稲谷 龍彦

Last Update: 2020/02/17 17:19:28

Print

Name(Kanji/Kana/Abecedarium Latinum)
稲谷 龍彦/イナタニ タツヒコ/Inatani, Tatsuhiko
Primary Affiliation(Org1/Job title)
Graduate Schools Law/Associate Professor
Faculty
Org1 Job title
法学部
Contact Address
Type Address(Japanese) Address(English)
Office
Phone
Type Number
Office
Academic Organizations You are Affiliated to in Japan
Organization name(Japanese) Organization name(English)
日本刑法学会、法と経済学会、日本ロボット学会
Academic Degree
Field(Japanese) Field(English) University(Japanese) University(English) Method
法務博士(専門職) 京都大学
Work Experience
Period Organization(Japanese) Organization(English) Job title(Japanese) Job title(English)
2008/04/01-2011/03/31 京都大学大学院法学研究科 助教
2019/09/16-2021/03/31 理化学研究所革新知能統合研究センター 客員研究員
Language of Instruction
Language(japanese) Language(english) Code
日本語, English, Français
researchmap URL
https://researchmap.jp/7000008734
Research Topics
(Japanese)
企業犯罪、科学技術と法、代替的刑事司法
(English)
Corporate Crime, Law and Technology and Alternative Justice
Overview of the research
(Japanese)
訴追延期合意をはじめとする新たな企業犯罪法制について、法と経済、比較法、法哲学、認知心理学などの成果を活用しながら研究している。科学技術と法については、新しい科学技術を用いた捜査手法の適切な法的統制のありようや、人工知能開発に関する規制、責任法のありようについて、やはり学際的手法を用いて研究している。代替的刑事司法に関しては、修復的司法や治療的司法、また訴追裁量を活用したダイヴァージョンなどに関心を持って研究している。
(English)
Exploring emerging legal regimes that combat against corporate crime, like Deferred Prosecution Agreements, by interdisciplinary methods. Also probing and proposing appropriate legal schemes that control the investigative usage of emerging technologies, as well as regulation and liability rules concerned with AI in the realm of law and technology. In addition, being interested in alternative justice systems, including restorative justice, therapeutic justice and prosecutorial diversion system.
Fields of research (key words)
Key words(Japanese) Key words(English)
刑事法 Criminal Law, Criminal Procedure Law, and Criminology
Published Papers
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Bibliography Bibliography(Japanese) Bibliography(English) Publication date Refereed paper Language Publishing type Disclose
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 ロー・クラス 刑事学の方法と課題(第11回)経済学的方法(2) ロー・クラス 刑事学の方法と課題(第11回)経済学的方法(2) 法学セミナー, 65, 1, 112-117 法学セミナー, 65, 1, 112-117 , 65, 1, 112-117 2020/02 Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 ロボット事故の刑事責任 ロボット事故の刑事責任 日本ロボット学会誌, 38, 1, 37-40 日本ロボット学会誌, 38, 1, 37-40 , 38, 1, 37-40 2020 Refereed Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 ロー・クラス 刑事学の方法と課題(第10回)経済学的方法(1) ロー・クラス 刑事学の方法と課題(第10回)経済学的方法(1) 法学セミナー, 65, 1, 104-109 法学セミナー, 65, 1, 104-109 , 65, 1, 104-109 2020/01 Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 ロー・クラス 刑事学の方法と課題(第9回)生物学的方法 ロー・クラス 刑事学の方法と課題(第9回)生物学的方法 法学セミナー, 64, 