者名無し;UENO Kazuma;OSHIO Yuya;Hiroshi YAMAKAWA and 3D Hybrid Simulation of Pure Magnetic Sail on Ion Inertial Scale in Laboratory TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES, AEROSPACE TECHNOLOGY JAPAN,10,28,Pb_51-Pb_57 2012 Refereed English
M. Bando; H. Yamakawa Near-Earth asteroid flyby survey mission using solar sailing technology Journal of the Astronautical Sciences,58,4,569-581 2011/10 Refereed English
Y. Kajimura; I. Funaki; H. Nishida; H. Usui; I. Sinohara; H. Yamakawa; H. Nakashima Quantitative evaluation of ion kinetic effect in magnetic field inflation by the injection of a plasma jet Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences,54,184,90-97 2011/08 Refereed English
S. Kawamura; M. Ando; N. Seto; S. Sato; T. Nakamura; K. Tsubono; N. Kanda; T. Tanaka; J. Yokoyama; I. Funaki; K. Numata; K. Ioka; T. Takashima; K. Agatsuma; T. Akutsu; K.-S. Aoyanagi; K. Arai; A. Araya; H. Asada; Y. Aso; D. Chen; T. Chiba; T. Ebisuzaki; Y. Ejiri; M. Enoki; Y. Eriguchi; M.-K. Fujimoto; R. Fujita; M. Fukushima; T. Futamase; T. Harada; T. Hashimoto; K. Hayama; W. Hikida; Y. Himemoto; H. Hirabayashi; T. Hiramatsu; F.-L. Hong; H. Horisawa; M. Hosokawa; K. Ichiki; T. Ikegami; K.T. Inoue; K. Ishidoshiro; H. Ishihara; T. Ishikawa; H. Ishizaki; H. Ito; Y. Itoh; K. Izumi; I. Kawano; N. Kawashima; F. Kawazoe; N. Kishimoto; K. Kiuchi; S. Kobayashi; K. Kohri; H. Koizumi; Y. Kojima; K. Kokeyama; W. Kokuyama; K. Kotake; Y. Kozai; H. Kunimori; H. Kuninaka; K. Kuroda; S. Kuroyanagi; K.-I. Maeda; H. Matsuhara; N. Matsumoto; Y. Michimura; O. Miyakawa; U. Miyamoto; S. Miyoki; M.Y. Morimoto; T. Morisawa; S. Moriwaki; S. Mukohyama; M. Musha; S. Nagano; I. Naito; K. Nakamura; H. Nakano; K. Nakao; S. Nakasuka; Y. Nakayama; K. Nakazawa; E. Nishida; K. Nishiyama; A. Nishizawa; Y. Niwa; T. Noumi; Y. Obuchi; M. Ohashi; N. Ohishi; M. Ohkawa; K. Okada; N. Okada; K. Oohara; N. Sago; M. Saijo; R. Saito; M. Sakagami; S.-I. Sakai; S. Sakata; M. Sasaki; T. Sato; M. Shibata; H. Shinkai; A. Shoda; K. Somiya; H. Sotani; N. Sugiyama; Y. Suwa; R. Suzuki; H. Tagoshi; F. Takahashi; K. Takahashi; K. Takahashi; R. Takahashi; R. Takahashi; T. Takahashi; H. Takahashi; T. Akiteru; T. Takano; N. Tanaka; K. Taniguchi; A. Taruya; H. Tashiro; Y. Torii; M. Toyoshima; S. Tsujikawa; Y. Tsunesada; A. Ueda; K.-I. Ueda; M. Utashima; Y. Wakabayashi; K. Yagi; H. Yamakawa; K. Yamamoto; T. Yamazaki; C.-M. Yoo; S. Yoshida; T. Yoshino; K.-X. Sun The Japanese space gravitational wave antenna: DECIGO Classical and Quantum Gravity,28,9 2011 Refereed English
S. Mitani; H. Yamakawa Novel nonlinear rendezvous guidance scheme under constraints on thrust direction Journal of Guidance, Control, and Dynamics,34,6,1656-1670 2011 Refereed English
H. Fukuhara; H. Kojima; Y. Kasahara; Y. Goto; H. Yamakawa Nanosatellite constellation for measuring the terrestrial plasmasphere structure 62nd International Astronautical Congress 2011, IAC 2011,5,3842-3848 2011 Refereed English
T. Kuwahara; K. Yoshida; Y. Sakamoto; Y. Takahashi; J. Kurihara; H. Yamakawa; A. Takada A Japanese microsatellite bus system for international scientific missions 62nd International Astronautical Congress 2011, IAC 2011,5,3699-3706 2011 Refereed English
Mitani, S. and Yamakawa, H. A Novel Nonlinear Rendezvous Guidance Scheme with Control Direction Constraints Journal of Guidance, Control, and Dynamics, Vol. 34, No. 6, pp. 1656-1671. 2011 Refereed English
M. Nakamiya; H. Yamakawa; D.J. Scheeres; M. Yoshikawa Interplanetary transfers between Halo orbits: Connectivity between escape and capture trajectories Journal of Guidance, Control, and Dynamics,33,3,803-813 2010/05 Refereed English
M. Bando; H. Yamakawa New lambert algorithm using the Hamilton-Jacobi-Bellman equation Journal of Guidance, Control, and Dynamics,33,3,1000-1008 2010/05 Refereed English
Y. Kajimura; H. Usui; I. Funaki; K. Ueno; M. Nunami; I. Shinohara; M. Nakamura; H. Yamakawa Hybrid particle-in-cell simulations of magnetic sail in laboratory experiment Journal of Propulsion and Power,26,1,159-166 2010/01 Refereed English
S. Mitani; H. Yamakawa A novel nonlinear rendezvous guidance scheme with control direction constraints Advances in the Astronautical Sciences,136,1181-1198 2010 Refereed English
M. Bando; H. Yamakawa Near-Earth asteroid survey mission concept using solar sailing technology Advances in the Astronautical Sciences,138,257-269 2010 Refereed English
Kajimura, Y., Ueno, K., Funaki, I., Usui, H., Nunami, M., Shinohara, I., Namakura, M., Yamakawa, H. 3D Hybrid Simulation of Pure Magnetic Sail Including Ion-Neutral Collision Effect in Laboratory TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES, AEROSPACE TECHNOLOGY JAPAN,8,27,Pb_19-Pb_25 2010 Refereed English
Bando. M. and Yamakawa, H. Orbital Design for Multiple Flyby Missions TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES, AEROSPACE TECHNOLOGY JAPAN,8,27,Pd_9-Pd_13 2010 Refereed English
M. Ando; S. Kawamura; N. Seto; S. Sato; T. Nakamura; K. Tsubono; T. Takashima; I. Funaki; K. Numata; N. Kanda; T. Tanaka; K. Ioka; K. Agatsuma; K.-S. Aoyanagi; K. Arai; A. Araya; H. Asada; Y. Aso; T. Chiba; T. Ebisuzaki; Y. Ejiri; M. Enoki; Y. Eriguchi; M.-K. Fujimoto; R. Fujita; M. Fukushima; T. Futamase; T. Harada; T. Hashimoto; K. Hayama; W. Hikida; Y. Himemoto; H. Hirabayashi; T. Hiramatsu; F.-L. Hong; H. Horisawa; M. Hosokawa; K. Ichiki; T. Ikegami; K.T. Inoue; K. Ishidoshiro; H. Ishihara; T. Ishikawa; H. Ishizaki; H. Ito; Y. Itoh; K. Izumi; I. Kawano; N. Kawashima; F. Kawazoe; N. Kishimoto; K. Kiuchi; S. Kobayashi; K. Kohri; H. Koizumi; Y. Kojima; K. Kokeyama; W. Kokuyama; K. Kotake; Y. Kozai; H. Kunimori; H. Kuninaka; K. Kuroda; K.-I. Maeda; H. Matsuhara; Y. Mino; O. Miyakawa; U. Miyamoto; S. Miyoki; M.Y. Morimoto; T. Morisawa; S. Moriwaki; S. Mukohyama; M. Musha; S. Nagano; I. Naito; K. Nakamura; M. Nakamura; H. Nakano; K. Nakao; S. Nakasuka; Y. Nakayama; K. Nakazawa; E. Nishida; K. Nishiyama; A. Nishizawa; Y. Niwa; T. Noumi; Y. Obuchi; M. Ohashi; N. Ohishi; M. Ohkawa; K. Okada; N. Okada; K. Oohara; N. Sago; M. Saijo; R. Saito; M. Sakagami; S.-I. Sakai; S. Sakata; M. Sasaki; T. Sato; M. Shibata; H. Shinkai; K. Somiya; H. Sotani; N. Sugiyama; Y. Suwa; R. Suzuki; H. Tagoshi; F. Takahashi; K. Takahashi; K. Takahashi; R. Takahashi; R. Takahashi; T. Takahashi; H. Takahashi; T. Akiteru; T. Takano; K. Taniguchi; A. Taruya; H. Tashiro; Y. Torii; M. Toyoshima; S. Tsujikawa; Y. Tsunesada; A. Ueda; K.-I. Ueda; M. Utashima; Y. Wakabayashi; K. Yagi; H. Yamakawa; K. Yamamoto; T. Yamazaki; J. Yokoyama; C.-M. Yoo; S. Yoshida; T. Yoshino; K.-X. Sun DECIGO and DECIGO pathfinder Classical and Quantum Gravity,27,8 2010 Refereed English
H. Kojima, H. Fukuhara, Y. Mizuochi, S. Yagitani, H. Ikeda, Y. Miyake, H. Usui, H. Iwai, Y. Takizawa, Y. Ueda and H. Yamakawa Miniaturization of Plasma Wave Receivers Onboard Scientific Satellites and Application to the Sensor Network System for Monitoring Electromagnetic Environments in Space Advances in Geosciences,Vol.21, pp. 461-481 2010 Refereed English
M. Bando; H. Yamakawa Application of global solution of Hamilton-Jacobi equations to optimal low-thrust multiple rendezvous problem 61st International Astronautical Congress 2010, IAC 2010,12,9611-9618 2010 Refereed English
Y. Mukai; I. Funaki; H. Yamakawa; T. Nakamura; H. Kojima Ground thrust measurement system for superconducting magnetic sail spacecraft 61st International Astronautical Congress 2010, IAC 2010,13,11049-11054 2010 Refereed English
USUI Hideyuki;USUI Hideyuki;KAJIMURA Yoshihiro;KAJIMURA Yoshihiro;NUNAMI Masanori;NUNAMI Masanori;FUNAKI Ikkoh;FUNAKI Ikkoh;SHINOHARA Iku;SHINOHARA Iku;YAMAKAWA Hiroshi;YAMAKAWA Hiroshi;NAKAMURA Masao;NAKAMURA Masao;AKITA Daisuke;AKITA Daisuke;UEDA Hiroko O.;UEDA Hiroko O. Multi-Scale Plasma Particle Simulation for the Development of Interplanetary Flight System J Plasma Fusion Res Ser (Web),8,WEB ONLY 1569-1573 2009/09/30 Refereed English
FUNAKI Ikkoh;FUNAKI Ikkoh;YAMAKAWA Hiroshi;YAMAKAWA Hiroshi Research Status of Sail Propulsion Using the Solar Wind J Plasma Fusion Res Ser (Web),8,WEB ONLY 1580-1584 2009/09/30 Refereed English
UENO Kazuma;AYABE Tomohiro;FUNAKI Ikkoh;HORISAWA Hideyuki;YAMAKAWA Hiroshi Imaging of Plasma Flow around Magnetoplasma Sail in Laboratory Experiment J Plasma Fusion Res Ser (Web),8,WEB ONLY 1585-1589 2009/09/30 Refereed English
M. Ando; S. Kawamura; S. Sato; T. Nakamura; K. Tsubono; A. Araya; I. Funaki; K. Ioka; N. Kanda; S. Moriwaki; M. Musha; K. Nakazawa; K. Numata; S.-I. Sakai; N. Seto; T. Takashima; T. Tanaka; K. Agatsuma; K.-S. Aoyanagi; K. Arai; H. Asada; Y. Aso; T. Chiba; T. Ebisuzaki; Y. Ejiri; M. Enoki; Y. Eriguchi; M.-K. Fujimoto; R. Fujita; M. Fukushima; T. Futamase; K. Ganzu; T. Harada; T. Hashimoto; K. Hayama; W. Hikida; Y. Himemoto; H. Hirabayashi; T. Hiramatsu; F.-L. Hong; H. Horisawa; M. Hosokawa; K. Ichiki; T. Ikegami; K.T. Inoue; K. Ishidoshiro; H. Ishihara; T. Ishikawa; H. Ishizaki; H. Ito; Y. Itoh; N. Kawashima; F. Kawazoe; N. Kishimoto; K. Kiuchi; S. Kobayashi; K. Kohri; H. Koizumi; Y. Kojima; K. Kokeyama; W. Kokuyama; K. Kotake; Y. Kozai; H. Kudoh; H. Kunimori; H. Kuninaka; K. Kuroda; K.-I. Maeda; H. Matsuhara; Y. Mino; O. Miyakawa; S. Miyoki; M.Y. Morimoto; T. Morioka; T. Morisawa; S. Mukohyama; S. Nagano; I. Naito; K. Nakamura; H. Nakano; K. Nakao; S. Nakasuka; Y. Nakayama; E. Nishida; K. Nishiyama; A. Nishizawa; Y. Niwa; T. Noumi; Y. Obuchi; M. Ohashi; N. Ohishi; M. Ohkawa; N. Okada; K. Onozato; K. Oohara; N. Sago; M. Saijo; M. Sakagami; S. Sakata; M. Sasaki; T. Sato; M. Shibata; H. Shinkai; K. Somiya; H. Sotani; N. Sugiyama; Y. Suwa; R. Suzuki; H. Tagoshi; F. Takahashi; K. Takahashi; K. Takahashi; R. Takahashi; R. Takahashi; T. Takahashi; H. Takahashi; T. Akiteru; T. Takano; K. Taniguchi; A. Taruya; H. Tashiro; Y. Torii; M. Toyoshima; S. Tsujikawa; Y. Tsunesada; A. Ueda; K.-I. Ueda; M. Utashima; Y. Wakabayashi; H. Yamakawa; K. Yamamoto; T. Yamazaki; J. Yokoyama; C.-M. Yoo; S. Yoshida; T. Yoshino DECIGO pathfinder Classical and Quantum Gravity,26,9 2009/05/07 Refereed English
K. Ueno; I. Funaki; T. Kimura; H. Horisawa; H. Yamakawa Thrust measurement of a pure magnetic sail using the parallelogram-pendulum method Journal of Propulsion and Power,25,2,536-539 2009/03 Refereed English
H. Fukuhara; H. Kojima; Y. Ueda; Y. Omura; Y. Katoh; H. Yamakawa A new instrument for the study of wave-particle interactions in space: One-chip Wave-Particle Interaction Analyzer Earth, Planets and Space,61,6,765-778 2009 Refereed English
M. Bando; H. Yamakawa A new optimal orbit control for two-point boundary-value problem using generating functions Advances in the Astronautical Sciences,134,245-260 2009 Refereed English
K. Ueno, T. Kimura, T. Ayabe, I. Funaki, H. Yamakawa, and H. Horisawa Thrust Measurement of Pure Magnetic Sail TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES, SPACE TECHNOLOGY JAPAN,7,26,Pb_65-Pb_69 2009 Refereed English
Y. Kajimura, H. Usui, I. Funaki, I. Shinohara and H. Yamakawa Numerical Study of an Inflation of a Dipolar Magnetic Field by Plasma Jet Injection in Magneto Plasma Sail Advances in Applied Plasma Science,Vol.7, pp. 103-106 2009 Refereed English
Ueno K., Ayabe T., Funaki I., Horisawa H., Yamakawa H. Imaging of Plasma Flow around Magnetoplasama Sail in Laboratory Experiment Journal of Plasma and Fusion Research Series, 8 : 1585-1589 2009 Refereed English
T. Yamaguch; N. Kogiso; H. Yamakawa Optimal interplanetary trajectories for impulsive deflection of potentially hazardous asteroids under velocity increment uncertainties Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences,51,173,176-183 2008/11 Refereed English
H. Yamakawa; H. Ogawa; Y. Sone; H. Hayakawa; Y. Kasaba; T. Takashima; T. Mukai; T. Tanaka; M. Adachi BepiColombo Mercury magnetospheric orbiter design Acta Astronautica,62,12,699-705 2008/06 Refereed English
T. Oyama; H. Yamakawa; Y. Omura Orbital dynamics of solar sails for geomagnetic tail exploration Journal of Spacecraft and Rockets,45,2,316-323 2008/03 Refereed English
H. Yamakawa; I. Funaki Radially accelerated periodic orbits in the Clohessy-Wiltshire frame Journal of the Astronautical Sciences,56,1,1-16 2008/01 Refereed English
M. Nakamiya; D.J. Scheeres; H. Yamakawa; M. Yoshikawa Analysis of capture trajectories to the periodic orbits in the vicinity of libration points Advances in the Astronautical Sciences,129 PART 2,1141-1152 2008 Refereed English
M. Nakamiya; D.J. Scheeres; H. Yamakawa; M. Yoshikawa Three-dimensional analysis of capture trajectories to the periodic orbits of L1 and L2 points Advances in the Astronautical Sciences,130 PART 2,1953-1967 2008 Refereed English
M. Nakamiya; D.J. Scheeres; H. Yamakawa; M. Yoshikawa Analysis of capture trajectories into periodic orbits about libration points Journal of Guidance, Control, and Dynamics,31,5,1344-1351 2008 Refereed English
D. Sasaki; D. Funaki; H. Yamakawa; H. Usui; H. Kojima Thrust production mechanism of magnetic sail spacecraft with superconducting coils International Astronautical Federation - 59th International Astronautical Congress 2008, IAC 2008,10,6664-6670 2008 Refereed English
M. Nakamiya; D. Scheeres; H. Yamakawa; M. Yoshikawa A study of Earth-Mars interplanetary transfer using spaceports at the halo orbits of Sun - Earth and Sun - Mars system International Astronautical Federation - 59th International Astronautical Congress 2008, IAC 2008,4,2147-2155 2008 Refereed English
Nakamiya, M., Scheeres, D., Yamakawa, H., M, Yoshikawa Analysis of Capture Trajectories to Libration Points Journal of Guidance, Control, and Dynamics,Vol. 31, No. 5, pp. 1344-1351 2008 Refereed English
M.Y. Morimoto; H. Yamakawa; K. Uesugi Artificial equilibrium points in the low-thrust restricted three-body problem Journal of Guidance, Control, and Dynamics,30,5,1563-1568 2007/09 Refereed English
I. Funaki; K. Ueno; H. Yamakawa; Y. Nakayama; T. Kimura; H. Horisawa Interaction between plasma flow and magnetic field in scale model experiment of magnetic sail Fusion Science and Technology,51,2T,226-228 2007/02 Refereed English
I. Funaki; H. Kojima; H. Yamakawa; Y. Nakayama; Y. Shimizu Laboratory experiment of plasma flow around magnetic sail Astrophysics and Space Science,307,1-3,63-68 2007/01 Refereed English
H. Yamakawa; I. Funaki Orbital dynamics of laser-propelled space vehicles in low-earth orbit Advances in the Astronautical Sciences,127 PART 1,607-620 2007 Refereed English
H. Yamakawa; H. Kojima; Y. Ueda Novel space environment monitor, instrument, and space propulsion systems Sustainable Humanosphere,3,14- 2007 Refereed English
Nakamiya M., D. Scheeres, H. Yamakawa, M. Yoshikawa Analysis of Capture Trajectories to Libration Points 17th AAS/AIAA Space Flight Mechanics Meeting, 2007/1/28-2/1, Sedona, Arizona 2007 Refereed English
Funaki I., Yamakawa H., Ueno K, Kimura T., Ayabe T., Horisawa H. Scale-model Experiment of Magnetoplasma Sail for Future Deep Space Missions, Fifth International Symposium on Beamed Energy Propulsion 2007/11/12-15, Kona, Hawaii, US, 553-560 2007 Refereed English
H. Yamakawa; I. Funaki; Y. Nakayama; K. Fujita; H. Ogawa; S. Nonaka; H. Kuninaka; S. Sawai; H. Nishida; R. Asahi; H. Otsu; H. Nakashima Magneto-plasma sail: An engineering satellite concept and its application for outer planet missions Acta Astronautica,59,8-11,777-784 2006/10 Refereed English
M. Morimoto; H. Yamakawa; K. Uesugi Periodic orbits with low-thrust propulsion in the restricted three-body problem Journal of Guidance, Control, and Dynamics,29,5,1131-1139 2006/09 Refereed English
H. Yamakawa Dynamics of radially accelerated trajectories Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences,49,164,77-80 2006/08 Refereed English
H. Nishida; H. Ogawa; I. Funaki; K. Fujita; H. Yamakawa; Y. Nakayama Two-dimensional magnetohydrodynamic simulation of a magnetic sail Journal of Spacecraft and Rockets,43,3,667-672 2006/05 Refereed English
H. Yamakawa Low-thrust formation flight for astronomy satellites Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences,48,162,235-237 2006/02 Refereed English
H. Yamakawa Optimal radially accelerated interplanetary trajectories Journal of Spacecraft and Rockets,43,1,116-120 2006/01 Refereed English
H. Yamakawa Orbital dynamics of sun-facing solar sails under the constraint of constant sail temperature Journal of the Astronautical Sciences,54,1,17-27 2006/01 Refereed English
T. Mukai; H. Yamakawa; H. Hayakawa; Y. Kasaba; H. Ogawa Present status of the BepiColombo/Mercury magnetospheric orbiter Advances in Space Research,38,4,578-582 2006 Refereed English
H. Yamakawa Orbital dynamics of temperature constrained solar sails Advances in the Astronautical Sciences,123 II,1735-1744 2006 Refereed English
I. Funaki, H. Kojima, Y. Shimizu, Y. Nakayama, K. Toki, H. Yamakawa, S. Shinohara Design and Initial Operation of an Experimental Simulator of Magnetic Sail JAXA RR (Research and Development Report) -05-014, Edited by I. Funaki and H. Yamakawa 2006 Refereed English
H. Yamakawa Orbital Dynamics of Magnetoplasma Sail JAXA RR (Research and Development Report)-05-014, Edited by I. Funaki and H. Yamakawa 2006 Refereed English
M. Yoshikawa; J. Kawaguchi; H. Yamakawa; T. Kato; T. Ichikawa; T. Ohnishi; S. Ishibashi Summary of the orbit determination of NOZOMI spacecraft for all the mission period Acta Astronautica,57,2-8,510-519 2005/07 Refereed English
H. Yamakawa Guidance strategy for radially accelerated trajectories Journal of Spacecraft and Rockets,42,4,677-683 2005/07 Refereed English
H. Yamakawa Low-thrust formation flight for astronomy satellite Advances in the Astronautical Sciences,119,SUPPL.,3171-3182 2005 Refereed English
Y. Inatani; Y. Naruo; N. Ishii; H. Ogawa; S. Nonaka; S. Tokudome; H. Yamakawa Flight testing of a reusable rocket vehicle Space Technology,25,3-4,219-228 2005 Refereed English
T. Minami, I. Funaki, H. Yamakawa, Y. Nakayama Experimental Study of Magnetic Sails ISAS Research Note, Vol. 790 2005 Refereed English
R. Asahi, I. Funaki, H. Yamakawa, K. Fujita MHD Analysis and Performance Evaluation of a Magneto Plasma Sail ISAS Research Note, Vol. 789 2005 Refereed English
M. Yoshikawa; T. Kato; T. Ichikawa; H. Yamakawa; J. Kawaguchi; T. Ohnishi; S. Ishibashi Orbit determination of HAYABUSA from the launch to the asteroid arrival International Astronautical Federation - 56th International Astronautical Congress 2005,5,3139-3148 2005 Refereed English
M. Morimoto, H. Yamakawa and K. Uesugi TRAJECTORY ANALYSIS OF MAGNETO-PLASMA SAIL COMPARING WITH OTHER LOW THRUST PROPULTION SYSTEMS The Journal of space technology and science : a publication of Japanese Rocket Society,20,2,54-63 2004/09 Refereed English
H. Yamakawa; H. Ogawa; Y. Kasaba; H. Hayakawa; T. Mukai; M. Adachi Current status of the BepiColombo/MMO spacecraft design Advances in Space Research,33,12,2133-2141 2004 Refereed English
H. Hayakawa; Y. Kasaba; H. Yamakawa; H. Ogawa; T. Mukai The BepiColombo/MMO model payload and operation plan Advances in Space Research,33,12,2142-2146 2004 Refereed English
N. Ishii; H. Yamakawa; S. Sawai; M. Shida; T. Hashimoto; M. Nakamura; T. Imamura; T. Abe; K. Oyama; I. Nakatani Current status of the PLANET-C Venus orbiter design Advances in Space Research,34,8,1668-1672 2004 Refereed English
M. Morimoto; H. Yamakawa; M. Yoshikawa; M. Abe; H. Yano Trajectory design of multiple asteroid sample return missions Advances in Space Research,34,11,2281-2285 2004 Refereed English
Y. Inatani; Y. Naruo; N. Ishii; H. Ogawa; S. Nonaka; H. Yamakawa Recent progress in reusable rocket vehicle testing campaign International Astronautical Federation - 55th International Astronautical Congress 2004,13,8502-8508 2004 Refereed English
M. Morimoto; H. Yamakawa; C. Uesugi Cycler orbits utilizing low thrust propulsion systems International Astronautical Federation - 55th International Astronautical Congress 2004,1,183-189 2004 Refereed English
H. Yamakawa; Y. Kawakatsu; M. Morimoto; M. Abe; H. Yano Low-thrust trajectory design for a low-cost multiple asteroid rendezvous and sample return mission International Astronautical Federation - 55th International Astronautical Congress 2004,10,6597-6604 2004 Refereed English
M.Yoshikawa, T. Ichikawa, T. Kato, H. Yamakawa, J. Kawaguchi, T. Ohnishi, and S. Ishibashi Orbit Determination of NOZOMI The Journal of space technology and science : a publication of Japanese Rocket Society,19,2,9-18 2003/09 Refereed English
H. Ogawa; H. Yamakawa; K. Goto Thermal protection system for bepicolombo/mercury magnetospheric orbiter European Space Agency, (Special Publication) ESA SP,521,109-115 2003 Refereed English
H. Yamakawa; I. Funaki; Y. Nakayama; K. Fujita; H. Ogawa; S. Nonaka; H. Kuninaka; S. Sawai; H. Nishida; R. Asahi; H. Otsu; H. Nakashima Magneto plasma sail: An engineering satellite concept and its application for outer planet missions European Space Agency, (Special Publication) ESA SP,542,359-366 2003 Refereed English
M. Yoshikawa; J. Kawaguchi; H. Yamakawa; T. Kato; T. Ichikawa; T. Ohnishi; S. Ishibashi Orbit of mars explorer NOZOMI and its determination by Delta-VLBI technique Advances in the Astronautical Sciences,114,SUPPL.,2197-2214 2003 Refereed English
Yoshikawa, M., Kato, T., Ichikawa, T., Yamakawa, H., Kawaguchi, J., Murata, Y., Ohnishi, T., Ishibashi, S., Tsujimoto, S., Kurosu, K., and NOZOMI Delta-VLBI Group Orbit Determination of Spacecraft in Deep Space by Delta-VLBI Technique: Current Situation and Future Technology Development Center News, CRL, No. 23, pp. 39-42 2003 Refereed English
H. Yamakawa A Guidance Strategy for the Radially Accelerated Trajectory Advances in the Astronautical Sciences, Vol. 116, Part I, pp. 297-316 2003 Refereed English
H. Yamakawa; H. Ogawa; Y. Kasaba; H. Hayakawa; T. Mukai; M. Adachi ISAS feasibility study on the BepiColombo/MMO spacecraft design Acta Astronautica,51,1-9,397-404 2002/07 Refereed English
H. Yamakawa; M. Kimura Orbit synthesis of the ISAS Venus climate orbiter mission Advances in the Astronautical Sciences,109 III,2225-2237 2002 Refereed English
T. Ohnishi; S. Ishibashi; M. Yoshikawa; T. Kato; T. Ichikawa; H. Yamakawa; J. Kawaguchi Orbit determination for Nozomi Advances in the Astronautical Sciences,108 I,55-65 2001 Refereed English
H. Yamakawa; H. Saito; J. Kawaguchi; Y. Kobayashi; H. Hayakawa; T. Mukai Preliminary ISAS mercury orbiter mission design Acta Astronautica,45,4-9,187-195 1999/08 Refereed English
H. Yamakawa ISAS Mercury Orbiter Mission Trajectory Design Strategy Journal of the Brazilian Society of Mechanical Sciences,Vol. 21, pp. 270-279 1999 Refereed English
H.-H. Zhang; H. Matsuo; Y. Morita; H. Yamakawa Stabilization of a deployable flexible structure Acta Astronautica,43,7-8,369-376 1998/10 Refereed English
H. Yamakawa SOLAR ELECTRIC PROPULSION MERCURY ORBITER MISSION DESIGN The Journal of space technology and science : a publication of Japanese Rocket Society,14,1,1-10 1998/03 Refereed English
H. Yamakawa; J. Kawaguchi; K. Uesugi; H. Matsuo Frequent access to Mercury in the early 21st century: Multiple Mercury flyby mission via electric propulsion Acta Astronautica,39,1-4,133-142 1996/07 Refereed English
J. Kawaguchi; Y. Morita; T. Hashimoto; T. Kubota; H. Yamakawa; H. Saito Nereus sample return mission Space Technology,15,5,277-284 1995/09 Refereed English
J. Kawaguchi, H. Yamakawa, T. Uesugi, H. Matsuo On Making Use of Lunar and Solar Gravity Assists in LUNAR-A, PLANET-B Missions Acta Astronautica,Vol. 35, No. 9-11, pp. 633-642 1995 Refereed English
H. Yamakawa Report on the M-3SII-8/EXPRESS Flight SES-TD-95-013, Institute of Space and Astronautical Science, pp. 19-25 1995 Refereed English
H. Yamakawa. PLANET-B Interim Report SES-TD-94-022, Institute of Space and Astronautical Science, pp. 10-1~10-15 1995 Refereed English
H. Yamakawa and K. Tanaka GORD (GEOTAIL Orbit Document) ISAS-GOOD (Institute of Space and Astronautical Science Group Of Orbit Design), Chapters 1-8, Reviewed by J. Kawaguchi and K. Uesugi, Approved by A. Nishida 1995 Refereed English
Jun'ichiro Kawaguchi; Masafumi Kimura; Hiroshi Yamakawa; Tono Uesugi; Hiroki Matsuo; Robert W. Farquhar PLANET-B''s lunar gravity assist trajectory to Mars Advances in the Astronautical Sciences,85,pt 2,1651-1664 1993 Refereed English
Hiroshi Yamakawa; Jun'ichiro Kawaguchi; NObuaki Ishii; Hiroki Matsuo On earth-moon transfer trajectory with gravitational capture Advances in the Astronautical Sciences,85,pt 1,397-416 1993 Refereed English
Hiroshi Yamakawa; Jun'ichiro Kawaguchi; Nobuaki Ishii; Hiroki Matsuo Numerical study of gravitational capture orbit in the earth-moon system Advances in the Astronautical Sciences,79,pt 2,1113-1132 1992 Refereed English
H. Yamakawa GEOTAIL Prelaunch Report SES-TD-92-007SY, Institute of Space and Astronautical Science, pp. 631-653 1992 Refereed English
Takahiro Zushi, Hirotsugu Kojima, and Hiroshi Yamakawa One-chip Analog Circuits for a New Type of Plasma Wave Receiver Onboard Space Missions Geoscientific Instrumentation, Methods and Data Systems (Accepted) Refereed English

  • <<
  • >>
Published Papers > International Society
(文系研究者の一般的な論文集への寄稿や単行本の分担執筆などは「著書等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
Fabien Gachet and Ioannis Gkolias, Hiroshi Yamakawa Recent Developments in Asteroid and Space Debris Mitigation Techniques Progress in Aastronautics and Aeronautics, AIAA,415-442 2016 English
Conference Presentation > Conference Presentation
(文系研究者の一般的な学会報告の業績は「講演等」を参照してください)
Authors Title Bibliography Date Peer-Review Language
松本紘, 山川宏 京の宇宙学 第3 章: 宇宙望遠鏡の打ち上げ方・飛ばし方, ナノオプト・メデイア, 近代 科学社, 87-118, 2009 2009 Refereed Japanese
山川 宏 高速惑星間航行を実現する世界初の磁気セイルを目指して 京の宇宙学~千年の伝統と京都大学が拓く探査の未来~,京都大学総合博物館, 京都 2008 Refereed Japanese
山川宏,船木一幸 軌道上レーザー推進システムの軌道ダイナミクス 航空原動機宇宙推進講演会, 2007/3/1-2, 姫路, 2007 2007 Refereed Japanese
船木一幸,山川宏 無衝突衝撃波を用いた宇宙機推進( 磁気プラズマセイル) のスケールモデル実験 平成18年度衝撃波シンポジウム, Mar-07, 北九州, 2007 2007 Refereed Japanese
上野一磨,木村俊之,船木一幸,堀澤秀之,山川宏 MPS地上シミュレータの構築 平成18年度宇宙プラズマ研究会, 2007/3/22-23, 相模原, 2007 2007 Refereed Japanese
船木一幸,山川宏 磁気プラズマセイル(MPS) 研究会 マグセイル・ワーキンググループについて,平成18 年度宇宙プラズマ研究会2007/3/22-23相模原2007 2007 Refereed Japanese
木村俊之,船木一幸,山川宏,堀澤秀之 磁気プラズマセイルのインフレーション初期実験 平成18年度宇宙輸送シンポジウム, Jan-07,相模原, 2007 2007 Refereed Japanese
上野一磨,木村俊之,船木一幸,堀澤秀之,山川宏 磁気セイル周りのプラズマ診断 平成18年度宇宙輸送シンポジウム, Jan-07 相模原、2007 2007 Refereed Japanese
橋本樹明,斎藤芳隆,澤井秀次郎,坂井真一郎,坂東信尚,小林弘明,藤田和央,稲富裕光, 吉光徹雄,石川毅彦,山川宏 高高度気球を用いた落下式微小重力実験装置の開発状況 大気球シンポジウム, 2007/1/16,相模原, 2007 2007 Refereed Japanese
早川基,小川博之,笠羽康正,曽根理嗣,高島健,松岡彩子,向井利典,山川宏 BepiColombo Projectの開発状況:2006FY 宇宙科学シンポジウム, 2006/12/21-22、相模原, 2006 2006 Refereed Japanese
川村静児,安東正樹,山川宏,ほか スペース重力波DECIGO 宇宙科学シンポジウム,2006/12/21-22,相模原, 2006 2006 Refereed Japanese
船木一幸,山川宏,磁気プラズマセイル研究会 磁気セイル実証小型衛星の検討 宇宙科学シンポジウム2006/12/21-22, 相模原2006 2006 Refereed Japanese
阿部和弘,湯本隆宏,安達英夫,稲垣直寛,山川宏,峯杉賢治 MMO(水星探査機用)スピン分 離機構の開発 第50 回宇宙科学技術連合講演会,2006/11/8-10,北九州, 2006 2006 Refereed Japanese
鎌田幸男,川原康介,坂井智彦,水野貴秀,峯杉賢治,小川博之,佐藤英一,山川宏,早川基, 笠羽康正,向井利典,中野久松,石丸元,尼野理,安達正樹, BepiColombo Mercury Magnetospheric Orbiter(MMO)搭載通信用アンテナの開発,宇宙科学シンポジウム, 2006/12/21-22,相模原, 2006, 2006 Refereed Japanese
J. Nakagawa; Q. An; Y. Ishikawa; H. Oka; K. Takakusaki; H. Yamakawa; A. Yamashita; H. Asama Analysis of joint correlation between arm and lower body in dart throwing motion Proceedings - 2013 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, SMC 2013,1223-1228 2013 Refereed English
T. Tsuji; H. Yamakawa; A. Yamashita; K. Takakusaki; T. Maeda; M. Kato; H. Oka; H. Asama Analysis of electromyography and skin conductance response during rubber hand illusion Proceedings of IEEE Workshop on Advanced Robotics and its Social Impacts, ARSO,88-93 2013 Refereed English
I. Funaki; Y. Kajimura; H. Nishida; H. Arita; Y. Ashida; H. Yamakawa; Y. Oshio; K. Ueno; H. Yamamura; Y. Yamagiwa Magnetoplasma sail with equatorial ring-current 49th AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference 2013 Refereed English
I. Funaki; Y. Kajimura; H. Nishida; Y. Ashida; H. Yamakawa; I. Shinohara; Y. Yamagiwa Progress in magnetohydrodynamic and particle simulations of magnetoplasma sail 48th AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference and Exhibit 2012 2012 Refereed English
Y. Ashida; I. Funaki; H. Yamakawa; Y. Kajimura Two- And three-dimensional particle-in-cell simulation of magneto plasma sail Proceedings of the International Astronautical Congress, IAC,10,7979-7985 2012 Refereed English
H. Fukuhara; H. Kojima; S. Okada; H. Ikeda; H. Yamakawa Toward a waveform receiver on a chip dedicated to plasma wave instrument onboard scientific spacecraft IEEE Aerospace Conference Proceedings 2011 Refereed English
M. Bando; K. Osuka; T. Fujii; H. Yamakawa Orbital maintenance for observation mission of peanut-shaped asteroid Proceedings of the SICE Annual Conference,1813-1816 2011 Refereed English
H. Yamakawa; M. Bando; K. Yano; S. Tsujii Spacecraft relative dynamics under the influence of geomagnetic lorentz force AIAA/AAS Astrodynamics Specialist Conference 2010 2010 Refereed English
M. Bando; H. Yamakawa Low-thrust trajectory optimization using second-order generating functions Proceedings of the SICE Annual Conference,804-810 2010 Refereed English
I. Funaki; H. Yamakawa; Y. Kajimura; K. Ueno; Y. Oshio; H. Nishida; H. Usui; M. Matsumoto; I. Shinohara Experimental and numerical investigations on the thrust production process of Magnetoplasma sail 46th AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference and Exhibit 2010 Refereed English
S. Sato; S. Kawamura; M. Ando; T. Nakamura; K. Tsubono; A. Araya; I. Funaki; K. Ioka; N. Kanda; S. Moriwaki; M. Musha; K. Nakazawa; K. Numata; S.-I. Sakai; N. Seto; T. Takashima; T. Tanaka; K. Agatsuma; K.-S. Aoyanagi; K. Arai; H. Asada; Y. Aso; T. Chiba; T. Ebisuzaki; Y. Ejiri; M. Enoki; Y. Eriguchi; M.-K. Fujimoto; R. Fujita; M. Fukushima; T. Futamase; K. Ganzu; T. Harada; T. Hashimoto; K. Hayama; W. Hikida; Y. Himemoto; H. Hirabayashi; T. Hiramatsu; F.-L. Hong; H. Horisawa; M. Hosokawa; K. Ichiki; T. Ikegami; K. TInoue; K. Ishidoshiro; H. Ishihara; T. Ishikawa; H. Ishizaki; H. Ito; Y. Itoh; N. Kawashima; F. Kawazoe; K. Naoko; K. Kiuchi; S. Kobayashi; K. Kohri; H. Koizumi; Y. Kojima; K. Kokeyama; W. Kokuyama; K. Kotake; Y. Kozai; H. Kudoh; H. Kunimori; H. Kuninaka; K. Kuroda; K.-I. Maeda; H. Matsuhara; Y. Mino; O. Miyakawa; S. Miyoki; M. YMorimoto; T. Morioka; T. Morisawa; S. Mukohyama; S. Nagano; I. Naito; K. Nakamura; H. Nakano; K. Nakao; S. Nakasuka; Y. Nakayama; E. Nishida; K. Nishiyama; A. Nishizawa; Y. Niwa; T. Noumi; Y. Obuchi; M. Ohashi; N. Ohishi; M. Ohkawa; N. Okada; K. Onozato; K. Oohara; N. Sago; M. Saijo; M. Sakagami; S. Sakata; M. Sasaki; T. Sato; M. Shibata; H. Shinkai; K. Somiya; H. Sotani; N. Sugiyama; Y. Suwa; R. Suzuki; H. Tagoshi; F. Takahashi; K. Takahashi; K. Takahashi; R. Takahashi; R. Takahashi; T. Takahashi; H. Takahashi; T. Akiteru; T. Takano; K. Taniguchi; A. Taruya; H. Tashiro; Y. Torii; M. Toyoshima; S. Tsujikawa; Y. Tsunesada; A. Ueda; K.-I. Ueda; M. Utashima; Y. Wakabayashi; H. Yamakawa; K. Yamamoto; T. Yamazaki; J. Yokoyama; C.-M. Yoo; S. Yoshida; T. Yoshino DECIGO: The Japanese space gravitational wave antenna Journal of Physics: Conference Series,154 2009 Refereed English
Y. Minami; I. Funaki; H. Yamakawa; T. Nakamura; H. Nishida; D. Sasaki; H. Yonekura; H. Kojima; Y. Ueda Thrust characteristics of magnetic sail spacecraft using superconducting coils AIP Conference Proceedings,1084,721-727 2009 Refereed English
I. Funaki; K. Ueno; Y. Oshio; T. Ayabe; H. Horisawa; H. Yamakawa Laboratory facility for simulating solar wind sails AIP Conference Proceedings,1084,754-759 2009 Refereed English
D. Sasaki; I. Funaki; H. Yamakawa; H. Usui; H. Kojima Numerical analysis of magnetic sail spacecraft AIP Conference Proceedings,1084,784-789 2009 Refereed English
M.Y. Morimoto; H. Yamakawa Periodic orbits with constant control acceleration in the restricted three body problem Proceedings of the SICE Annual Conference,2607-2611 2008 Refereed English
S. Kawamura; M. Ando; T. Nakamura; K. Tsubono; T. Tanaka; I. Funaki; N. Seto; K. Numata; S. Sato; K. Ioka; N. Kanda; T. Takashima; K. Agatsuma; T. Akutsu; T. Akutsu; K.-S. Aoyanagi; K. Arai; Y. Arase; A. Araya; H. Asada; Y. Aso; T. Chiba; T. Ebisuzaki; M. Enoki; Y. Eriguchi; M.-K. Fujimoto; R. Fujita; M. Fukushima; T. Futamase; K. Ganzu; T. Harada; T. Hashimoto; K. Hayama; W. Hikida; Y. Himemoto; H. Hirabayashi; T. Hiramatsu; F.-L. Hong; H. Horisawa; M. Hosokawa; K. Ichiki; T. Ikegami; K.T. Inoue; K. Ishidoshiro; H. Ishihara; T. Ishikawa; H. Ishizaki; H. Ito; Y. Itoh; S. Kamagasako; N. Kawashima; F. Kawazoe; H. Kirihara; N. Kishimoto; K. Kiuchi; S. Kobayashi; K. Kohri; H. Koizumi; Y. Kojima; K. Kokeyama; W. Kokuyama; K. Kotake; Y. Kozai; H. Kudoh; H. Kunimori; H. Kuninaka; K. Kuroda; K.-I. Maeda; H. Matsuhara; Y. Mino; O. Miyakawa; S. Miyoki; Y. Morimoto; T. Morioka; T. Morisawa; S. Moriwaki; S. Mukohyama; M. Musha; S. Nagano; I. Naito; N. Nakagawa; K. Nakamura; H. Nakano; K. Nakao; S. Nakasuka; Y. Nakayama; E. Nishida; K. Nishiyama; A. Nishizawa; Y. Niwa; M. Ohashi; N. Ohishi; M. Ohkawa; A. Okutomi; K. Onozato; K. Oohara; N. Sago; M. Saijo; M. Sakagami; S.-I. Sakai; S. Sakata; M. Sasaki; T. Sato; M. Shibata; H. Shinkai; K. Somiya; H. Sotani; N. Sugiyama; Y. Suwa; H. Tagoshi; K. Takahashi; K. Takahashi; T. Takahashi; H. Takahashi; R. Takahashi; R. Takahashi; A. Takamori; T. Takano; K. Taniguchi; A. Taruya; H. Tashiro; M. Tokuda; M. Tokunari; M. Toyoshima; S. Tsujikawa; Y. Tsunesada; K.-I. Ueda; M. Utashima; H. Yamakawa; K. Yamamoto; T. Yamazaki; J. Yokoyama; C.-M. Yoo; S. Yoshida; T. Yoshino The Japanese space gravitational wave antenna - DECIGO Journal of Physics: Conference Series,122 2008 Refereed English
K. Ueno; I. Funaki; T. Kimura; T. Ayabe; H. Yamakawa; H. Horisawa Laboratory simulation of magnetoplasma sail 44th AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference and Exhibit 2008 Refereed English
M. Nakamiya; D.J. Scheeres; H. Yamakawa; M. Yoshikawa Preliminary analysis of space transportation systems with spaceports around libration points AIAA Guidance, Navigation and Control Conference and Exhibit 2008 Refereed English
U. Yamamoto; H. Yamakawa Two-craft Coulomb-force formation dynamics and stability analysis with Debye length characteristics AIAA/AAS Astrodynamics Specialist Conference and Exhibit 2008 Refereed English
Sasaki D., Funaki I., Yamakawa H., Usui H., Kojima H. Numerical Simulation of Magnetic Sail Spacecraft with Superconducting Coils 26th International Symposium on Rarefied Gas Dynamics, 2008/7/21-25, Kyoto, 784-789 2008 Refereed English
H. Nishida, H. Ogawa, I. Funaki, H. Yamakawa, and Y. Inatani MHD Study on Pure Magnetic Sail 宇宙航空研究開発機構・情報・計算工学センター・衛星環境プラズマ数値シミュレーションワークショップ報告書, 宇宙航空研究開発機構特別資料,JAXA-SP-06-014, pp. 111-121 2007 Refereed English
I. Funaki and H. Yamakawa Research of Magneto Plasma Sail (MPS) 宇宙航空研究開発機構・情報・計算工学センター・衛星環境プラズマ数値シミュレーションワークショップ報告書,宇宙航空研究開発機構特別資料,JAXA-SP-06-014, pp. 100-110 2007 Refereed English
M. Nakamiya; H. Yamakawa Earth escape trajectories starting from L2 point Collection of Technical Papers - AIAA/AAS Astrodynamics Specialist Conference, 2006,3,1953-1972 2006 Refereed English
I. Funaki; H. Yamakawa; Y. Shimizu; Y. Nakayama; H. Horisawa; K. Ueno; T. Kimura Experimental simulation of magnetic sails Collection of Technical Papers - AIAA/ASME/SAE/ASEE 42nd Joint Propulsion Conference,11,8669-8682 2006 Refereed English
H. Nishida; H. Ogawa; I. Funaki; K. Fujita; H. Yamakawa; Y. Inatani Verification of momentum transfer process on magnetic sail using MHD model 41st AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference and Exhibit 2005 Refereed English
R. Asahi; I. Funaki; K. Fujita; H. Yamakawa; H. Ogawa; S. Nonaka; S. Sawai; H. Nishida; Y. Nakayama Numerical study on thrust production mechanism of a magneto plasma sail 40th AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference and Exhibit 2004 Refereed English
I. Funaki; R. Asahi; H. Yamakawa; K. Fujita; H. Ogawa; S. Nonaka; S. Sawai; H. Kuninaka; H. Otsu Thrust production mechanism of a magnetoplasma sail 34th AIAA Plasmadynamics and Lasers Conference 2003 Refereed English
K. Mitsuda; H. Inoue; H. Kunieda; H. Yamakawa; H. Kuninaka; T. Hashimoto Study of formation flying for the XEUS mission and the ISAS design of the detector spacecraft Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering,4851,1,405-413 2002 Refereed English
H. Yamakawa; K. Higuchi; T. Maruyama; N. Kubota Flight evaluation of GN&C system and vertical landing dynamics of reusable rocket vehicle 10th AIAA/NAL-NASDA-ISAS International Space Planes and Hypersonic Systems and Technologies Conference 2001 Refereed English