12, 108-113 法学セミナー, 64, 12, 108-113 , 64, 12, 108-113 2019/12 Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 ロー・クラス 刑事学の方法と課題(第8回)社会学的方法(2) ロー・クラス 刑事学の方法と課題(第8回)社会学的方法(2) 法学セミナー, 64, 11, 110-115 法学セミナー, 64, 11, 110-115 , 64, 11, 110-115 2019/11 Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 ロー・クラス 刑事学の方法と課題(第7回)社会学的方法(1) ロー・クラス 刑事学の方法と課題(第7回)社会学的方法(1) 法学セミナー, 64, 10, 114-119 法学セミナー, 64, 10, 114-119 , 64, 10, 114-119 2019/10 Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 ロー・クラス 刑事学の方法と課題(第6回)科学・法学・刑事学(2) ロー・クラス 刑事学の方法と課題(第6回)科学・法学・刑事学(2) 法学セミナー, 64, 9, 114-119 法学セミナー, 64, 9, 114-119 , 64, 9, 114-119 2019/09 Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 ロー・クラス 刑事学の方法と課題(第5回)科学・法学・刑事学(1) ロー・クラス 刑事学の方法と課題(第5回)科学・法学・刑事学(1) 法学セミナー, 64, 8, 110-115 法学セミナー, 64, 8, 110-115 , 64, 8, 110-115 2019/08 Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 ロー・クラス 刑事学の方法と課題(第4回)近代刑事司法の現代的課題(3) ロー・クラス 刑事学の方法と課題(第4回)近代刑事司法の現代的課題(3) 法学セミナー, 64, 7, 98-103 法学セミナー, 64, 7, 98-103 , 64, 7, 98-103 2019/07 Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 ロー・クラス 刑事学の方法と課題(第3回)近代刑事司法の現代的課題(2) ロー・クラス 刑事学の方法と課題(第3回)近代刑事司法の現代的課題(2) 法学セミナー, 64, 6, 109-115 法学セミナー, 64, 6, 109-115 , 64, 6, 109-115 2019/06 Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 ロー・クラス 刑事学の方法と課題(第2回)近代刑事司法の現代的課題(1) ロー・クラス 刑事学の方法と課題(第2回)近代刑事司法の現代的課題(1) 法学セミナー, 64, 5, 110-115 法学セミナー, 64, 5, 110-115 , 64, 5, 110-115 2019/05 Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 企業犯罪における取引的刑事司法 企業犯罪における取引的刑事司法 刑法雑誌, 58, 1, 44-54 刑法雑誌, 58, 1, 44-54 , 58, 1, 44-54 2019/04 Refereed Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 人工知能搭載機器に関する新たな刑事法規制について 人工知能搭載機器に関する新たな刑事法規制について 法律時報, 91, 4, 54-59 法律時報, 91, 4, 54-59 , 91, 4, 54-59 2019/04 Refereed Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 ロー・クラス 刑事学の方法と課題(第1回)刑事学とは何か? ロー・クラス 刑事学の方法と課題(第1回)刑事学とは何か? 法学セミナー, 64, 4, 83-88 法学セミナー, 64, 4, 83-88 , 64, 4, 83-88 2019/04 Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 フランス共和国における検察官の訴追裁量の活用状況について:配偶者間等暴力事案を中心に フランス共和国における検察官の訴追裁量の活用状況について:配偶者間等暴力事案を中心に 社会安全・警察学, 5, 149-156 社会安全・警察学, 5, 149-156 , 5, 149-156 2019/03 Refereed Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 企業犯罪対応の現代的課題−DPA/NPAの近代刑事司法へのインパクト(5) 企業犯罪対応の現代的課題−DPA/NPAの近代刑事司法へのインパクト(5) 法学論叢, 184, 5, 1-29 法学論叢, 184, 5, 1-29 , 184, 5, 1-29 2019/02 Refereed Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 刑事判例研究(Number 203) 医療観察法による強制入院の合憲性(最高裁平成29年12月18日決定) 刑事判例研究(Number 203) 医療観察法による強制入院の合憲性(最高裁平成29年12月18日決定) 論究ジュリスト, 31, 196-201 論究ジュリスト, 31, 196-201 , 31, 196-201 2019 Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 企業犯罪対応の現代的課題−DPA/NPAの近代刑事司法へのインパクト(4) 企業犯罪対応の現代的課題−DPA/NPAの近代刑事司法へのインパクト(4) 法学論叢, 183, 3, 1-26 法学論叢, 183, 3, 1-26 , 183, 3, 1-26 2018/06 Refereed Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 企業犯罪対応の現代的課題−DPA/NPAの近代刑事司法へのインパクト(3) 企業犯罪対応の現代的課題−DPA/NPAの近代刑事司法へのインパクト(3) 法学論叢, 183, 1, 1-42 法学論叢, 183, 1, 1-42 , 183, 1, 1-42 2018/04 Refereed Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 試論 公共政策としての刑事司法 試論 公共政策としての刑事司法 社会安全・警察学, 4, 99-113 社会安全・警察学, 4, 99-113 , 4, 99-113 2018/03 Refereed Disclose to all