  • <<
  • >>
Lectures > Invited Lectures
(文系研究者の一般的な学会報告はこの項に収録されております)
Title Conference name Organization name Date Language
Space Debris Related Research at Kyoto University JAXA 6th Space Debris Workshop 2014/12/19 English
パネルデイスカッション「宇宙科学・探査ロードマップをどう実現・発展させていくか」(パネリスト),グループデイスカッション「次期宇宙科学・探査プログラム計画はどうあるべきか」(座長) 第14回宇宙科学シンポジウム, JAXA宇宙科学研究所・宇宙理学・宇宙工学委員長 2014/01/09 Japanese
アストロバイオロジーミッション・実験の実現に関するパネルディスカッション 国際アストロバイオロジーワークショップ2013 日本アストロバイオロジーネットワーク年次研究会, JAXA宇宙科学研究所 2013/11/30 Japanese
日本のロケット力~宇宙が日本を元気にする~ 定期講演会 日本食品工業倶楽部, ガーデンシテイクラブ大阪 2013/11/27 Japanese
宇宙の防衛について 講演会 陸上自衛隊関西補給処,京都府宇治市黄檗 2013/11/14 Japanese
宇宙工学と宇宙政策の世界での経験 新入社員研修, 武蔵野市,東京都 NTT持株研究所 2013/10/31 Japanese
宇宙工学と宇宙政策の世界 UNISECレクチャーシリーズ, 東京大学本郷キャンパス工学部7号館 大学宇宙工学コンソーシアム 2013/05/23 Japanese
探査機の軌道設計に関するいくつかの話題 天体力学N体力学研究会, 千葉,千葉市美術館講堂 天体力学N体力学研究会 2012/10/26 Japanese
太陽系探査のためのスペースフライト 大阪大学第1回スペースフライト学研究イニシアテイブ講演会 大阪大学 2012/10/23 Japanese
はやぶさ:あきらめない日本の夢 東海職業能力開発大学校ポリテックビジョン2010記念講演 東海職業能力開発大学校 2011/02/25 Japanese
はやぶさ探査機がたどってきた道とこの先の道 小惑星探査機はやぶさカプセル等展示企画検討委員会講演会 京都府・京都大学 2011/02/06 Japanese
京都大学宇宙総合学研究ユニット 宇宙芸術研究コミュニティ“Beyond第1回公開ワークショップ 宇宙芸術研究コミュニティ“Beyond 2010/10/06 Japanese
ソーラーセイルによる宇宙空間軌道ダイナミクス 第56回マテリアルズ・テーラリング研究会 マテリアルズ・テーラリング研究会 2010/07/23 Japanese
技術的側面から未来の宇宙探査と生活を想像してみる 第3回宇宙総合学研究ユニットシンポジウム 京都大学宇宙総合学研究ユニット 2010/01/09 Japanese
これまでの、そして、これからの宇宙探査の方法 日本航空宇宙学会関西支部ライト祭 日本航空宇宙学会 2009/12/05 Japanese
太陽風をつかまえる ~磁気セイル宇宙機の研究開発~ 宇宙天気研究会 JSPS学術創成研究費「宇宙天気予報の基礎研究」 2009/08/19 Japanese
Panel Discussion on “Innovating ISTS Towards the Future,” ISTS 50th Anniversary Special Program The 27th International Symposium on Space Technology and Science, Tsukuba, Japan International Symposium on Space Technology and Science Program Committee 2009/07/05 Japanese
宇宙機の軌道力学と最適化 三菱電機先端技術総合研究所勉強会 三菱電機株式会社 2009/04/25 Japanese
月惑星探査軌道計画の極意 三菱スペースソフトウエア社内講習会 三菱スペースソフトウエア株式会社 2007/12/14 Japanese
学際工学の成果とハイライト 東大-JAXA学際理工学記念シンポジューム 東京大学、JAXA共催 2007/11/26 Japanese
低推力連続加速軌道のダイナミクスに関するいくつかの話題 低推力・連続加速を用いた宇宙ミッションに関する研究会 宇宙航空研究開発機構 2007/11/02 Japanese
人工衛星の力学と制御 総合技術研究本部宇宙技術領域,DE専門技術研修会 JAXA筑波宇宙センター 2007/10 Japanese
次世代宇宙推進とその軌道ダイナミクス 日本航空宇宙学会関西支部講演会 日本航空宇宙学会 2007/07/13 Japanese
磁気プラズマセイル宇宙機の開発 小型宇宙機システム研究センター第1回研究会 大阪府立大学 2007/07/05 Japanese
磁気プラズマセイル研究の現状 日本地球惑星科学連合大会 日本地球惑星科学連合 2007/05/19 Japanese
H. Yamakawa, “Japanese Perspective,” IAA “The Next Steps” Study Group Meeting, Cornell University, Ithaca, NY, USA International Academy of Astronautics 2006/07/06 Japanese
ミッション解析と軌道ダイナミクスの楽しみ方 技術セミナー JAXA筑波宇宙センター 2006/03/24 Japanese
人工衛星・惑星探査機の軌道設計 天体力学N体力学研究会 情報通信研究機構 2006/03/01 Japanese
宇宙観測と太陽系探査における深宇宙港構想 SGEPSS総会 地球電磁気・地球惑星圏学会(SGEPSS) 2005/09/28 Japanese
M-Vロケットの飛翔計画・風補正・電波誘導 技術セミナー JAXA筑波宇宙センター 2005/01/12 Japanese
Spacecraft Dynamics for Observing and Utilizing Space Environment Humanosphere Science School, LIPI, Indonesia Humanosphere Science School 2009/03/26 English
Overview of the Japanese Space Programs Planetfest ’97, The Pasadena Center, Pasadena, CA The Planetary Society 2007/07/03 English
Expanding Sustainable Humanosphere to Space IPSI 2007 TOKYO Conference IPSI (Symposia on Internet Related Research with Elements of Multidisciplinary, Interdisciplinary, and Transdisciplinary Interaction) 2007/05/31 English
Some Aerospace System Applications Enabled by Micro- and Nano-Engineering 航空宇宙マイクロ・ナノ工学ワークショップ 京都大学, 21世紀COE「動的機能機械システムの数理モデルと設計論」 2007/03/06 English
Overview of ISAS Lunar and Planetary Missions ~Lunar & Planetary Swingby Trajectories ESTEC (European Space Technology Center) Lecture, ), Noordwijk, The Netherlands ESTEC (European Space Technology Center), ESA (European Space Agency 2002/01 English
A Numerical Study of Gravitational Capture Orbit in the Earth-Moon System JPL Section 312 (Mission Design Section) Seminar Jet Propulsion Laboratory, California Institute of Technology/National Aeronautics and Space Administration 1992/08 English