笹倉宏紀, 山本龍彦, 山田哲史, 緑大輔, 稲谷 龍彦 笹倉宏紀, 山本龍彦, 山田哲史, 緑大輔, 稲谷 龍彦 強制・任意・プライヴァシー(続)GPS捜査大法廷判決を読む、そしてその先へ(最高裁平成29.3.15判決) 強制・任意・プライヴァシー(続)GPS捜査大法廷判決を読む、そしてその先へ(最高裁平成29.3.15判決) 法律時報, 90, 1, 54-83 法律時報, 90, 1, 54-83 , 90, 1, 54-83 2018/01 Refereed Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 企業犯罪に対する刑事手続の対応:アメリカ法におけるDPA/NPAを中心に 企業犯罪に対する刑事手続の対応:アメリカ法におけるDPA/NPAを中心に 刑事法ジャーナル, 58, 69-76 刑事法ジャーナル, 58, 69-76 , 58, 69-76 2018 Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 刑事司法の最適化と情報技術・ビッグデータの活用ーGPS最高裁判決を超えて 刑事司法の最適化と情報技術・ビッグデータの活用ーGPS最高裁判決を超えて 情報法制研究, 3, 3-14 情報法制研究, 3, 3-14 , 3, 3-14 2018 Refereed Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 身分秘匿捜査の法的規律について−捜査活動の最適化という観点から 身分秘匿捜査の法的規律について−捜査活動の最適化という観点から 法学論叢, 182, 1-3, 274-391 法学論叢, 182, 1-3, 274-391 , 182, 1-3, 274-391 2017/12 Refereed Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 企業犯罪対応の現代的課題−DPA/NPAの近代刑事司法へのインパクト(2) 企業犯罪対応の現代的課題−DPA/NPAの近代刑事司法へのインパクト(2) 法学論叢, 181, 3, 22-67 法学論叢, 181, 3, 22-67 , 181, 3, 22-67 2017/06 Refereed Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 刑事政策時評 近時の刑事司法の動向について 刑事政策時評 近時の刑事司法の動向について 罪と罰, 54, 3, 60-63 罪と罰, 54, 3, 60-63 , 54, 3, 60-63 2017/06 Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 企業犯罪対応の現代的課題−DPA/NPAの近代刑事司法へのインパクト(1) 企業犯罪対応の現代的課題−DPA/NPAの近代刑事司法へのインパクト(1) , 180, 4, 40-71 , 180, 4, 40-71 , 180, 4, 40-71 2017/01 Refereed Disclose to all
稲谷 龍彦, 荒井喜美 稲谷 龍彦, 荒井喜美 英国訴追延期合意制度の背景・概要と日本企業への示唆 英国訴追延期合意制度の背景・概要と日本企業への示唆 旬刊商事法務, 2120, 23-31 旬刊商事法務, 2120, 23-31 , 2120, 23-31 2016/12 Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 刑事手続におけるプライバシー保護ー熟議による適正手続の実現を目指して 刑事手続におけるプライバシー保護ー熟議による適正手続の実現を目指して 刑法雑誌, 53, 2, 228-243 刑法雑誌, 53, 2, 228-243 , 53, 2, 228-243 2014/02 Refereed Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 刑事手続におけるプライバシー保護ー熟議による適正手続の実現を目指して(8・完) 刑事手続におけるプライバシー保護ー熟議による適正手続の実現を目指して(8・完) , 173, 6, 1-45 , 173, 6, 1-45 , 173, 6, 1-45 2013/09 Refereed Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 刑事手続におけるプライバシー保護ー熟議による適正手続の実現を目指して(7) 刑事手続におけるプライバシー保護ー熟議による適正手続の実現を目指して(7) 法学論叢, 173, 3, 1-41 法学論叢, 173, 3, 1-41 , 173, 3, 1-41 2013/06 Refereed Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 刑事手続におけるプライバシー保護ー熟議による適正手続の実現を目指して(6) 刑事手続におけるプライバシー保護ー熟議による適正手続の実現を目指して(6) 法学論叢, 173, 2, 1-43 法学論叢, 173, 2, 1-43 , 173, 2, 1-43 2013/05 Refereed Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 