  • <<
  • >>
Publications > Books
Authors Title Publisher Date Language
川勝康弘、二宮敬虔、市川信一郎、山川宏、歌島昌由、河野功、津田雄一, 湯澤眞理、長岡信明、木村雅文 ミッション・軌道設計ハンドブック JERG-2-151-HB001, 宇宙航空研究開発機構 2008/09/03 Japanese
山川宏、共著, 姿勢制御研究委員会編集, 二宮敬虔委員長編 人工衛星の力学と制御ハンドブック〜基礎理論から応用技術まで〜 陪風館, 3章「人工衛星の軌道」,pp.73-98, 5章「人工衛星の環境モデル」,pp.283-288, pp.293-296 2007/07/12 Japanese
山川宏、共著 機械工学便覧 γ(応用システム) 11編「宇宙機器・システム」, 4.1.2.章「火星軌道」, pp. γ11-54〜γ11-59, 日本機械学会編, 丸善, 東京 2007/01/31 Japanese
山川宏、共著 航空宇宙工学便覧 C2.5.「ロケットの航法と誘導」, b「電波誘導」, 日本航空宇宙学会編,第3版,丸善, 第1版, pp. 861〜863 2005/11/30 Japanese
Yamamoto U., Yamakawa H. Two-craflt Coulomb-force Formation Dynamics and Stability Analysis with Debye Length Characteristics AIAA Guidance, Navigation, and Control Conference and Exhibit, 2008/8/18-21, Hawaii, CDROM 2008 English
Nakamiya M.,Scheeres D. J., Yamakawa H.,Yoshikawa M. Analysis of Low Energy Interplanetary Transfer with Capture trajectories to L1 and L2 points 26th International Symposium on Space Technology and Science, 2008/6/1-8, Hamamatsu, CDROM 2008 English
Yamakawa H.,Oyama T. Geomagnetic Tail Exploration Enabled by Solar Sail Propulsion 26th International Symposium on Space Technology and Science, 2008/6/1-8, Hamamatsu, CDROM 2008 English
Funaki I.,Yamakawa H. Research Status of Sail Propulsion Using the Solar Wind 14th International Congress on Plasma Physics, 2008/9/8-12, Fukuoka, CDROM 2008 English
Awards
Title(Japanese) Title(English) Organization name(Japanese) Organization name(English) Date
学生セッション最優秀論文賞 Best Student Award 第17回宇宙技術および科学に関する国際シンポジウム 17th International Symposium on Space Technology and Science 1990/05/
日本学術振興会特別研究員(DC2) Japan Society for the Promotion of Science Research Fellowships for Young Scientists 日本学術振興会 Japan Society for the Promotion of Science 1992
第46回宇宙科学技術連合講演会奨励賞 46th Conference on Space Science and Technology Award 第46回宇宙科学技術連合講演会 46th Conference on Space Science and Technology 2002/10/
小惑星探査ミッション「はやぶさ」のミッション策定の貢献に対して,小惑星1996WQ1が(8923)Yamakawaと命名. Asteroid 1996WQ1 renamed (8923)Yamakawa 小天体報、国際天文連合 The Minor Planet Circulars, The Minor Planet Center, The International Astronomical Union 2003/05/01
日本航空宇宙学会フェロー Fellow, The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences (JSASS) 日本航空宇宙学会 The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences 2013/04/19
Newspaper articles
Title Media name Column name Date
Japan Proposes First Mercury Visit in 20 Years Space News, July 1, 1998 1998/07/01
火星に先着なぜ「快速」探査機 朝日新聞 1996/12/02
こんなに凄い!宇宙ミステリー にちぶん文庫, 日本文芸社 1997
人工衛星の軌道計画技術者 テクノロジービーイング, Vol. 4 1997
惑星探査機パイオニア不可解な減速 朝日新聞 1998/10/21
太陽系に未知の力存在? 日経新聞 1998/11/22
ミール落下 共同通信ニュース 2001/03/22
「ミール宇宙ステーション落下」ニュース NHK,日本テレビ,TBS,フジテレビ,テレビ朝日 2001/03/22
研究所めぐり(10)宇宙科学研究所 文芸広場,Vol. 50, No.4 2002
(8923) Yamakawa=1996WQ1に関する記事 天文ガイド,p187 2003/08/
2010年,水星に探査機打ち上げ 東京新聞 2003/08/26
Mission to Mars:火星有人飛行は実現する! ニュートン,2004年7月号 2004/07/
「月の向こう日本の宇宙拠点を」宇宙機構が壮大構想,惑星探査の足がかりに. 朝日新聞 2005/01/07
特集「グラビテイ・ワールド重力と万有引力の世界:宇宙港の候補地は,太陽と地球の重力がつり合う場所」 ニュートン,2005年4月号, pp. 52-53 2005/04/
特集「グラビテイ・ワールド重力と万有引力の世界:地球の重力を振り切った探査機.重力との戦いはまだつづく」. ニュートン,2005年4月号 , pp. 44-45, 2005/04/
恐るべき旅路〜火星探査機「のぞみ」がたどった12年 松浦晋也著, 朝日ソノラマ刊, p.300. 2005
人工衛星はなぜ落ちないの? 朝日新聞, 子供の疑問に答える,「Be」DO科学のコーナー 2005/07/28
「宇宙進出」これからの20年」中の「火星有人飛行への挑戦」 ニュートンムック,2007年10月号pp.50-75 2007/10/
京都大学ジュニアキャンパス KBSテレビ 2007/10/14
山川研究室紹介(中川翔子のギザ・サイエンス) 日本放送, 京都放送, 大阪放送, 九州朝日放送 2008/06/
「中川翔子のギザ・サイエンス」出演予定大学研究室 日経サイエンス, pp. 70-71 2008/06/
拝見研究室の本棚 京都大学新聞 2008/11/01
空から電波、地上で電力に:京大 世界初の実験 京都新聞 2009/03/10
飛行船から無線で充電 毎日新聞 2009/03/11
飛行船から携帯充電、マイクロ波、地上に送信、京大などが実験公開 日経産業新聞 2009/03/11
宇宙にも「ごみ問題」はあるの? 京都新聞 2009/03/15
飛行船実験(画像と資料提供) テレビ東京・テレビ愛知・テレビ大阪・BSジャパン,「Emorning(イーモーニング)」 2009/03/19
飛行船実験 KBS京都、ニュース 2009/03/10
「無重力はどうやってつくるの? 朝日新聞,”be” on Saturday (e6ページ)、ののちゃんのDO科学 2009/06/20
「ソフィアがやってきた」、京都市立醒泉小学校 京都新聞、日曜版紙面企画 2010/01/31
こんにちは研究室①:京大生存圏研究所山川研究室 京都新聞 2010/04/06
野口さん宇宙滞在語る、来月15日、京で報告会、京大研究者と議論 京都新聞 2010/08/24
ISS長期滞在、野口聡一さんら飛行士が京都で報告会 毎日新聞 2010/09/29
カラー版:小惑星探査機はやぶさ~「玉手箱」は開かれた~ 川口淳一郎著、中公新書2089, 中央公論新社刊、p. 64 2010/12/20
新春対談「宇宙視点で環境守る」 岐阜新聞 2011/01/01
はやぶさの奇跡を目撃、京大総合博物館できょうからカプセル特別公開 産経新聞 2011/02/02
はやぶさ探査意義語る、京大でシンポ、開発参加の研究者ら 京都新聞 2011/02/07
「ラブラボ」コーナー、「宇宙探査機を作る」 NHKニュース(京都) 2011/06/04
授業「新しい宇宙ミッションを考え,新しいロケット・人工衛星を設計する」,夢ナビライブ国公立・私立大学合同進学ガイダンス 大阪朝日放送 ニュース 2012/06/23
京大、プラズマ波動観測器の小型化に成功:宇宙電波環境を計測する装置の小型化に成功 ―宇宙空間での多点観測利用へ道―福原始,小嶋浩嗣,石井宏宗,岡田聡.山川宏 日経 日経プレスリリース 2012/09/14
宇宙が日本を元気に 京都新聞, 朝刊1面 ソフィア京都新聞文化会議 2012/11/11
宇宙機の飛行計画の技 京都府立莵道高校ホームページ 京都大学の出前授業 2013/02/23
NASAの最重要ミッション:人類を火星に!火星探査の時代 ニュートンムック, Newton別冊、pp. 92-107 火星有人飛行は実現する! 2013/05/
インタビュー出演(若田宇宙飛行士,国際宇宙ステーションに向けて打上げ) NHK総合 「おはよう日本」7:00-8:00 2013/11/07
「はやぶさ2」6年間の長旅へ12月出発,生命の起源に迫る地下物質を初採取(人工クレーター,反省生かせるか) 産経新聞 17面 2014/01/13
中野不二男,産業としての宇宙開発,計画実現の作業(山川宏:宇宙探査機はるかなる旅路へ,化学同人) 日本経済新聞 17面「今を読み解く」 2014/01/19
A Rising Mercury for Japan Space Daily 1998/06/12
Spacedust challenge Compute Scotland (Portal) 2013/11/18
Now A Space Program To Tackle Asteroids Business Insider India 2013/11/19
宇宙開発に於けるイノベーション創出に向けて 文部科学省科学技術政策研究所科学技術動向研究センター 科学技術動向2009年12月号No.105 2009/12/
小惑星探査機「はやぶさ」の地球帰還カプセル-京都での公開迫る 烏丸経済新聞 2011/01/28
分野別人名録(自然科学) 読売年鑑2014、読売新聞社 分野別人名録(自然科学)、p. 455 2014/03/22
「日本の宇宙開発 これまでとこれから」、朝日カルチャーセンター 朝日新聞 朝刊8面 2015/01/22
ニュースが気になる!:ロケット打ち上げ時間、軌道や観測目的など考慮 読売新聞 朝刊29面 2009/10/03
分野別人名録(自然科学) 読売年鑑2011、読売新聞社 2011/03/
分野別人名録(自然科学) 読売年鑑2012、読売新聞社 2012/03/
分野別人名録(自然科学) 読売年鑑2013、読売新聞社 2013/03/
宇宙、生命科学やさしく解説、25、26日、京大宇治キャンパス 読売新聞(京都) 朝刊32面 2014/10/29
京都大学品川セミナー「日本の宇宙開発と京都大学での取り組み」 読売新聞 朝刊科学面(近畿・中四国版) 2015/04/27
「青春スクロール母校群像記~栄光学園①ミッショナリー精神受け継ぎ宇宙へ~」 朝日新聞 神奈川県版 2015/05/08
京都大学の出前授業,月や惑星に行く方法 京都府立宮津高等学校ホームページ 2015/07/15
「S-NET」準備会合、東京に続き京都エリアでも開催 準天頂衛星システム・内閣府ホームページ 2015/11/16
内閣府が和歌山で「G空間ワークショップ」を開催」:G空間ワークショップ(つながる防災対策、スマート林業等)@和歌山 準天頂衛星システム・内閣府ホームページ 2016/02/22
第1回「宇宙×G空間ワークショップ」(和歌山/初日)[結果レポート] 準天頂衛星システム・内閣府ホームページ 2016/03/26
第2回宇宙開発利用大賞表彰式・S-NETローンチイベント [結果レポート] 準天頂衛星システム・内閣府ホームページ 2016/04/08
ビジネスマン必見~世界と日本の宇宙政策~ ANPACA.TV(アンパカTV) インターネットTV「藤原洋のサイエンスカフェ・ガリレオガリレイ 2016/04/
京都大学MUレーダーで宇宙ごみの姿を捉える~観測波長より小さいスペースデブリのサイズやスピンの推定に成功~ 京都大学ホームページ 2016/06/06
「宇宙ゴミ」大気レーダーで観測成功…地球周辺の2万個ゴミ、衝突回避・除去に役立つ可能性 京大 産経新聞夕刊12面および産経WESTホームページ 2016/06/06
「宇宙ゴミ」大気レーダーで観測成功…京大 衝突回避・除去に活用も SankeiBiz 2016/06/06
宇宙ごみ 形や大きさ解析 京大グループ 除去につながる成果 京都新聞夕刊8面 2016/06/16
「衛星測位システムの普及促進を目指す IS-GNSS 2015京都大会国際シンポジウム」 京都市長門川大作オフィシャルサイト 2015/11/15
「超える」⑦宇宙ごみ、小惑星の衝突避ける~京都大学生存圏研究所・山川研究室~探査機ぶつけ地球守る 京都新聞(山城版)朝刊p. 22 2017/01/10
「宇宙開発新市場へ協力を 産業集積・名古屋で米財団セミナー」 日本経済新聞(Web) 2017/03/08
宇宙活動法技術基準小委が初会合 科学新聞 2面 2017/04/28

  • <<
  • >>
External funds, competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research(kaken)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
日本学術振興会、科学研究費補助金、基盤研究(B) Assignment 微少重力下におけるマイクロロボットの移動メカニズム Micro-Robot Mechanism under Micro-Gravity Environment 2000-2002
日本学術振興会・重点研究国際協力事業 Assignment 宇宙の構造と化学進化の研究 The Structure and Chemical Evolution of the Universe 2000-2003
日本学術振興会・基盤研究(C)(企画調査) Assignment 水星磁気圏国際共同研究のための企画調査 Mercury Magnetosphere 2001-2001
日本学術振興会・科学研究費補助金・基盤研究(B) Assignment 磁気プラズマセイルの推力発生機構の解明 Thrust Mechanism of Magneto-Plasma Sail 2003-2005
日本学術振興会・科学研究費補助金・学術創世研究費 Assignment 高高度気球を用いた微小重力実験装置の開発 Micro Gravity Experiment with High Altitude Balloon 2004-2006
日本学術振興会・科学研究費補助金・基盤研究(B) Assignment 外惑星への超高速飛行を可能とする磁気プラズマセイル推進の地上実証試験 Ground Experiment for Magneto Plasma Sail for Outer Planet Exploration 2006-2008
日本学術振興会・科学研究費補助金・基盤研究(A) Assignment 宇宙圏電磁環境モニター装置に関する研究 Space Probe for Space Environment Monitoring 2007-2010
日本学術振興会・科学研究費補助金・萌芽研究 Assignment 環境調和型材料としての宇宙用導電性木質材料の研究 Wood Material for Space Use 2008-2009
日本学術振興会、科学研究費補助金、挑戦的萌芽研究 Representative 帯電量制御によるプロペラントレス衛星編隊飛行の軌道制御に関する基礎研究 Propellant-less Charged Satellite Formation Flight 2009-2011
日本学術振興会・科学研究費補助金・基盤研究A Assignment 磁気プラズマセイルの推力性能評価と最適化 Thrust Evaluation of Magneto Plasma Sail 2009-2012
日本学術振興会・科学研究費補助金・基盤研究C Representative 積極的な帯電によるプロペラントレス超小型衛星編隊飛行 Positive Charging for Propellant-less Satellite Flight 2012-2014
日本学術振興会・科学研究費補助金・基盤研究C Representative 帯電現象を考慮したスペースデブリの軌道・観測・低減に関する総合的研究 Space Debris Trajectory, Observation, and Mitigation 2015-2017
日本学術振興会・科学研究費補助金・基盤研究A Assignment 宇宙デブリ脱軌道ミッションの概念設計研究 Conceptual Study of Space Debris Remediation 2016-2018

  • <<
  • >>
Non-external, competitive funds or grants other than grants-in-aid for Scientific research (kaken)
System Main person Title(Japanese) Title(English) Period
財団法人C&C振興財団 山川宏 International Symposium on Space Flight Dynamics, Russia International Symposium on Space Flight Dynamics, Russia 1994-1994
財団法人宇宙科学振興財団 山川宏 宇宙航行国際アカデミー主催低コスト惑星探査計画に関する国際会議 International Conference on Low-Cost Interplanetary Missions 1998-1998
科学技術振興機構(JST),地域イノベーション創出総合支援事業・重点地域研究開発推進プログラム・平成19年度シーズ発掘試験 山川宏 マイクロ波による「電力・情報同時無線伝送技術」に関する研究〜 災害発生時の移動体搭載型・携帯電話基地局への展開〜 Mobile Communication Antenna System with Microwave Power and Information Transmission 2007-2007
財団法人国際コミュニケーション基金 山川宏 電力情報同時無線伝送型災害システムの構築 Disaster System with Power and Information Transmission Capability 2007-2007
財団法人・大川情報通信基金 山川宏 マイクロ波による「電力・情報同時無線伝送技術」に関する研究 〜 災害発生時の移動体搭載型・携帯電話基地局への展開 Power and Information Microwave Transmission for Disaster 2007-2007
科学技術振興機構(JST),戦略的創造研究推進事業(CRESTタイプ,チーム型研究),研究領域:マルチスケール・マルチフィジックス現象の統合シミュレーション 臼井英之 惑星間航行システム開発に向けたマルチスケール粒子シミュレーション Multi-Scale Particle Simulation for Interplanetary Missions 2007/10/-2013/03/
内閣府最先端研究開発支援プログラム 中須賀真一 日本発の「ほどよし信頼性工学」を導入した超小型衛星による新しい宇宙開発・利用パラダイムの構築 New Space Development and Utilization Paradigm with Optimal Reliability Engineering 2009/10/01-2014/03/31
日本学術振興会 最先端研究開発支援プログラム 中須賀真一 日本発の「ほどよし信頼性工学」を導入した超小型衛星による新しい宇宙開発・利用パラダイムの構築 New Space Development and Utilization Paradigm with Optimal Reliability Engineering 2009/10/01-2014/03/31
公益財団法人 立石科学技術振興財団、国際会議開催助成 山川 宏 衛星測位システムに関する国際会議(IS-GNSS 2015)組織委員会 2015/11/16-2015/11/19
経済産業省中小企業庁平成27年度戦略的基盤技術高度化支援事業(通称「サポイン事業」) 山川 宏(アドバイザ) 宇宙デブリ観測用望遠鏡及び地球観測衛星に用いられる大型光学素子の超精密研磨・計測技術の開発 2015/09/01-2018/03/31
公益財団法人 立石科学技術振興財団、2015年国際会議開催助成 山川 宏 IS-GNSS 2015国際会議開催 IS-GNSS 2015 Conference 2015/11/-2015/11/

  • <<
  • >>
Other research activities
Title Location Misc Period
報告「M-24SIM-1,2真空地上燃焼試験」 秋田県能代市 ISASニュース,No. 157 1994/04/-1994/04/
報告「ボルガ川と草サッカー」 St.Petersburg~Moscow, Russia ISASニュース,No. 160 1994/07/-1994/07/
報告「What’s Cool?」 Pasadena, CA, USA (NASA JPL) ISASニュース,No. 196 1997/07/-1997/07/
報告「小惑星サンプル採取装置の無重力試験行われる」(写真) 愛知県名古屋市 ISASニュース, No. 210 1998/09/-1998/09/
報告「軌道の無いミッションは無い?!」 神奈川県相模原市 ISASニュース,No. 218 1999/05/-1999/05/
報告「軌道計画の技」,惑星探査テクノロジー(第2回) 神奈川県相模原市 ISASニュース, No.230 2000/05/-2000/05/
報告「第1回BepiColombo ESA-ISAS Joint Meeting開催」 Noordwijk, The Netherlands (ESA, ESTEC) ISASニュース,No.239 2001/02/-2001/02/
報告「ミールの軌跡(上)」 Moscow, Russia 日本ロケット協会、ロケットニュース,日本ロケット協会,No.429. 2001/05/-2001/05/
報告「ミールの軌跡(中)」 Moscow, Russia 日本ロケット協会、ロケットニュース,日本ロケット協会,No.430. 2001/05/-2001/05/
報告「ミールの軌跡(下)」 Moscow, Russia 日本ロケット協会、ロケットニュース,日本ロケット協会,No.431. 2001/07/-2001/07/
報告「オランダでカプチーノを飲むということ」 Noordwijk, The Netherlands (ESA, ESTEC) ISASニュース,No.252 2002/03/-2003/03/
報告「BepiColombo Meeting,ESTECにて開催される」 Noordwijk, The Netherlands (ESA ESTEC) ISASニュース,No. 254 2002/05/-2002/05/
報告「国際共同水星探査計画BepiColombo,宇宙開発委員会における評価を経て次の段階へ」 神奈川県相模原市 ISASニュース,No. 268 2003/07/-2003/07/
報告「宇宙科学の最前線:JAXA長期ビジョンと宇宙科学」 神奈川県相模原市 ISASニュース,No. 292 2005/07/-2005/07/
報告「公開シンポジウム「宇宙科学と大学」開催される」牧島一夫 東京大学 ISASニュース, No. 321 2007/12/-2007/12/
報告「京都大学宇宙総合学研究ユニットの設置」 京都府宇治市 生存圏研究所ニュースレター「生存圏だより」 2008/10/18-2008/10/18
報告「飛行船からのマイクロ波無線電力伝送実証実験の成功!」篠原真毅 京都府宇治市 生存圏研究所ニュースレター「生存圏だより」,No. 7 2009/09/-2009/09/
報告「あかつき」立ち上げのころ」中村正人 神奈川県相模原市 ISASニュース, No. 349 2010/04/-2010/04/
報告「第2回宇宙科学奨励賞 坂東麻衣氏・宮下幸長氏に授与」長瀬文昭 神奈川県相模原市 ISASニュース, No. 349 2010/04/-2010/04/
報告「京大サロントーク:宇宙機の軌道設計の極意「いかに効率良く探査機を送るか」 京都府京都市 京都大学新聞 2010/04/16-2010/04/16
報告「旧姓「MUSES-C」の頃、元・MUSES-C軌道計画・M-V-5号機軌道計画担当 山川宏」. 神奈川県相模原市 JAXAホームページ、はやぶさ、地球へ!帰還カウントダウン 2010/05/10-2010/05/10
報告「宇宙空間を「飛んで」、「理解して」、「活かす」:生存圏の科学:宇宙環境・利用」大村善治、山川宏、篠原真毅、小嶋浩嗣 京都府京都市 京都大学共通教育通信、Vol. 15, pp. 10-12 2010/10/-2010/10/
報告「宇宙総合学研究ユニットがJAXA宇宙科学研究所と共同研究ワークショップを開催」 京都府京都市 京大広報、No. 658, pp. 3,238-3,239. 2010/07/-2010/07/
報告「京大宇宙ユニットがJAXAと共同研究ワークショップ」 京都府京都市 文京速報, 官庁通信社, 第7473号 2010/07/28-2010/07/28
報告「2つの宇宙への思い」 神奈川県相模原市 宇宙教育情報誌 宇宙のとびら, JAXA宇宙教育センター、第14号, p. 17. 2011/01/-2011/01/
報告「22年間の緊張と感謝」 神奈川県相模原市・京都府宇治市 ISASニュース、2011年1月号 2011/01/-2011/01/
報告「宇宙の旅に思いを馳せて、はやぶさ帰還カプセル総博で展示」 京都府京都市 京都大学新聞 2011/02/16-2011/02/16
報告「磁気の帆を広げて進む!?, 新しい宇宙船の研究」 京都府宇治市 夢ナビ(高校生対象), フロムページ, 講義No. 03697 2011/03/02-2011/03/02
報告「宇宙へ、そして地球へ大切なものを運ぶ宇宙船をめざして」, Made in Japan 日本が誇る「宇宙技術」 京都府宇治市 SELF BRAND, 学問の広告,p. 64 2012/01/-2012/01/
報告「人工衛星の軌道や姿勢を電磁気力で動かす」 京都府宇治市 京都大学電気関係教室技術情報誌 cue 27号 2012/03/-2012/03/
報告「ISAS-京大宇宙ユニット共同研究シンポジウム開催される」磯部洋明、浅井歩、坂東麻衣 神奈川県相模原市 ISASニュース, 2012年1月号 2012/01/-2012/01/
報告「M-VとRVTとペネトレータにかけた宇宙研時代」 神奈川県相模原市 JAXA宇宙科学研究所「宇宙空間観測の半世紀」(随想集) 2011/12/-2011/12/
報告「生存圏フォーラム」第7回総会・特別講演会 京都府宇治市 生存圏研究所ニュースレター「生存圏だより」、No. 14 2014/10/-2014/10/
報告「宇宙科学•探査ロードマップと各分野の将来計画」シンポジウム報告」 神奈川県相模原市 ISASニュース, 2014年6月号, No. 399, p. 4 2014/06/-2014/06/
報告「教員が執筆・監修した図書:「宇宙探査機はるかなる旅路へ」(化学同人)」 京都府宇治市 生存圏研究所ニュースレター「生存圏だより」,No. 13, 2013.10.発行, p. 16 2013/10/-2013/10/
書評:Book必読本「著者に聞く」ロケット・人工衛星の飛行計画の極意「宇宙探査機はるかなる旅路へ」 東京都 『財界』, 2013年9月10日号, p. 113. 2013/09/10-2013/09/10
インタビュー「シーズを出しつつ,絶えずニーズを見極める。最適な出会いがあれば,大学の意識も変わるはず」 東京都 JAXA大学・機関連携室広報誌「collabo-univ. JAXAと大学との連携の現場最前線」,Vol. 1. p. 4-5 2013/06/-2013/06/
報告「生存圏フォーラム」第8回総会・特別講演会 京都府宇治市 生存圏だより、2015年10月号, p. 2 2015/10/-2015/10/
報告「2つの宇宙由来危機に取り組み~地球接近小惑星とスペースデブリ~」 京都府宇治市 生存圏だより、2015年10月号, p. 4 2015/10/-2015/10/
報告「IS-GNSS 2015 Kyotoが成功裏に終了」 京都府京都市みやこめっせ News Letter of IPNTJ (測位航法学会ニューズレター)、第VI巻第4号、2015年12月22日、p.2. 2015/12/22-2015/12/22
監修「宇宙から、地球のストレス解消します!」 東京都 雑誌「広告」, 博報堂, pp. 46-49 2016/04/19-2016/04/19
記事「関西支部ニュース~ライト祭~」 大阪府 日本航空宇宙学会誌Vol. 64, No. 5, 2016年5月号, p.161. 2016/05/-2016/05/
報告「関西支部ライト祭2015開催報告」 大阪府 日本航空宇宙学会誌Vol. 64, No. 7, 2016年7月号, p.225-226 2016/07/-2016/07/