刑事手続におけるプライバシー保護ー熟議による適正手続の実現を目指して(5) 刑事手続におけるプライバシー保護ー熟議による適正手続の実現を目指して(5) 法学論叢, 172, 2, 1-37 法学論叢, 172, 2, 1-37 , 172, 2, 1-37 2012/11 Refereed Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 刑事手続におけるプライバシー保護−熟議による適正手続の実現を目指して(4) 刑事手続におけるプライバシー保護−熟議による適正手続の実現を目指して(4) 法学論叢, 171, 6, 1-38 法学論叢, 171, 6, 1-38 , 171, 6, 1-38 2012/09 Refereed Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 刑事手続におけるプライバシー保護−熟議による適正手続の実現を目指して(3) 刑事手続におけるプライバシー保護−熟議による適正手続の実現を目指して(3) 法学論叢, 171, 5, 26-65 法学論叢, 171, 5, 26-65 , 171, 5, 26-65 2012/08 Refereed Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 刑事手続におけるプライバシー保護−熟議による適正手続の実現を目指して(2) 刑事手続におけるプライバシー保護−熟議による適正手続の実現を目指して(2) 法学論叢, 169, 5, 1-35 法学論叢, 169, 5, 1-35 , 169, 5, 1-35 2011/08 Refereed Japanese Research paper(bulletin of university, research institution) Disclose to all
稲谷 龍彦 稲谷 龍彦 刑事手続におけるプライバシー保護-熟議による適正手続の実現を目指して(1) 刑事手続におけるプライバシー保護-熟議による適正手続の実現を目指して(1) 法学論叢, 169, 1, 1-37 法学論叢, 169, 1, 1-37 , 169, 1, 1-37 2011/04 Refereed Japanese Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Conference Activities & Talks
Title Title(Japanese) Title(English) Conference Conference(Japanese) Conference(English) Promotor Promotor(Japanese) Promotor(English) Date Language Assortment Disclose
自律システムの犯すミスを私たちの社会は許せるのか?:法学者が描く自動運転時代の社会システム[Invited] 自律システムの犯すミスを私たちの社会は許せるのか?:法学者が描く自動運転時代の社会システム [Invited] 自動車技術会:自動運転に係わる総合信頼性の継続的確保に向けた 標準化検討委員会 自動車技術会:自動運転に係わる総合信頼性の継続的確保に向けた 標準化検討委員会 2020/02/03 Disclose to all
Criminal Law 2.0: Criminal Justice Innovation in Society 5.0[Invited] Criminal Law 2.0: Criminal Justice Innovation in Society 5.0 [Invited] Criminal Law 2.0: Criminal Justice Innovation in Society 5.0 [Invited] OECD Global Conference on Governance Innovation OECD Global Conference on Governance Innovation OECD Global Conference on Governance Innovation 2020/01/14 English Symposium workshop panel(nominated) Disclose to all
AI and Corporate Liability[Invited] AI and Corporate Liability [Invited] AI and Corporate Liability [Invited] White Collar Crime Workshop in Washington DC White Collar Crime Workshop in Washington DC White Collar Crime Workshop in Washington DC 2019/09/24 English Disclose to all
Introduction to Japanese Criminal Justice on Economic Crime Introduction to Japanese Criminal Justice on Economic Crime Introduction to Japanese Criminal Justice on Economic Crime Cambridge International Symposium of Economic Crime Cambridge International Symposium of Economic Crime Cambridge International Symposium of Economic Crime 2019/09/06 English Disclose to all
Autonomous Vehicle in Japanese Criminal Justice: Emerging New Trends[Invited] Autonomous Vehicle in Japanese Criminal Justice: Emerging New Trends [Invited] Autonomous Vehicle in Japanese Criminal Justice: Emerging New Trends [Invited] ANU AJRC Seminar ANU AJRC Seminar ANU AJRC Seminar 2019/08/08 English Disclose to all