  • <<
  • >>
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
全学共通科目、微分積分学続論A -
全学共通科目(B群科目 地学系) 「生存圏の科学〜宇宙環境利用〜」、 -
工学研究科科目、「宇宙電波工学」、 -
宇宙電波工学 後期 工学研究科 2011/04-2012/03
宇宙総合学 Synergetic Studies for Space 前期 全学共通科目 2011/04-2012/03
生存圏の科学 - 宇宙環境・利用 Space Environmental Utilization of the Humanosphere 後期 全学共通科目 2011/04-2012/03
宇宙電波工学 Space Radio Engineering 後期 工学研究科 2012/04-2013/03
生存圏の科学 - 宇宙環境・利用 Space Environmental Utilization of the Humanosphere 後期 全学共通科目 2012/04-2013/03
宇宙電波工学 Space Radio Engineering 後期 工学研究科 2013/04-2014/03
生存圏の科学III Space Environmental Utilization of the Humanosphere 後期 全学共通科目 2013/04-2014/03
宇宙電波工学 Space Radio Engineering 後期 工学研究科 2014/04-2015/03
生存圏の科学III Space Environmental Utilization of the Humanosphere 後期 全学共通科目 2014/04-2015/03
宇宙電波工学 Space Radio Engineering 後期 工学研究科 2015/04-2016/03
生存圏の科学III Space Environmental Utilization of the Humanosphere 後期 全学共通科目 2015/04-2016/03
宇宙電波工学 Space Radio Engineering 後期 工学研究科 2016/04-2017/03

  • <<
  • >>
Participation to Ph.D Defense
Acquirer Title Position Date
横井 裕一 Energy Conversion and its Control by Synchronization of Pendulum(振子の同期現象によるエネルギー変換とその制御) Sub 2011/03/23
福原 始 Miniaturization and Integration of Measurement Systems for Space Electromagnetic Environments(宇宙電磁環境計測システムの小型集積化) Chief 2012/09/24
南 政孝 分散型電源の系統連系における受動性に基づく制御および位相同期方式に関する研究 Sub 2013/03/25
山本 詩子 Fiber Tracking and Tractography with Magnetic Resonance Diffusion Tensor Imaging for Quantitative Evaluation of Schizophrenia(統合失調症の定量評価のためのMR拡散テンソル画像法に基づく神経線維追跡とトラクトグラフィ手法に関する研究) Sub 2013/03/25
巳谷 真司 Satisficing Nonlinear Spacecraft Rendezvous Under Control Magnitude and Direction Constraints(制御入力制約を考慮した宇宙機の相対軌道制御) Chief 2013/03/25
藤原 亮介 Study on Accurate Ranging and Positioning System with UWB-IR Technology(UWB-IRを用いた高精度測距・測位システムの研究) Chief 2013/03/25
芦田 康将 Study on Propulsive Characteristics of Magnetic Sail and Magneto Plasma Sail by Plasma Particle Simulations(粒子シミュレーションによる磁気セイル・磁気プラズマセイルの推力特性に関する研究) Chief 2014/01/23
黄 勇 Development of a Rectenna Adapted to Ultra-wide Load Range for Microwave Power Transmission(マイクロ波無線送電に適用した超広負荷範囲に対応できるレクテナの開発) Sub 2015/03/23
長崎 陽 Study on High Temperature Superconducting Coil System for Magneto Plasma Sail Spacecraft(磁気プラズマセイル宇宙機搭載用高温超伝導コイルシステムに関する研究) Chief 2015/09/24
山口 皓平 On Asteroid Deflection Techniques Exploiting Space Plasma Environment(宇宙プラズマ環境を利用した小惑星の軌道変更手法に関する研究) Chief 2017/03/23
星野 光 Analysis and Control of Multiscale Dynamics in Regional Electricity and Heat Supply Systems(地域電熱供給システムにおける複合スケールダイナミクスの解析と制御) Sub 2017/03/23

  • <<
  • >>
Participation to Ph.D Defense outside KU
Acquirer Title University Country Position Date
Ridanto Eko Poetro (主査:花田俊也准教授) Application of Ballistic Capture Trajectory for Jovian Outpost Establishment 九州大学大学院 工学府 航空宇宙工学専攻 日本 Sub 2005/03/31
森本睦子 Artificial Equilibrium Points by Continuous Thrust in the Restricted Three Body Problem 総合研究大学院大学 物理科学研究科 宇宙科学専攻 日本 Chief 2006/03/31
中宮賢樹 (主査:吉川真准教授) Escape and Capture on Halo Orbit Manifolds Using Impulsive Manourvers for Interplanetary Transfers: Application to an Interplanetary Transportation System 総合研究大学院大学 物理科学研究科 宇宙科学専攻 日本 Sub 2008/03/31
上野一磨 (主査:船木一幸准教授) 太陽風と磁場の干渉を利用した磁気プラズマセイル推進に関する実験的研究 総合研究大学院大学 物理科学研究科 宇宙科学専攻 日本 Sub 2011/03/31
山口智宏 (主査:吉川真准教授) Modeling and Estimation Method of a Solar Radiation Pressure for Spinning Solar Sail Spacecraft 総合研究大学院大学 物理科学研究科 宇宙科学専攻 日本 Sub 2012/03/31
大塩裕哉(主査:船木一幸准教授) 太陽風を利用した磁気プラズマセイル推進の推進特性に関する研究 総合研究大学院大学 物理科学研究科 宇宙科学専攻 日本 Sub 2013/03/
Hongru Chen(主査:花田俊也教授、副査:川勝康弘准教授、Huixin Liu准教授) New Results of Orbital Dynamics and the Applications to Orbit Prediction and Mission Design: Part I:Storm-Time Atmospheric Density Modelling Using Artificial Neural Nertworks and Its Application in Orbit Prediction, Part II:Escape Trajectories Utilizing Unstable Manifolds and Lunar Gravity Assists for Sun-Earth Halo Orbits 九州大学大学院工学研究院 航空宇宙工学部門 日本 Sub 2015/09/
Awards won by your students
Student name Award title Giver Date
福原始 英国惑星間協会賞(British Interplanetary Society Award) 国際宇宙航行連盟(International Astronautical Federation)主催第59会国際宇宙航行学会(59th International Astronautical Congress) 2008/10/
梶本武志 第8回木質炭化学会大会優秀発表賞 木質炭化学会 2010/05/
芦田康将 学生優秀賞(銀賞) 第54回宇宙科学技術連合講演会 2010/10/
芦田康将 学生賞 第51回航空原動機・宇宙推進講演会 2011/03/
福原始 第8回IEEE関西支部 学生研究奨励賞 IEEE関西支部 2011/12/25
坂東麻衣 宇宙科学奨励賞 財団法人宇宙科学振興会 2010/02/
福原始 平成22年度特別研究員DC-1 日本学術振興会 2009/02/
芦田康将 平成24年度特別研究員DC-1 日本学術振興会 2011/10/
向井祐利 International Astronautical Congress学生派遣プログラム 宇宙航空研究開発機構 2009/06/
福原始 猪瀬学術奨励賞 電気・電子情報学術振興財団 2009/05/
福原始 International Astronautical Congress学生派遣プログラム 宇宙航空研究開発機構 2008/09/
福原始君(博士3年) 国際学術交流若手派遣事業), European Geosciences Union General Assembly,ウイーン,オーストリア 地球電磁気・地球惑星圏学会(SGEPSS) 2012/04/22
長崎陽(修士2年) 海外渡航支援)、Applied Superconductivity Conference 2012, Portland, Oregon, USA 公益財団法人宇宙科学振興会 2012/06/13
長崎陽(修士2年) International Astronautical Congress学生派遣プログラム, イタリア JAXA(宇宙航空研究開発機構) 2012/10/
芦田康将(博士1年) 京コンピュータ,平成24年度HPCIシステム利用研究課題採択 計算科学研究機構 2012/10/
福原 始(博士3年)・小嶋 浩嗣・石井 宏宗・岡田 聡・山川 宏 宇宙電波環境を計測する装置の小型化に成功–宇宙空間での多点観測利用へ道— 京都大学プレスリリース 2012/09/
長崎陽(修士2年) 平成25年度特別研究員DC-1 日本学術振興会 2013/01/29
長崎陽(博士1年) 工学研究科馬詰研究奨励賞,「磁気セイル搭載用高温超伝導コイルシステムの最適設計に関する研究」 京都大学大学院 工学研究科 2013/06/12
長崎陽(博士2年) NASA Ames Academy派遣学生、Research Associate 米国航空宇宙局(NASA Ames Research Center) 2014/06/
山口皓平(博士1年) 馬詰研究奨励賞、「宇宙電磁環境を利用した地球衝突小惑星の軌道変更に関する研究」 京都大学大学院 工学研究科 2014/05/30
星賢人(修士2年) Best Poster Award, “Numerical Simulation of Satellite Charging for Electromagnetic Orbital Control,” Co-authors: 村中崇信(中京大), 小嶋浩嗣, 山川宏(京大), 臼井英之(神戸大), 篠原育(JAXA宇宙研). 65th International Astronautical Congress, Toronto, Canada 2014/10/01
山口皓平(博士1年) 平成27年度特別研究員DC-2,「宇宙環境を利用した地球衝突小惑星の軌道変更に関する研究」 日本学術振興会 2014/10/16
河原淳人(修士2年) 学生優秀賞、論文「信楽MUレーダを用いたスペースデブリの形状推定に関する研究」(共著者:山川宏、佐藤亨、山本衛、橋口浩之、増成一樹) 第58回宇宙科学技術連合講演会、長崎、長崎ブリックホール 2014/11/13
星賢人君(修士2年) 平成27年度特別研究員DC-1、「電磁気力を用いた軌道制御を実現するための宇宙機の能動帯電手法の研究」 日本学術振興会 2015/01/16
山口 皓平(博士1年) 若手奨励賞 優秀論文、2014年11月12日-14日第58回宇宙科学技術連合講演会「帯電セイル衝突を用いた地球衝突小惑星の 軌道変更に関する研究」 一般社団法人 日本航空宇宙学会 2015/01/20
長崎陽(博士2年) Best Paper (Highlights) of 2014, 論文誌『Superconductor Science and Technology』 “Experimental and numerical investigation on screening currents induced in Bi-2223/Ag double-pancake coil for space applications” (共著者: 中村武恒(京大)、船木一幸(JAXA)、芦田康将(京大)、山川宏(京大)) 英国物理学会(IOP) 2015/02/15
池田成臣(修士1年) イギリスStrathclyde大学を中心とするチーム(池田氏を含む計14名)が提案した「地球-月系ラグランジュ点L2からのテレオペレーションによる、月近傍の有人探査計画(Human Exploration of Cis-Lunar Space via Assets Tele-Operated from EML2)」が、提案総数28チームの中から1位に選出された。 欧州宇宙機関(ESA)が主催する、学生を対象とした月探査ミッション立案コンテストESA Moon Challengeで28チーム中1位 2015/12/17

  • <<
  • >>
School management (title, position)
Title Period
英文一覧等小委員会 委員 2010/04/01-2011/03/31
国際交流委員会 委員 2010/04/01-2011/03/31
国際交流委員会 委員 2011/04/01-2013/03/31
ジュニアキャンパス実施検討会 委員 2014/04/01-2016/03/31
国際交流委員会 委員 2010/04/01-2011/06/30
Faculty management (title, position)
Title Period
生存圏研究所ハラスメント窓口相談員 2014/04/01-2016/03/31
生存圏研究所ミッション推進委員会委員 2014/04/01-2016/03/31
生存圏研究所概算要求・競争的資金委員会委員 2014/04/01-2016/03/31
生存圏研究所学際萌芽研究センター運営会議委員 2014/04/01-2016/03/31
生存圏研究所客員教員審査委員会委員 2014/04/01-2016/03/31
生存圏研究所人権委員会委員 2014/04/01-2016/03/31
生存圏研究所生存圏フォーラム委員会委員長 2014/04/01-2016/03/31
宇宙総合学研究ユニット運営協議会委員 2015/01/01-2017/03/31
17.宇治地区4研究所共通的経費検討委員会 2016/04/01-2017/03/31
生存圏研究所客員教員審査委員会 2016/04/01-2018/03/31
生存圏研究所ハラスメント窓口相談員 2016/04/01-2018/03/31
生存圏研究所ミッション推進委員会 2016/04/01-2018/03/31
生存圏研究所予算経理委員会委員長 2016/04/01-2018/03/31

  • <<
  • >>
Academic organizations (administrative title, position)
Organization name(Japanese) Organization name(English) Title(Japanese) Title(English) Period
日本航空宇宙学会 JSASS: The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences 機器電子情報システム部門委員会委員 Committee Member 1993-1994
宇宙技術および科学に関する国際シンポジウム ISTS: International Symposium on Space Technology and Science 参加登録委員会,会場委員会,プログラム委員会、運営委員会委員 Committee Member 1994-2010
日本航空宇宙学会 JSASS: The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences 宇宙航行部門委員会委員 Committee Member 1998-1999
財団法人日本宇宙フォーラム JSF: Japan Space Forum 「宇宙自律化技術の動向調査」委員会委員 Committee Member 1999-1999
宇宙科学研究所アストロダイナミクスシンポジウム ISAS: Insittute of Space and Astronautical Science アストロダイナミクスシンポジウム世話人 Committee Member 1999-2011
CNES低推力軌道に関する国際シンポジウム CNES International Symposium on Low-Thrust Trajectories プログラム委員会委員 Program Committee Member 2000-2002
社団法人日本航空宇宙工業会 SJAC: The Society of Japanese Aerospace Companies 姿勢制御系設計基準の改訂試案作成(その5)ミッション分科会委員 Committee Member 2004-2005
国際宇宙航行アカデミー 6th IAA International Conference on Low-Cost Planetary Missions 組織委員会委員 Organizing Committee Member 2005-2005
第50回宇宙科学連合講演会・オーガナイズドセッション「宇宙技術の商用化」 JSASS: The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences オーガナイザ Organizer 2006/11/-2006/11/
宇宙航空研究開発機構 JAXA: Japan Aerospace Exploration Agency 衛星系設計標準推進委員会委員 Committee Member 2006/12/-2009/03/
宇宙航空研究開発機構 JAXA: Japan Aerospace Exploration Agency 宇宙科学研究本部科学衛星研究委員会委員 Committee Member 2007-2009
宇宙航空研究開発機構 JAXA: Japan Aerospace Exploration Agency 宇宙科学研究本部宇宙工学委員会委員 Committee Member 2007-2010
宇宙航空研究開発機構 JAXA: Japan Aerospace Exploration Agency 宇宙科学研究本部BepiColomboプロジェクト共同利用研究員 Committee Member 2007-2011
電子情報通信学会 IEICE: The Insitute of Electronics, Information and Communication Engineers 宇宙太陽発電時限研究専門委員会委員 Committee Member 2008-2009
日本航空宇宙学会 JSASS: The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences 第40-41期宇宙航行部門委員会 委員長 Committee Chair 2008-2009
日本航空宇宙学会 JSASS: The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences 第40-41期航空宇宙技術リエゾン委員会 委員 Committee Member 2008-2009
日本航空宇宙学会 JSASS: The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences 第41-42期評議員 Councillor 2009-2010
宇宙航空研究開発機構 JAXA: Japan Aerospace Exploration Agency 研究開発本部外部評価委員 Evaluation Committee Member 2009/02/-2009/02/
無人宇宙実験システム研究開発機構 USEF: Institute for Unmanned Space Experiment Free Flyer 空中発射システム委員会に係る専門委員会委員(システム専門委員会、運用専門委員会、安全・法規制専門委員会) Committee Member 2009/04/-2010/04/
第53回宇宙科学技術連合講演会 JSASS: The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences 実行委員長 Executive Committee Chairperson 2009/09/-2009/09/
日本機械学会 JSME: The Japan Society of Mechanical Engineers 宇宙工学部門第88期運営委員,第2企画委員会委員 Committee Member 2010-2011
宇宙航空研究開発機構 JAXA: Japan Aerospace Exploration Agency 宇宙科学プログラム委員会委員 Committee Member 2010-2010
宇宙航空研究開発機構 JAXA: Japan Aerospace Exploration Agency 研究開発本部外部評価委員 Evaluation Committee Member 2010/02/-2010/02/
財団法人宇宙科学振興会 SPSS: Society for Promotion of Space Science 評価委員 Evaluation Committee Member 2010/04/01-2012/03/31
日本航空宇宙学会 JSASS: The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences 第42-43期宇宙航行部門委員会 委員 Committee Member 2010/04/01-2012/03/31
自動制御に関する国際連盟 IFAC ACA (International Federation of Automatic Control, Automatic Control in Aerospace Symposium) in Nara ローカル委員会委員 Local Committee Member 2010/09/-2010/09/
国際宇宙航行アカデミー IAA: International Academy of Astronautics. プログラム委員会委員 International Program Committee Member 2010/10/-2010/10/
宇宙航空研究開発機構 JAXA: Japan Aerospace Exploration Agency 宇宙機設計標準ワーキンググループ委員 Committee Member 2013/02/25-2013/03/15
宇宙航空研究開発機構 JAXA: Japan Aerospace Exploration Agency 宇宙科学研究所 宇宙工学委員長 Executive Committee Chairperson 2013/07/05-2015/03/31
第5回ナノ衛星シンポジウム 5th Nano-Satellite Symposium, The University of Tokyo プログラム委員会委員 Program Committee Member 2013/11/20-2013/11/22
宇宙航空研究開発機構 JAXA: Japan Aerospace Exploration Agency JAXA研究開発本部誘導・制御技術懇談会(外部評価委員) Evaluation Committee 2014/01/31-2014/03/31
日本航空宇宙学会 19th International Symposium on Space Technology and Science, Yokohama 参加登録委員会委員 Registration Committee 1993/10/-1994/09/
日本航空宇宙学会 20th International Symposium on Space Technology and Science, Gifu 参加登録委員会委員 Registration Committee 1995/10/-1996/09/
日本航空宇宙学会 21st International Symposium on Space Technology and Science, Omiya 参加登録委員会委員 Registration Committee 1997/10/-1998/09/
日本航空宇宙学会 22nd International Symposium on Space Technology and Science, Morioka 参加登録委員会委員 Registration Committee 1999/10/-2000/09/
日本航空宇宙学会 23rd International Symposium on Space Technology and Science, Matue 参加登録委員会委員 Registration Committee 2001/10/-2002/09/
日本航空宇宙学会 24th International Symposium on Space Technology and Science, Miyazaki 参加登録委員会委員, プログラム委員会 Registration & Program Committee 2003/10/-2004/09/
日本航空宇宙学会 25th International Symposium on Space Technology and Science, Kanazawa 参加登録委員会委員 Registration Committee 2005/07/-2006/09/
日本航空宇宙学会 26th International Symposium on Space Technology and Science, Hamamatsu 運営委員会委員 General Committee 2007/01/-2008/09/
日本航空宇宙学会 27th International Symposium on Space Technology and Science, Tsukuba 運営委員会委員、プログラム委員会 General & Program Committee 2008/06/-2009/09/
日本航空宇宙学会 28th International Symposium on Space Technology and Science, Okinawa 運営委員会委員 General Committee 2010/03/-2011/07/
IS-GNSS (International Symposium on GPS/GNSS) Miyako Messe Conference Hall, Kyoto 委員長 Chair 2015/11/16-2015/11/19
Optics and Photonics International Congress 2016, Specialized International Conference: Laser Solutions for Space and the Earth Yokohama 国際アドバイザリーボード International Advisory Board 2016/05/18-2016/05/20
宇宙航空研究開発機構 JAXA: Japan Aerospace Exploration Agency 宇宙工学委員会 委員 Space Engineering Committee Member 2015/04/01-2017/03/31

  • <<
  • >>
Academic organizations (editor, editing team)
Organization name(Japanese) Organization name(English) Journal name(Japanese) Journal name(English) Title Period
日本航空宇宙学会 JSASS: The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences 日本航空宇宙学会誌 Magazine of The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences 第40-41期会誌編集委員会委員 2008/04/01-2010/03/31
日本航空宇宙学会 JSASS: The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences 日本航空宇宙学会論文集 Transactions of The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences 第40-41期論文集編集委員会 委員 2008/04/01-2010/03/31
日本学術会議 SCJ: Science Council of Japan Theoretical and Applied Mechanics Japan, Vol. 59, 59th Japan National Congress for Theoretical and Applied Mechanics, National Committee for IUTAM Editorial Committee Member 2010-2010
日本機械学会 JSME: The Japan Society of Mechanical Engineers Journal of Space Engineering 第88期編修委員 2010/04/01-2014/03/31
日本航空宇宙学会 JSASS: The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences 日本航空宇宙学会論文集 Transactions of The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences 第42期論文集編集委員会 委員 2010/04/01-2011/03/31
大学宇宙工学コンソーシアム UNISEC: University Space Engineering Consortium UNISEC Space Journal Takumi Editorial Committee Member 2011-2012
Springer(Online Project, Editor in Chief : Kai-Uwe Schrogl) Handbook of Space Security Member of the Editorial Board 2012-2013
日本機械学会論文集 JSME: The Japan Society of Mechanical Engineers Transactions of the JSME, Mechanical Engineering Journal, Mechanical Engineering Letters, Space Engineering Associate Editor 2014/04/01-2018/03/31
Conference administrator
Organization name Group name Title Period
JAXA/ISAS宇宙理学委員会・宇宙工学委員会・宇宙環境利用科学委員会 第14回宇宙科学シンポジウム 宇宙工学委員長 2014/01/09-2014/01/09
JAXA/ISAS宇宙理学委員会・宇宙工学委員会・宇宙環境利用委員会共催 宇宙科学ロードマップと各分野の将来計画」シンポジウム@東京大学本郷キャンパス 宇宙工学委員長 2014/05/08-2014/05/08
JAXA/ISAS宇宙理学委員会・宇宙工学委員会・宇宙環境利用委員会共催 第15回宇宙科学シンポジウム 宇宙工学委員長 2015/01/06-2015/01/07
Other activities (invited lecture)
Meeting Title Date
相模原市民公開講座 火星に探査機を送る~ロケットと人工衛星の軌道計画~ 1998/09/12
宇宙科学研究所・第90回月例講演会 月惑星探査の軌道設計を楽しむ 1999/09/
江東区地域振興会・コミュニテイカレッジ 宇宙に探査機を送る 1999/10/
宇宙科学研究所・宇宙学校@桑名 将来の惑星探査計画 1999/12/
宇宙科学研究所・宇宙学校@徳島 どうやって火星に探査機を送る? 2001/11/
国立大洲青年の家(愛媛県大洲市)30周年記念講演会 太陽系の惑星を探検しよう! 2004/10/
京都大学宇治キャンパス公開2007講演会 人類が生存する宇宙圏の2050年の姿を予想する 2007/10/20
京都大学総合博物館第23回公開講座 月惑星探査の極意〜軌道工学の世界〜 2008/05/31
京都大学理学研究科附属花山天文台一般公開2008 宇宙望遠鏡の打ち上げ方・飛ばし方 2008/10/11
京都大学宇治キャンパス公開2008講演会 宇宙総合学研究ユニット~京都大学の新しい宇宙への窓口~ 2008/10/18
日本機械学会 宇宙工学部門 宇宙工学講座セミナー, 大阪府立大学. 太陽系探査のための軌道工学 2008/12/
NPO科学カフェ京都, 京都市市民活動総合センター 月や火星にはどうやったら行けるの 2009/03/21
Kansai Space Explorers (KSE)主催講演会 太陽系探査の方法 2009/05/16
横浜国立大学船舶海洋航空宇宙工学80年記念事業記念講演会、横浜開港記念館 チオルコフスキーの夢の実現:太陽系探査の来し方行く末 2009/05/23
宇宙を楽しむ市民シンポジウム,主催:宇宙科学技術連合講演会,京都市教育委員会,京都大学宇宙総合学研究ユニット,宇宙航空研究開発機構 小惑星探査機「はやぶさ」の物語 2009/09/13
京都大学第58回サロントーク 宇宙機の軌道設計の極意 2010/04/13
横浜西ロータリークラブ 「はやぶさ」の7年間の宇宙の旅 2010/08/25
国際宇宙ステーション長期滞在ミッション報告会、主催:JAXA,共催:京都大学宇宙総合学研究ユニット、後援:宇宙開発戦略本部、外務省、文部科学省 トークショー:宇宙で生きる ~人類の宇宙進出、生存圏及び生活圏の拡大~ 2010/09/15
はやぶさトークショー、主催:和歌山大学 はやぶさと見た夢~関西からはやぶさとその未来を考える~ 2010/09/20
第4回宇宙ユニットシンポジウム「人類はなぜ宇宙へいくのか~宇宙生存学の課題~」、主催:京都大学宇宙総合学研究ユニット、共催:JAXA宇宙科学研究所、後援:京都精華大学、京都大学 パネルディスカッション:宇宙開発の工学的課題 2011/03/06
京都大学市民講座 「はやぶさ」とそれに続くもの:日本の宇宙政策の現状と将来 2011/03/06
芦屋市民センター公開講座「世界はニュースだけではわからない」、兵庫県芦屋市 今後の宇宙開発 2011/09/17
財団法人京都SKYセンター、京都府京都市 はやぶさ探査機とそれに続くもの 2011/10/04
阪神シニアカレッジ、兵庫県宝塚市 はやぶさ探査機とそれに続くもの 2011/11/07
阪神シニアカレッジ, 宝塚市, 兵庫県 日本の宇宙開発計画と世界の宇宙産業 2012/06/13
企画展「未知への挑戦を見つめて~宇宙開発と新聞報道」,日本新聞博物館 2009年3月15日朝刊17面,京都新聞,「宇宙にも「ごみ問題」があるの?記事展示 2012/07/14
宇宙を学びたい理学・工学分野の学生のための進学説明会, 京都大学益川記念ホール 京都大学生存圏研究所山川宏研究室の紹介 2012/08/29
第9回生存圏研究所公開講演会, 京都大学宇治おうばくプラザきはだホール 新しい宇宙ミッション、そして、未来の人工衛星の可能性を考える 2012/10/21
学生宇宙団体Noti’s Project「宇宙旅行イベント」 宇宙旅行について 2013/03/09
日本航空宇宙学会第44回年会講演会 新しい宇宙基本計画 2013/04/19
阪神シニアカレッジ, 宝塚市, 兵庫県 日本の宇宙戦略~水星探査から地球観測まで~ 2013/06/07
NHK文化センター講座、阪急梅田ビル 太陽系探査~ロケットと人工衛星の飛ばし方~ 2013/06/09
東京大学航空宇宙会 パネル「躍動する日本の宇宙政策」 2013/06/29
朝日カルチャーセンター, 朝日JTB交流文化塾, 梅田, 大阪 日本のロケット力~宇宙が日本を元気にする~ 2013/09/07
京都大学「京都の知」講演会 @京都大学東京オフィス 「ロケット・人工衛星・探査機の飛行計画の極意」 2013/12/04
第14回宇宙科学シンポジウム @相模原 「宇宙科学・探査ロードマップをどのように実現していくか」「次期宇宙科学・探査プログラム計画はどうあるべきか」 2014/01/09
第5回京都大学宇宙ユニットシンポジウム 「日本のロケットの近未来」, 100周年時計台記念館,京都大学 2014/02/02
並木グループ講演会、京都、ホテルオオクラ京都 「宇宙が日本を元気に」 2013/07/08
阪神シニアカレッジ,宝塚市,兵庫県 「日本の宇宙戦略~科学衛星から生活に役立つ衛星まで~」 2014/06/05
京都大学宇治キャンパス公開2014特別講演会, 宇治市, 京都府 「これからどうする~人工衛星に接近する宇宙ごみと地球に接近する小惑星~」 2014/10/25
京都大学洛友会東京支部講演会, 学士会館,東京 「宇宙工学と宇宙政策の世界~探検する宇宙、危機あふれる宇宙、生活に密着した宇宙~」 2014/11/06
大阪京大クラブ講演会, 中央電気倶楽部,大阪 「日本の宇宙開発・宇宙政策はこれからどうなるのか?」 2014/11/10
京都府防衛協会青年部会平安塾講演会、京都烏丸ホテル 「宇宙と安全保障」 2014/12/03
UNISECワークショップ2014, 特別講演, 大阪府立大学中百舌鳥キャンパス 「UNISEC学生に求めること」 2014/12/06
関西東大会講演, ホテルグランビア大阪 「宇宙工学と宇宙政策の世界」 2015/02/08
京都市生涯学習総合センター(京都アスニー)講演 「宇宙開発の未来 ~日本のロケットと人工衛星のこれから~」 2015/03/14
朝日カルチャーセンター講演朝日JTB・交流文化塾 中之島教室 「日本の宇宙開発 これまでとこれから」 2015/03/28
バウワウの会(放送業界)、中央電気倶楽部、大阪 「日本の宇宙開発~「これまで」と「これから」~」 2015/04/17
京都大学品川セミナー @京都大学東京オフィス 「日本の宇宙開発と京都大学での取り組み」 2015/04/03
公益財団法人兵庫県生きがい創造協会主催、阪神シニアカレッジ宝塚「ソリオ2」 「日本の宇宙戦略~惑星探査機から生活に役立つ人工衛星まで~」 2015/06/01
招待講演:日本航空宇宙学会関西支部ライト祭特別講演会 宇宙由来危機への対応~宇宙工学と宇宙政策の世界~ 2015/12/19
招待講演:第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2015 Nagoya) スペースデブリの現状と対策~観測・軌道・低減~ 2015/12/15
招待講演:池田成臣、福島健、山川宏、スペースデブリ脱軌道のためのLaser Nudging技術に関するシンポジウム, 名古屋大学 京都大学におけるデブリ除去に関する研究 2016/02/19
招待講演:三菱電機鎌倉製作所社内講演会 宇宙工学と宇宙政策の世界を見る 2016/03/07
招待講演:野村證券セミナー 最新の宇宙政策と事業機会創出等について 2016/03/08
招待講演:パワーエレクトロニクスの産業分野への適用ロードマップ等に関する検討」産業分野有識者委員会(NEDO調査事業) 宇宙開発の動向と宇宙機器の課題 2016/03/10
公益財団法人兵庫県生きがい創造協会主催、阪神シニアカレッジ 日本の宇宙戦略~惑星探査機から生活に役立つ人工衛星まで~ 2016/06/22
広島京大会主催・京都大学共催 市民公開講演会 日本の宇宙開発~生活に密着した宇宙から太陽系探査まで~ 2016/11/24

  • <<
  • >>
Other activities (publications of introductry books)
Authors Title Publisher Date
山川宏、共著 京の宇宙学〜千年の伝統と京都大学が拓く探査の未来〜, 第9章4節, 高速惑星間航行を実現する世界初の磁気セイルを目指して 京都大学総合博物館「京の宇宙学」企画展示実行委員会編 2008/04/
松本紘編著、山川宏 「京の宇宙学」、第3章:宇宙望遠鏡の打ち上げ方・飛ばし方, pp. 87-118 ナノオプト・メデイア,発売:近代科学社(DVD付き). 2009/07/08
山川宏 宇宙探査機はるかなる旅路へ~宇宙ミッションをいかに実現するか~ 化学同人 2013/06/03
Other activities (awards)
Award name Organization name Date
入選:ISASビデオ「のぞみと惑星探査」 第10回TEPIAハイテク・ビデオ・コンクール 2000/03/
感謝状:国際共同BepiColombo水星探査計画ビデオ展示 日本科学未来館・科学技術振興事業団 2001/11/
JAXA理事長賞:JAXA長期ビジョン作業チームとして共同受賞 宇宙航空研究開発機構 2005/04/
Other activities (primary and secondary education)
Title Activity School Prefecture Date
大学講義 集中講義「惑星探査計画」 慶應義塾大学 理工学部 機械工学科 東京都 2002/06/
大学院講義 ミッションデザイン工学特論(上杉邦憲教授とリレー講義) 総合研究大学院大学 神奈川県相模原市 2003/04/
大学講義 特別講義: 宇宙を探る~惑星探査計画(衛星)~, 宇宙に行く~宇宙輸送(ロケット)~ 成蹊大学 東京都 2003/11/
中学校授業 京都大学ジュニアキャンパス2007「中学生向けゼミ」:宇宙工学に関する授業:〜地球から太陽系の果てまでを探査しよう〜 京都近郊の中学校 京都府等 2007/09/29
大学院講義 集中講義: 宇宙輸送システム概論 名古屋大学大学院 工学研究科 愛知県 2007/10/
大学講義 宇宙航行〜宇宙機の軌道計画と力学〜 京都大学 全学共通科目、新入生向け少人数セミナー(ポケットゼミ) 2008-2010 京都府京都市 2008
高校授業 スーパーサイエンス講義:月惑星探査の極意~宇宙工学と軌道工学~ 私立西大和学園 奈良県 2008/06/14
専門学校授業 授業:「宇宙開発概論」 東京テクノロジーコミュニケーション専門学校 東京都 2008/09/06
中学校授業 京都大学ジュニアキャンパス2008「中学生向けゼミ」:〜私達の地球、そして、太陽系を探査する方法〜 京都近郊の中学校 京都府等 2008/09/20
大学セミナー 宇宙機の軌道ダイナミクスと最適化 慶應義塾大学 理工学部 物理情報工学科 足立修一教授研究室 東京都 2009/06/
大学セミナー 磁気セイルの研究開発の現状 慶應義塾大学 理工学部 機械工学科 松尾 亜紀子教授研究室 東京都 2009/06/
高校授業 授業:宇宙工学 ~ロケットと人工衛星~ 兵庫県立明石北高等学校1年生理数系クラス 兵庫県 2009/08/04
小学校授業 宇宙開発に関する授業:京都新聞「ソフィアがやってきた」企画 京都市立醒泉小学校 京都府 2010/01/31
高校授業 宇宙総合学研究ユニット見学・講演 広島県立国泰寺高校 広島県 2010/06/29
小学校授業 授業:「はやぶさ」の7年間の宇宙の旅 横浜市立都筑小学校 神奈川県 2010/07/14
大学院講義 宇宙開発と公共政策 東京大学 公共政策大学院 東京都 2010/10/18
大学院講義 宇宙開発と公共政策 東京大学 公共政策大学院 東京都 2011/10/03
高校授業 講演「日本の宇宙開発」、子どもの知的好奇心をくすぐる体験事業(出前授業)、京都大学と京都府教育委員会の連携事業 京都府立莵道高校 京都府 2011/11/26
高校授業 夢ナビライブ国公立・私立大学合同進学ガイダンス「新しい宇宙ミッションを考え,新しいロケット・人工衛星を設計する」 全国の高校 インテックス大阪,大阪 2012/06/23
大学講義 関西経済論:日本の宇宙開発:これまでとこれから 大阪府立大学 大阪府 2012/07/05
高校授業 白熱宇宙道場、日本宇宙少年団主催,米国大使館共催,JAXA後援,挨拶 全国の高校生 京都大学百周年記念時計台記念館 2012/07/21
高校授業 日本の社会のしくみを考える、「日本と世界の宇宙開発の潮流」 私立栄光学園高等学校 神奈川県、鎌倉市 2012/11/28
中学授業 宇宙工学と宇宙政策 @京都大学博物館 私立栄光学園中学校 神奈川県、鎌倉市 2013/02/09
高校授業 京都大学と京都府教育委員会の連携事業「宇宙機の飛行計画の技」,子どもの知的好奇心をくすぐる体験事業(出前授業) 京都府立 莵道高校 京都府、宇治市 2013/02/23
高校授業 授業「宇宙工学と宇宙政策の世界に入って」 大阪府立住吉高等学校 京都大学宇治キャンパス 2013/03/05
高校授業 夢ナビライブ国公立・私立大学合同進学ガイダンス「今後の日本のロケット・人工衛星を考える」 全国の高校生 京都みやこめっせ,京都 2013/06/08
高校授業 授業「少し先のロケット」、京都府教育委員会子どもの知的好奇心をくすぐる体験授業(出前授業)京都大学と京都府教育委員会の連携事業 京都府立乙訓高等学校 京都府 2013/11/07
中学授業 授業「少し未来のロケット」.京都,京都大学宇治キャンパス 岡山県立岡山操山中学校 岡山県 2013/11/14
大学院講義 大学院「宇宙学」、宇宙学サマースクール2014、合宿形式「有人か?無人か?」 京都大学宇宙総合学研究ユニット 京都コープイン 2014/09/27
高校生向けビデオ・オンライン講義 ロケットと人工衛星の飛行力学 リクルート社「受験サプリ」 オンライン 2014/09/03
高校授業 「日本の宇宙開発の現状と京都大学での取り組み」 大阪府立住吉高等学校 京都大学宇治キャンパス 2015/03/06
高校授業 出前授業「月や惑星に行く方法」 京都府立宮津高等学校 京都府 2015/07/07
高校授業 授業「宇宙の環境と利用」 大阪府立住吉高等学校 京都大学宇治キャンパス 2016/02/29
模擬授業(高校生対象) 京都大学工学部電気電子工学科オープンキャンパス「電気電子工学x宇宙工学」 全域 全域 2016/08/10
高校授業 京都大学宇治キャンパス見学授業「日本の宇宙開発」 大阪府立三国丘高等学校 大阪府 2016/11/22

  • <<
  • >>
Other activities (magazines and newspapers)
Title Contents Media Column Date
人事:内閣官房、宇宙開発戦略本部事務局長 日本経済新聞 2010/07/20
宇宙開発戦略本部,事務局長に山川 宏氏 航空ニュース 2010/07/20
首相官邸:宇宙開発戦略本部の山川、豊田新旧事務局長 日本経済新聞 2010/07/21
首相動静:内閣官房宇宙開発戦略本部の山川、豊田新旧事務局長 朝日新聞 2010/07/21
首相の一日:山川宏、豊田正和内閣官房宇宙開発戦略本部新旧事務局長 京都新聞 2010/07/21
国土交通省前原大臣会見要旨 国土交通省ホームページ 2010/07/23
宇宙開発戦略本部事務局長に山川氏 朝日新聞 2010/07/27
宇宙行政のかじ取り役、現役教授、異例の就任 日本経済新聞 2010/08/02
泥酔論説委員の日本経済新聞の読み方 日本経済新聞 2010/08/02
探求人:宇宙開発戦略本部事務局長に就任した京大教授 朝日新聞 2010/08/03
予算で頭いっぱい、宇宙開発戦略本部山川事務局長就任 朝日新聞 2010/08/03
ひと:宇宙開発戦略本部の事務局長に就いた京大教授 毎日新聞 2010/08/04
この人:宇宙開発戦略本部事務局長就任の京大教授 東京新聞 2010/08/06
いきなりの試練、山川さん 日刊工業新聞 2010/08/06
宇宙開発戦略本部の事務局長に山川宏氏、今年は宇宙に追い風「予算削減避けたい」 科学新聞 2010/08/06
顔:宇宙開発戦略本部の事務局長に就任した京都大学教授 読売新聞 2010/08/17
政府本部事務局長が宇宙センター視察・種子島 南日本新聞 2010/08/20
「すごいぞ日本の宇宙開発」秋本裕子、松浦晋也、西川拓、羽生哲也 エコノミスト, 2010.8.24.号、pp. 90-101. 2010/08/24
京大教授が就任で波紋、宇宙開発戦略本部事務局長 エルネオス、2010年9月号, p. 12 2010/09/
「みちびき」打ち上げ成功、新サービス様々な実験、2機目の追い風に 日本経済新聞 2010/09/12
首相動静、宇宙開発戦略本部の山川事務局長 朝日新聞 2010/10/07
首相官邸、山川宇宙開発戦略本部事務局長 日本経済新聞 2010/10/07
日本の宇宙開発(約1時間) BSフジ LIVE PRIME NEWS(プライムニュース) 2010/11/02
日本は宇宙計画に対する積極的な投資を指向 JGPSC(衛星測位システム協議会)ニューズレター, Vol. 153 2010/11/16
近年の宇宙開発の実績は過去の努力の賜物~将来の成果は今にかかる 日本の論点2011、文芸春秋編、松浦晋也、pp. 528-531 2010/11/25
「近年の宇宙開発の実績は過去の努力の賜物~将来の成果は今にかかる」,松浦晋也,pp. 528-531. 日本の論点2011,文芸春秋編 2010/11/25
準天頂衛星どう活用 日本経済新聞 2010/12/06
20日に宇宙・航空機産業セミナー 産経新聞 2010/12/18
“宇宙基本計画、”施策絞込みへ”(一部映像) NHKニュース 2010/12/20
トップに聞く:日本の宇宙開発利用活性化へ、一層の実利用推進に注力、宇宙外交、技術力を強化 科学新聞 2011/01/01
2011年宇宙の旅 週刊朝日、「2011年宇宙の旅」、2011年1月11日号、pp. 30-33 2011/01/11
インタビュー:宇宙開発戦略本部・山川事務局長「体制論は夏までに決着」宇宙庁設立含め夏に中間報告、再来年度概算要求へ盛り込みも 航空新聞社WING DAILY Headline News, 第2295号 2011/01/18
こうのとり打上げ成功 NHKニュース 2011/01/22
H2B打上げには成功したけど、ロケット開発ぐらつく 朝日新聞 2011/01/28
トレンド一刀両断、「第3次ブームが列島を席巻、宇宙に希望を託す日本人」 日経トレンデイ、Vol. 8、pp. 84-87, 日経BP社 2011/02/
特集「これからの宇宙科学技術」 科学新聞 2011/02/11
「宇宙庁」の設置を提言へ(一部映像) NHKニュース 2011/07/01
日本版GPS 7機目指す(一部映像) NHKニュース 2011/09/30
第179回国会 科学技術・イノベ-ション推進特別委員会議事録、政府参考人国会答弁 国会衆議院 2011/10/25
予算編成に関する政府・与党会議公開ヒアリング USTREAM 2011/11/16
実用準天頂衛星システムに関する再質問主意書 国会衆議院 2011/12/01
宇宙開発体制(一部映像) NHKニュース 2012/01/14
宇宙政策 内閣府に一元化へ(一部映像) NHKニュース 2012/02/06
政府参考人(山川宏宇宙開発戦略本部事務局長)内閣府設置法等の一部を改正する法律案 国会参議院 2012/06/14
宇宙政策委員に山崎直子さんら7人 読売新聞 2012/07/20
宇宙政策委員に飛行士・山崎さんら 日本経済新聞 2012/07/20
宇宙政策委:山崎直子さんら7人 毎日新聞 2012/07/20
新設の宇宙政策委員にJR東海会長ら7人 朝日新聞 2012/07/20
古川内閣府特命担当大臣記者会見要旨 内閣府 2012/07/20
新たな宇宙基本計画に向けた課題で説明聞く~宇宙開発利用推進委員会企画部会・宇宙利用部会合同会合~ 週刊経団連タイムス、第3102号、3面 2012/09/27
(上)国産衛星 官製市場に限界 企業の活力生かせるか  日本経済新聞 2013/01/31
宇宙政策委・部会、次期基幹ロケット「H3(仮称)」開発に着手 日刊工業新聞 2013/05/14
宇宙政策委、後継ロケット開発を 大分合同新聞社等(複数社から配信) 2013/05/14
宇宙政策委、後継ロケット開発を、部会長が強く後押し 新聞各社(共同通信による配信) 2013/05/14
山本大臣内閣府特命担当大臣記者会見 新型基幹ロケット 内閣府ホームページ 2013/05/14
山本大臣内閣府特命担当大臣記者会見 内閣府ホームページ 2013/05/14
次世代基幹ロケット H3開発へ NHKニュース 2013/05/17
次期H3ロケット民間主導=設計・開発段階から、宇宙政策委-予算、内閣府? 時事通信 2013/05/17
H2Aロケット後継機開発 政府 20年度に打ち上げ計画 SankeiBiz(産経ビジネス) 2013/05/17
H3ロケット開発へ 32年度打ち上げ 三菱重主体で 産経ニュース 2013/05/17
H2A ロケットの後継機「H3」開発へ 予算配分は不十分 The Liberty Web 2013/05/18
次期H3ロケット民間主導=設計・開発段階から、宇宙政策委—予算、内閣府? The Wall Street Journal 2013/05/18
日本の宇宙開発・利用~新体制が動き出した」関係者の証言その1:山川宏氏(京都大学教授、宇宙政策委員会委員) 日経ビジネスオンライン 2013/05/28
「民間力で格安ロケット 宇宙政策委,「H3」の開発を決定 JAXA任せ転換へ」 朝日新聞 2013/05/29
「BUSINESS/民間力で格安ロケット 宇宙政策委、「H3」の開発を決定 JAXA任せ転換へ」 朝日新聞 2013/05/29
BUSINESS/民間力で格安ロケット 宇宙政策委、「H3」の開発を決定 JAXA任せ転換へ 朝日新聞 2013/05/29
「「H3」ロケット開発にゴーサイン 官民の役割分担に課題」 日本経済新聞 2013/06/03
ニュース塾「新型ロケットの開発決まる~安くて性能もいいもの目指して~」 京都新聞(朝刊・日曜版) 2013/06/23
イプシロン打ち上げ中止 JAXA会見「想定外のことが…」 産経新聞(朝刊3面,及び,Web産経ニュース) 2013/08/28
「日本の宇宙戦略とは?新型ロケット・イプシロンが拓く未来」 河井克行氏(衆議院議員・衆議院外務委員長),山川宏氏(内閣府宇宙政策委員会委員),司会:反町理(フジテレビ政治部編集委員兼解説委員),八木亜希子(フリーアナウンサー) BSフジLIVE「PRIME NEWS(プライムニュース)」 生放送20:00-22:00 2013/09/17
「安全保障と商用、両立は H3ロケットの開発、来年度スタート」 朝日新聞 2013/09/26
「H3ロケットの開発スタート 安全保障と商用、両立は」 朝日新聞 2013/09/26
「夢の扉+ イプシロン感動!打上げ舞台裏」 森田プロジェクトマネジャーのドキュメンタリー TBSテレビ(京都ではMBSテレビ) 18:30-19:00 2013/09/29
「編集委員が迫る:宇宙ステーション 山川宏氏」 見出し:投資8000億円 成果は不十分,輸送技術は優れる,米国の本音,衛星・ロケット 実用に重点,災害監視を急げ 読売新聞 朝刊(15面) 2013/11/30
「再使用ロケット」開発提言~宇宙政策委部会が長期ビジョン素案~ 科学新聞 2面 2014/01/01
「はやぶさ2:6年間の長旅へ 12月出発」 産経新聞、および、産経ニュース 2014/01/13
新型ロケットに求められるもの~日本を元気にするために~ 朝日小学生新聞 3面 2014/02/26
宇宙政策委が2部会開催、~輸送 長期ビジョン検討、探査 来年度予算に異論~ 科学新聞 2面 2014/02/28
H2Aロケット後継機 1900億円かけ開発 Fuji Sankei Business-i 2013/05/17
京都工業会講演会 京都工業会ニュース、No. 374 2013/05/23
教えて!日本の新型ロケット~宇宙開発にかかわる3人に聞く~ 朝日新聞デジタル 2014/07/29
「ISS計画の継続は国民が納得する形に ~文科省部会が中間とりまとめ受け意見~」 科学新聞, 2面 2014/08/01
「今後の宇宙政策の課題について説明聞く~2014年度宇宙開発利用推進委員会総会~」 経団連タイムス、第3188号 2014/08/07
宇宙政策」安全保障にも深く関与を~委員会設置2年で意見表明、看板かけ完了、委員は再任~ 科学新聞, 3498号、4面 2014/08/08
宇宙政策委 基本政策部会~人工衛星などを活用、海洋の監視体制強化を~ NHKニュース 2014/08/20
革新・科学分野でも日露が協力 ロシアNOW(オンライン) 2014/09/18
日露フォーラム分科会 ロシアNOW(オンライン) 2014/09/29
文化の発信力(科学技術) ロシアNOW(紙面2面) 2014/09/30
日本・ロシアフォーラム:/下 東京五輪、ソチに学ぼう 毎日新聞 2014/10/05
宇宙基本計画の工程表案、衛星「10年で最大45基」、人材育成・民間参加に課題 日本経済新聞(朝刊16面) 2014/12/02
JAXA:ロケット、通年打ち上げへ、国と漁業団体が合意 毎日新聞 朝刊29面 2010/07/30
H3ロケット開発へ H2A後継 三菱重主導で費用半減 中日新聞 朝刊1面 2013/05/18
「より安く」宇宙へ、新ロケット開発決定、打ち上げ市場参入狙い 読売新聞 朝刊3面 2013/06/08
「宇宙基本計画の工程表案、衛星「10年で最大45基」」 日経速報ニュースアーカイブ 2014/12/01
新しい宇宙基本計画決定、「イプシロン」将来像示せず、高コスト・製造停滞の恐れ 日本経済新聞 朝刊 2015/01/15
米国マンスフィールド財団宇宙フォーラム会合 前原誠司衆議院議員ホームページ 活動写真館 2015/04/20
「宇宙利用転機の日本:ISS見えぬ成果:年間係費400億~350億円:運用終了後見据える主要国」 読売新聞 朝刊3面 2015/04/25
「内閣府宇宙政策委員会3部会~自動運転での負担増はわずか・システム機能低下対応策重要・求められる衛星迅速打ち上げ~」 科学新聞 2面 2015/06/05
「内閣府宇宙政策委が相次ぎ部会~衛星データ利用拡大も検討・企業もロケット打ち上げを・衛星寿命延長は運用で対応~」 科学新聞 2面 2015/06/12
ISS新利用形態模索、アジアとの連携強化を、内閣府宇宙政策委が見解 科学新聞 2面 2015/09/11
岐路に立つ宇宙戦略(上)有人開発、中国台頭に危機感 ISSで途上国と連携 日本経済新聞 朝刊12面 2015/09/28
基本計画工程表改定へ論点提出~内閣府宇宙政策委員が会合~ 科学新聞 第3554号. 2面 2015/10/09
ISS参加24年まで延長、「日米協調」前面決着図る 読売新聞 朝刊11面 2015/12/26
2010年以降の日本の宇宙政策 経団連宇宙委員会2016年度「会報宇宙」 2016/03/31
松本政務官: 写真で見る動き「日米宇宙フォーラムメンバーとの会談」 内閣府ホームページ 2015/04/21
宇宙政策委員会科学基盤部会が会合 科学新聞 2面 2016/04/22
宇宙産業ビジョン ~今年度末の完成目指す~ 科学新聞 2面 2016/07/08
「重点施策、着実に実行」−宇宙開発戦略本部の山川事務局長が初会見 日刊工業新聞 2010/07/30
東京都、10月に国際航空宇宙産業展 日刊工業新聞 2011/08/26
政府の宇宙政策委、委員に山崎さんら7人−事務局長にJAXAの川口氏 日刊工業新聞 2012/07/24
「宇宙政策委・部会,次期基幹ロケット「H3(仮称)」開発に着手」、「宇宙政策委・部会、次期基幹ロケット開発へ」 日刊工業新聞 2013/05/14
経営ひと言/内閣府宇宙政策委員の山川宏さん「1000億円上積みを!」 日刊工業新聞 2014/02/11

  • <<
  • >>
Other activities (public organizations)
Committee(Japanese) Committee(English) Title Organization name Period
「ミールの軌道離脱計画に関する検討チーム」ロシアツープ運用センター派遣チーム Russian Mir Space Station Operation Study Team チームメンバー 文部科学省 2001/01/-2001/02/
産業構造審議会(産業構造審議会航空機宇宙産業分科会宇宙産業委員会) Space Industry Committee of METI 臨時委員 経済産業省 2005/01/-2005/03/
宇宙開発戦略本部, 今後の宇宙政策の在り方に関する有識者会議 Space Policy Committee of Strategic Headquarters for Space Policy 委員 内閣官房 2010/02/-2010/04/
宇宙開発委員会 国際宇宙ステーション部会 International Space Station Committee of Space Activity Commission 特別委員 文部科学省 2010/04/-2010/06/
宇宙開発戦略本部事務局 Secretariat of Strategic Headquarters for Space Policy 事務局長 内閣官房 2010/07/20-2012/07/31
宇宙政策予算等準備室 Preparatory Office of Space Policy Budget 室長 内閣府 2011/11/27-2012/07/11
宇宙政策委員会 Committee of National Space Policy 委員 内閣府 2012/07/31-
独立行政法人評価委員会 Evaluation Committee of Independent Administrative Agency 臨時委員、宇宙航空研究開発機構分科会長代理 内閣府 2012/09/27-2014/09/27
宇宙政策委員会 宇宙輸送システム部会 Space Transportation System Committee of Committee of National Space Policy 部会長 内閣府 2013/02/26-2015/02/26
宇宙政策委員会 宇宙産業部会 Space Industry Committee of Committee of National Space Policy 委員 内閣府 2013/02/26-2015/02/26
宇宙政策委員会 宇宙科学・探査部会 Space Science and Exploration Committee of Committee of National Space Policy 委員 内閣府 2013/02/26-2015/02/26
宇宙政策委員会 基本政策部会 Basic Policy Subcommittee of Committee of National Space Policy 部会長代理 内閣府 2014/07/18-2015/02/26
宇宙政策委員会 宇宙産業・科学技術基盤部会 Subocommitttee on Space Industry, Science, and Technology 部会長 内閣府 2015/02/26-
宇宙政策委員会 宇宙安全保障部会 Subcommittee on Space Security 委員 内閣府 2015/02/26-
宇宙政策委員会 宇宙民生利用部会 Subcommittee on Space Civil Use 委員 内閣府 2015/02/26-
宇宙政策委員会 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構分科会 Subocommitttee on JAXA 委員長 内閣府 2015/04/14-
宇宙政策委員会 宇宙産業振興小委員会 Subcommittee on Space Industry Promotion, Committee on National Space Policy 委員長代理 内閣府 2016/06/-
宇宙開発利用部会 調査・安全小委員会 Subcommittee on Investigation and Safety 委員長 文部科学省 2017/03/-
宇宙政策委員会 宇宙活動法技術基準小委員会 Subcommittee on Space Activity Law 委員長 内閣府 2017/04/-

  • <<
  • >>
Other activities (private companies, NPOs etc)
Company name Activity Period
大学宇宙工学コンソーシアム(UNISEC) 理事 2010/09/21-2016/03/31
関西宇宙イニシアチブ(KaSpI) 理事 -
Other activities (other)
Activity Misc Period
講演:NPO法人関西宇宙イニシアテイブ(KaSpI)講演会、大阪 宇宙政策に関する有識者会議の役割と今後の動向 2010/05/15-
講演:宇宙開発フォーラム2010、東京 パネルディスカッション「日本の宇宙産業の成長と発展について」 2010/09/19-
報告:日本ロケット協会、ロケットニュース、2010年9月号 7月20日以降の生活 2010/09/-
報告:日本機械学会、宇宙工学部門ニュースレター、No.25、2011年2月号 思考の切り替え 2011/02/-
報告:日本航空宇宙工業会会報「航空と宇宙」、2011年1月号 年頭の辞 2011/01/-
報告:“日本の宇宙開発は一流か?②,フォーラム新・地球学の世紀34,ウエッジ(WEDGE), pp. 68-69, 2011年8月号 地球圏・生存圏における宇宙開発 2011/08/-
報告:SPAC(Satellite Positioning Research and Applocation Center)ニューズレター、No. 6, 2011年1月. 実用準天頂衛星事業の推進について 2011/01/-
報告:日本航空宇宙工業会会報「航空と宇宙」、2012年1月号 年頭の辞 2012/01/-
基調講演:宇宙開発利用の持続的発展のための宇宙状況認識に関する国際シンポジウム、品川 (International Symposium on Sustainable Space Development and Utilization for Humankind: Orbital Space Debris – Challenges and Opportunities) 日本の宇宙政策の現状:持続的な宇宙開発利用(Japanese Space Policy Coordination and Implementation, and Sustainable Space Development) 2012/03/01-2012/03/02
招待講演:SPACシンポジウム2011、東京 我が国の測位システムの状況について 2011/12/08-
招待講演:JPI日本計画研究所主催第11436回JPI特別セミナー、東京 日本の宇宙政策の現状・課題と今後の重点政策 2011/12/02-
招待講演:宇宙政策振興の会、東京 平成24年度宇宙関連予算について 2011/12/02-
招待講演:日本宇宙フォーラムセミナー、東京 日本の宇宙政策の現状 2011/11/11-
ラウンドテーブル:宇宙ガバナンス公開ワークショップ(東京大学公共政策大学院)、東京大学 有人宇宙活動の歴史と今後の展望 2011/11/08-
基調講演:東京国際航空宇宙産業展、東京 日本における宇宙開発の戦略 2011/10/26-
招待講演:外務省サイエンスカフェ、外務省 宇宙科学・宇宙技術、そして、宇宙政策の最近の動向 2011/09/14-
招待講演:スペースポートシンポジウム、神戸大学 宇宙政策の現状 2011/06/12-
招待講演:フォーラム「新・地球学の世紀」、東京 地球圏における宇宙開発利用:その技術的・政策的課題 2011/06/08-
基調講演:日本材料学会 第60期総会・講演会、災害救援軽量航空機開発に関する国内総合シンポジウム、大阪大学 我国の宇宙政策と最近の動向 2011/05/24-
招待講演:NEC講演会、東京 宇宙政策の動向と期待 2011/05/20-
招待講演:宇宙政策振興の会、東京 我が国の測位衛星(準天頂衛星)システムの検討状況 2011/05/16-
ラウンドテーブル:宇宙政策とガバナンスワークショップ(東京大学公共政策大学院科学技術と公共政策ユニット) 各国の最新状況 2011/03/12-
挨拶:GEO Grid成果報告会、産業技術総合研究所主催, 秋葉原 挨拶 2011/03/08-
挨拶:九州工業大学超小型衛星センター開所式、福岡 挨拶 2011/01/18-
招待講演:宇宙就活2010、大阪 宇宙産業と宇宙政策の現状について 2011/01/16-
招待講演:日本銀行セミナー、東京 宇宙プロジェクトの危機管理、そして、日本の宇宙政策の現状 2011/01/14-
招待講演:東大阪宇宙開発共同組合(SOHLA)講演会、大阪 日本の宇宙産業の現状と将来について 2010/12/20-
招待講演:近畿産業技術クラスター共同組合講演会、大阪 日本の宇宙政策の現状 ~ロボットと非ロボット~ 2010/12/20-
招待講演:JPI日本計画研究所主催第11038回JPI特別セミナー、東京. 日本の宇宙政策の現状・課題と今後の重点政策 2010/12/13-
招待講演:第4回有人宇宙旅行シンポジウム、東京 宇宙旅行に対する私見と日本の宇宙政策の現状 2010/12/11-
招待講演:世界平和研究所セミナー、東京 日本の宇宙開発政策の課題と今後の方向性 2010/11/25-
招待講演:第23回マイクロエレクトロニクスワークショップ、筑波 わが国の宇宙開発利用戦略と重点施策 2010/11/10-
挨拶:「おおすみ」40周年記念シンポジウム、東京 挨拶 2010/10/29-
招待講演:第13回宇宙太陽発電所シンポジウム、東京 日本の宇宙政策の現状 2010/10/28-
招待講演:日本宇宙フォーラムセミナー、東京 宇宙分野の重点施策について 2010/10/22-
招待講演:日本ロケット協会講演会、東京大学 我が国の宇宙開発利用戦略~有識者会議の役割~ 2010/06/10-
招待講演:AES/JSF講演会、日本宇宙フォーラム 宇宙政策に関する有識者会議の役割と今後の動向 2010/06/09-
講演:民主党宇宙政策推進議員連盟、内閣府 ポスト2020年を意識した2016-2020年のISS計画について 2010/06/03-
招待講演:NPO関西宇宙イニシアテイブ講演会、大阪府立大学 宇宙政策に関する有識者会議の役割と今後の動向 2010/05/15-
議長:6th Meeting of the International Committee on Global Navigation Satellite Systems (ICG6), GoJ and UN (Tokyo) Chair 2011/09/05-2011/09/11
編集委員:Handbook of Space Security - Policies,Applications, Programs and Technologies, Springer Publication Editorial Advisory Board 2011-2013
招待講演:UK-Japan Joint Seminar on Small Satellites, British Embassy, Tokyo Current Status of the Japanese Space Policy 2011/12/08-
ニュース記事:Space News, page 14, October 17, 2011 Japan Commits to Deploying Satellite Navigation System by 2020 2011/10/17-
ニュース記事:Defense News, page 86, October 10, 2011 Japan Aims to Build Own GPS by 2020 2011/10/10-
招待講演:Symposium on U.S.-Japan Cooperation in Space, Fukuoka, Japan, Organized by Consulate of the United States of America Current Status of the Japanese Space Policy 2011/05/16-
ニュース記事:Space News, page 11, May 2, 2011 Report Recommends Upgrading QZSS from Demo to Key System 2011/05/02-
ニュース記事:Space News, page 30, March 14, 2011 Profile, H. Yamakawa, Secretary General, Strategic Headquarters for Space Policy, Japan "Overhaul Overdue" 2011/03/14-
キーノートスピーチKeynote Speech: Global Space and Technology Conference 2011 (GSTC2011), Singapore Current Status of the Japanese Space Policy, International Space Agency Dialogue 2011/01/25-2011/01/26
キーノートスピーチKeynote Speech: APSCC (Asia-Pacific Satellite Communications Council) 2010 Satellite Conference Exhibition, Tokyo, Japan Japanese Space Policy 2010/10/05-2010/10/07
プリナリパネル:Plenary Panel Session: 61st International Astronautical Congress, Prague Impact of Government Policy Change on Industry 2010/09/28-
ニュース記事:Space News, October 4, 2010 Japan Seeks To Reorient Space Spending 2010/10/04-
パネル:学生宇宙団体”Noti’s Project”,宇宙産業シンポジウム 日本の宇宙活動@京都キャンパスプラザ 2012/06/24-
パネル:第2回内閣府宇宙政策セミナー パネルディスカッション「宇宙基本計画の検討状況」、科学技術館 2012/10/04-
ニュース記事:Space News, page 13, February 18, 2013 Japan Stays the Course on IGS under Latest Five-year Plan 2013/02/18-2013/02/18
ニュース記事:Space News, page 7, May 27, 2013 Japanese Government Recommends Developing H-IIA Successor 2013/05/27-2013/05/27
ニュース記事:Singapore Press Holdings Portal Japanese government plans to build new rocket 2013/06/10-2013/06/10
パネル:第3回内閣府宇宙政策セミナー、一橋講堂 パネルデイスカッション 2012/12/10-2012/12/10
講演:学生宇宙団体Noti’s Projectセミナー 宇宙基本計画の概要 2012/12/20-2012/12/20
パネル:日本航空宇宙学会第44回年会講演会 「新しい宇宙基本計画」パネルデイスカッション, 日本の宇宙政策体制の刷新 2013/04/19-2013/04/19
意見:外部から見た宇宙科学研究所への期待 MEF小天体探査フォーラム, 、Web掲載 2013/05/01-2013/05/01
インタビュー記事:官庁ニュース「時評」,2013年1月号,時評社 特別座談会「宇宙利用は、我が国が活力を取り戻すための起爆剤~国際市場に対し、政府の積極的なトップセールスを望む~」,京都大学教授山川宏,宇宙飛行士山崎直子,内閣府宇宙戦略室長西本淳哉,pp. 82-93. 2013/01/01-2013/01/01
講演:第13回宇宙科学シンポジウム、相模原 「外部から見た宇宙科学研究所への期待」、パネルデイスカッション「宇宙科学ミッションの創出について」」 2013/01/08-2013/01/08
招待講演:京都工業会 「宇宙が日本を元気にする」、京都工業会館、京都 2013/01/18-2013/01/18
講演:第5回有人宇宙旅行シンポジウム “民間宇宙活動を加速するための国/民間の役割について”,航空会館,新橋,東京 2013/02/26-2013/02/26
講演:宇宙惑星科学シンポジウム「第3回宇宙惑星科学の将来を語る会」 講演「宇宙政策の現状」、神戸大学惑星科学研究センター 2013/02/28-2013/02/28
招待講演:日本経済団体連合会,宇宙開発利用推進委員会、東京 新たな宇宙基本計画に向けた課題について 2012/09/30-2012/09/30
講演:国際関係研究会、防衛省防衛研究所, 目黒, 東京 日本の宇宙開発利用の現状 2012/09/14-2012/09/14
招待講演:日本計画研究所、第11842回JPI特別研究セミナー、東京 国家戦略としての宇宙政策と宇宙基本計画の見直しについて 2012/12/03-2012/12/03
講演:並木グループ講演会、京都、ホテルオオクラ京都 講演「宇宙が日本を元気に」 2013/07/08-2013/07/08
講演:関西宇宙イニシアテイブKaSpI講演会、大阪府立大学 I-siteなんば 「宇宙で日本を元気にする~日本の宇宙政策の現状~」 2013/12/17-2013/12/17
講演:日本計画研究所セミナー日本計画研究所,広尾 「H2Aロケット後継機(仮称H3)及びイプシロンロケットに関する論点の進捗と今後の取組みについて」, 2014/01/16-2014/01/16
講演:自民党 政務調査会 宇宙・海洋開発特別委員会 第2回宇宙総合戦略小委員会,自民党本部 「宇宙輸送システム部会の検討状況」 2014/02/04-2014/02/04
講義:Stardust Program (The Asteroid and Space Debris Network), Opening Training School, Invited Lectures, University of Strathclyde, Glasgow, UK Three Lectures entitled “Reaching Asteroids” “Moving Asteroids” and “Tackling Space Debris" 2013/11/18-2013/11/19
ニュース記事:Japan Daily Press Japan hoping to build successor to highly reliable H2A space rocket 2013/06/10-2130/06/10
ニュース記事:A Singapore Press Holdings Portal Japanese government plans to build new rocket 2013/06/10-2013/06/10
ニュース記事:Space News, page 10, Vol. 25, No. 2 “Japan Approves $1.9B for H-3 Rocket,” 2014/01/13-2014/01/13
招待講演,(株)技術情報センター講習会、2014年度 宇宙産業と政策・事業・技術展望、新御茶ノ水・連合会館 「我が国の宇宙政策:宇宙輸送と宇宙の安全保障利用」 2014/04/22-
招待講演:内閣府主催宇宙政策セミナー宇宙輸送システム長期ビジョンワークショップ秋葉原UDX Gallery S. 「宇宙政策委員会での宇宙輸送システムの議論全体と今後の展望」 2014/03/05-
ニュース記事:Parabolic Arc (Portal) Japan Seeks to Commercialize Space Program as ISS Effort Fizzles 2010/10/03-2010/10/03
ニュース記事:Asia-Pacific Satellite Communications Council Website APSCC 2010 Continued Its Tremendous Success in Tokyo 2010/10/05-2010/10/07
ニュース記事:Engineering & Technology Magazine, Vol. 5, Issue 16 Analysis: Space glamour moves East 2010/10/18-2010/10/18
ニュース記事:Space Alert! Global Network Against Weapons and Nuclear Power in Space Japan’s Basic Space Law 2011/09/-2011/09/
ニュース記事:The Korea Herald Japan plans to build new rocket to replace aging H2A 2013/06/10-2013/06/10
ニュース記事:Kyodo News 日, 대형로켓 ‘H3’ 개발 착수…민간에 주체 이행, ‘비용 절감’(新型基幹ロケットに関する記事) 2013/06/17-2013/06/17
ニュース記事:云浮在线www.gdyfs.com 日媒:日本公布十年宇宙计划 计划发射45颗卫星(宇宙基本計画10年で衛星45基に関する記事) 2014/12/02-2014/12/02
ニュース記事:NIKKEI Asian Review “Japan’s Epsilon Rocket Shoved Aside?” 2015/01/16-2015/01/16
ニュース記事:Space News “Japan Boosts Space Spending in Support of Security Focus” 2015/02/02-2015/02/02
招待講演:日本計画研究所 「宇宙政策委員会により新たに策定された日本の宇宙政策の柱となる「新たな宇宙基本計画」の要諦と今後の宇宙事業について」 2015/01/27-2015/01/27
講演, 航空自衛隊幹部学校講演会 「宇宙安全保障の現状」 2015/05/27-2015/05/27
ニュース記事:The Daily Yomiuri Govt Plans to Build New Rocket: To Replace Aging H2A for Intl Launch Market 2013/06/08-
ニュース記事:InsideGNSS ISGNSS and CGSIC 2015: International Symposium on Global Satellite Navigation Systems and Asia/Pacific Rim meeting of the CGSIC 2015/07/08-
報告:月刊「研究開発リーダー」 新・宇宙基本計画の概要と新たなビジネスチャンスの可能性 ~オールド・スペースからニュー・スペースへ~((第112号、2015年7月号) 2015/07/-2015/07/
報告:航空自衛隊幹部学校幹部会発行「鵬友」 2015年9月号(第41巻3号), pp.1-18.「宇宙安全保障の現状」 2015/09/-2015/09/
報告:航空自衛隊幹部学校幹部会発行「鵬友」 2015年11月号(第41巻4号), pp.1-20.「宇宙安全保障の現状」 2015/11/-2015/11/
招待講演:高精度衛星測位サービス利用促進協議会(QBIC)意見交換会:第1回QZ7カフェ 衛星測位利用推進センター(SPAC)@機械振興会館 2015/10/23-2015/10/23
招待講演:S-NET(スペース・ニューエコノミー創造ネットワーク)京都エリア準備会合 実用準天頂衛星システムの経緯と今後の利用への期待 2015/10/17-2015/10/17
セッション・チェア、および、コロキアム・スピーカー:防衛研究所主催平成27年度安全保障国際シンポジウム(The National Institute for Defense Studies, International Symposium on Security Affairs 2015, Outer Space Security: Trends and Challenges) 宇宙安全保障:諸外国の動向と日本の取組み 2015/11/30-2015/12/01
招待講演:日本計画研究所講演会, JPIカンファレンススクエア(南麻布) 宇宙政策委員会『新宇宙基本計画』の中間報告及び全体を踏まえた取り組み・事業機会の創出等について 2016/01/19-2016/01/19
基調講演:内閣府宇宙xG空間ワークショップ(つながる防災対策、スマート林業)、和歌山県民会館 宇宙インフラを活用した新産業・新サービス創出への期待 2016/02/22-2016/02/22
招待講演:内閣府主催:宇宙空間の安定的利用の確保に関する国際シンポジウム(International Symposium on Ensuring Stable Use of Outer Space), モデレータ:セッション1:宇宙空間の安定的利用に関する各国の政策(Each Country’s Policy for Ensuring Stable Use of Outer Space)、The Grand Hall,品川 わが国の新宇宙政策と宇宙の安定的開発・利用(Japan’s New Space Policy and the Sustainable Development and Utilization of Space) 2016/03/03-2016/03/03
パネルデイスカッションモデレータ:内閣府主催S-NETオープニング(ローンチ)イベント及び宇宙開発利用大賞表彰式、一橋大学一橋講堂 宇宙利用拡大がもたらす宇宙産業の将来 2016/03/22-2016/03/22
招待参加Invited Speaker: The U.S.-Japan Space Forum, Meeting 1, University of Montana, Missoula, Montana, U.S. Hosted by the Maureen and Mike Mansfield Foundation, Japan-United States Friendship Commission (JUSFC) 2014/06/27-2014/06/29
招待参加Invited Speaker: The U.S.-Japan Space Forum, Meeting 2, Keio University, Tokyo, Japan Hosted by the Maureen and Mike Mansfield Foundation, Japan-United States Friendship Commission (JUSFC) 2014/12/08-2014/12/11
招待参加Invited Speaker:: The U.S.-Japan Space Forum, Meeting 3,” Loews Madisson Hotel & Capitol Hill Visitor Center, Washington, D.C., US Hosted by the Maureen and Mike Mansfield Foundation, Japan-United States Friendship Commission (JUSFC) 2015/12/09-2015/12/11
招待参加Invited Speaker: The U.S.-Japan Space Forum, Meeting 4, Museum of Flight, Seattle, Washington, US Hosted by the Maureen and Mike Mansfield Foundation, Japan-United States Friendship Commission (JUSFC) 2016/03/13-2016/03/16
招待講演Invited Speaker: The Russia-Japan Forum 2014, World Trade Center, Moscow, Russia Hosted by Mainichi Shinbun and Rossiyskaya Gazeta 2014/09/07-2014/09/09
招待講演Invited Speaker: The US-Japan Workshop on Collaboration in Science and Technology, Stanford University, California, U.S. Hosted by Sasakawa Peace Foundation USA (SPFUSA) and Institute for Defense and Analyses (IDA) 2015/01/21-2015/01/22
委員長General Chair: IS-GNSS (International Symposium on Global Navigation Satellite Systems), Miyako-Messse, Kyoto, Japan Chairman, ISGNSS Committee 2016/11/16-2016/11/19
セッションチェアSession Chair: The National Institute for Defense Studies, International Symposium on Security Affairs 2015, "Outer Space Security: Trends and Challenges," Chinzanso Hotel, Tokyo, Japan Hosted by Ministry of Defense, Session Chair 2015/11/30-2015/12/01
招待講演Moderator & Invited Speaker: International Symposium on Ensuring Stable Use of Outer Space - Enhancing Space Security and Resiliency- , Shinagawa, Tokyo, Session 1:, Each Country’s Policy for Ensuring Stable Use of Outer Space, Speech: “Japan’s New Space Policy and the Sustainable Development and Utilization of Space.” Hosted by Cabinet Office, Session Moderator & Invited Speaker 2016/03/03-2016/03/04
招待講演Invited Speaker: Laser Solutions for Space and the Earth, Optics and Photonics International Congress (OPIC), Yokohama, Japan Invited Speaker, "Space Debris Studies at Kyoto University" 2016/05/17-2016/05/17
招待講演Invited Speaker: Stardust Final Conference, ESTEC, European Space Agency, Noorwdwijk, The Netherlands Invited Speaker 2016/10/31-2016/11/04
インタビューReuters, RUSSIA/IN SPACE: Engineers make final preparations for MIR crash landing Interview with Reuters in Moscow in 2001 2001/03/21-2001/03/21
ニュース記事:The Japan Times Japan Must Reap Benefit from its ISS Role: The Decision was Taken in a Way That Focuses on Japan-U.S. Cooperation 2016/01/10-2016/01/10
ニュース記事:Museum of Flight News March 16 Program at Museum Looks at Space in the U.S.-Japan Alliance 2016/03/14-2016/03/14
ニュース記事:Seattle Astronomy, Space and Astronomy News from Seattle and the Pacific Northwest Seattle’s Place in the Future of Space 2016/03/18-2016/03/18
会報記事:日本航空宇宙工業会会報「航空と宇宙」 <工業会活動>「弾道ロケット打上げ安全実施ガイドラインの全面改訂について」 2016/07/11-2016/07/11
Invited 招待参加: Global Space Traffic Management Workshop University of Edinburgh, Edinburgh, Scotland, UK 2016/07/04-2016/07/05
基調講演:“日本と世界の宇宙開発の現状と展望~数理科学による進化を続ける宇宙開発~“ 第5回藤原洋数理科学賞授賞式・ピアノコンサート、慶應義塾大学日吉キャンパス協生館藤原洋記念ホール 2016/10/01-2016/10/01
招待講演:「日本の宇宙政策~宇宙産業、安全保障、科学技術の側面~Space Policy of Japan: Its Industry, National Security and Technology Aspects」 国際航空宇宙展、主催:日本航空宇宙工業会 @東京ビッグサイト 2016/10/13-2016/10/13
講演「京都大学におけるスペースデブリの取り組み」 第8回スペースデブリワークショップ, JAXA研究開発本部, 調布 2016/10/20-2016/10/20
招待講演:「宇宙工学と宇宙政策の世界」 自由企業研究会主催 @日本記者クラブ 2016/12/09-2016/12/09
招待講演「イプシロンロケット打ち上げ成功!我が国の宇宙輸送政策と将来計画」 日本計画研究所第12217回JPI特別セミナー 2014/01/16-2014/01/16
招待講演「日本の攻めの宇宙政策:最近の展開と今後の展望」 日本計画研究所、第13435回JPI招聘特別セミナー 2017/01/27-2017/01/27
招待講演: U.S.-Japan Space Forum Recommendations for the Japan-U.S. Comprehensive Dialogue on Space Roundtable Discussion, Sasakawa Peace Foundation and Mansfield Foundation, Tokyo, Japan Japanese Space Policy and U.S.-Japan Space Collaboration 2016/09/01-2016/09/01
招待講演: Space Policy Institute Dinner, the Elliot School of International Affairs, the George Washington University, Hotel Lombardy, Washington, D.C., US Japanese Space Policy 2016/09/08-2016/09/08
招待講演:Public Seminar, Hosted by George Washington University Space Policy Institute and the Mansfield Foundation, Linder Family Commons, George Washington University Elliot School, Washington, D.C., US Next Steps for U.S.-Japan Space Cooperation 2016/09/09-2016/09/09
基調講演:Stardust Final Conference, ESTEC, European Space Agency, Noorwdwijk, The Netherlands Recent Advances in Asteroid Manipulation Technologies 2016/10/31-2016/11/04
挨拶・講演:Welcome & Overview Speech, Kyoto University Public Seminar, U.S.-Japan Space Forum, the Maureen and Mike Mansfield Foundation, Higashi-Ichijo-kan, Kyoto University, Japan Japan-U.S. Cooperation in the Abe-Trump Era 2017/03/06-2017/03/06
挨拶・講演:Welcome & Overview Speech, Nagoya University Public Seminar, U.S.-Japan Space Forum, the Maureen and Mike Mansfield Foundation, Nagoya University, Nagoya, Japan Japan-U.S. Cooperation in the Abe-Trump Era 2017/03/07-2017/03/07
挨拶・講演:Welcome & Overview Speech, American Center Japan Public Seminar, U.S.-Japan Space Forum, the Maureen and Mike Mansfield Foundation, American Center Japan, Tokyo, Japan Japan-U.S. Cooperation in the Abe-Trump Era,” 2017/03/08-2017/03/08
ニュース記事:SpacePolicyOnline.com Symposium: Asia's Space Race and the U.S.-Japan Alliance 2015/12/01-2015/12/01
ニュース記事:EIN News Japan Discuss Space Security Following First Satellite Launched, London, UK 2017/02/15-2017/02/15
招待講演:日米文化教育交流会議次世代タスクフォース日本側会合 @同志社大学びわこトリートセンター 宇宙分野での日米交流 2017/03/30-2017/03/30
招待コーディネータ:宇宙産業シンポジウム@KITTE(丸ノ内) アジア宇宙輸送センターの在り方を考える 2017/04/17-2017/04/17
招待講演:33rd Space Symposium, Colorado Springs, Colorado, USA Japanese Contribution to the Global Space Community 2017/04/03-2017/04/04
招待講演:Airbus Space Day Workshop, Tokyo, Japan Space as a Vantage Point for Business 2017/04/26-2017/04/26

  • <<
  • >>
History of staying abroad
Organization Department Research theme Country Period
NASA JPL (National Aeronautical and Space Administration, Jet Propulsion Laboratory) Mission and Systems Architecture Section Mercury mission design and trajectory synthesis United States of America 1997/03/01-1997/11/30
NASA JPL (National Aeronautical and Space Administration, Jet Propulsion Laboratory) Navigation Section Deep Space network support coordination (Mars orbiter mission: Nozomi) United States of America 1998/03/01-1998/03/31
ESA ESTEC (European Space Agency, European Space Research and Technology Centre) BepiColombo project office, Concurrent Design Facility Project Coordination between ISAS and ESA The Netherlands 2002/01/-2002/02/
The number of times you have accepted foreign long-term visitors
Visitor name Organization Department Research theme Country Period
Ms. Lucia Irrgang Purdue University, US School of Aeronautics & Astronautics Distant direct/retrograde orbit transfer in the three-body problem, NSF US 2011/06/21-2011/08/23
Prof. Massimiliano Lorenzo Vasile University of Strathclyde, UK Dept of Mechanical and Aerospace Engineering 「モデル不確定性を考慮した低推力によるスペースデブリ除去の最適化に関する研究(Optimal Low-Thrust Active Debris Removal Under Model Uncertainty)」, JSPS UK 2015/05/24-2015/09/12
Prof. Christie Maddock University of Strathclyde, UK Dept of Mechanical & Aerospace Engineering 将来輸送系に関する研究(Advanced Space Transportation System) UK 2015/05/24-2015/09/12
Mr. Clement Gazzino The University of Toulouse III Paul Sabatier, France Ph. D Candidate 最適な衛星制御のための状態量・制御量制約に関する研究(Optimal Satellite Trajectory Control under State and Control Constraints) France 2016/06/06-2016/08/05
Mr. Nicolas Thiry The University of Strathclyde, UK Dept of Mechanical & Aerospace Engineering, Ph. D Candidate Development and Validation of a 3D Asteroid Charging Model Based on Finite Element Methods for the Electrostatic Tractor Deflection Method UK 2016/06/04-2016/06/19
Dr. Romain Serra The University of Strathclyde, UK Dept of Mechanical & Aerospace Engineering Study of the Effects of the Lorentz Force in Low Earth Orbit on Objects with High Area-to-Mass Ratio UK 2016/11/27-2016/12/04