児童虐待への刑事的介入と多機関連携:公共政策としての刑事司法の観点から[Invited] 児童虐待への刑事的介入と多機関連携:公共政策としての刑事司法の観点から [Invited] 日本刑法学会関西部会共同研究 日本刑法学会関西部会共同研究 2019/07/28 Disclose to all
Autonomous Vehicle in Japanese Criminal Justice: Emerging New Trends[Invited] Autonomous Vehicle in Japanese Criminal Justice: Emerging New Trends [Invited] Autonomous Vehicle in Japanese Criminal Justice: Emerging New Trends [Invited] Kyoto-Vienna International Workshop of IT Law Kyoto-Vienna International Workshop of IT Law Kyoto-Vienna International Workshop of IT Law 2019/06/17 English Disclose to all
自動運転の法とガイドライン[Invited] 自動運転の法とガイドライン [Invited] 国立台湾大学AIセンター主催セミナー 国立台湾大学AIセンター主催セミナー 2019/03/15 Japanese Disclose to all
Accompanying Technology :The Law in the Era of Post Humanism[Invited] Accompanying Technology :The Law in the Era of Post Humanism [Invited] Accompanying Technology :The Law in the Era of Post Humanism [Invited] International Conference co-held by NTU-Hambourg-Kyoto International Conference co-held by NTU-Hambourg-Kyoto International Conference co-held by NTU-Hambourg-Kyoto 2019/03/14 English Disclose to all
「機械による選択」を前提とした社会システムとは?[Invited] 「機械による選択」を前提とした社会システムとは? [Invited] 「人と情報のエコシステム」研究開発領域シンポジウム「理性から情動へ AI&データ時代、選択を委ねる人間たち」 「人と情報のエコシステム」研究開発領域シンポジウム「理性から情動へ AI&データ時代、選択を委ねる人間たち」 2019/03/12 Disclose to all
科学技術と共進する法−ポスト・ヒューマニズム時代の個人・市場・国家[Invited] 科学技術と共進する法−ポスト・ヒューマニズム時代の個人・市場・国家 [Invited] AIを含めた先端技術の利活用と立法政策−技術と法の在り方と倫理 AIを含めた先端技術の利活用と立法政策−技術と法の在り方と倫理 2019/01/26 Japanese Disclose to all
Contemporary Issues on Legal Regulation of AI[Invited] Contemporary Issues on Legal Regulation of AI [Invited] Contemporary Issues on Legal Regulation of AI [Invited] Vienna-Kyoto International Comparative Law Conference Vienna-Kyoto International Comparative Law Conference Vienna-Kyoto International Comparative Law Conference 2018/09/10 English Disclose to all
Contemporary Issues on Legal Regulation of AI Contemporary Issues on Legal Regulation of AI Contemporary Issues on Legal Regulation of AI Summer School IT Law and Legal Informatics 2018 at Saarland University Summer School IT Law and Legal Informatics 2018 at Saarland University Summer School IT Law and Legal Informatics 2018 at Saarland University 2018/08/28 English Disclose to all
"Bewisverbot" and Right to Refuse Testimony "Bewisverbot" and Right to Refuse Testimony "Bewisverbot" and Right to Refuse Testimony International Conference of Procedure Law co-held by Köln-Kyoto International Conference of Procedure Law co-held by Köln-Kyoto International Conference of Procedure Law co-held by Köln-Kyoto 2013/10/12 Disclose to all
刑事手続におけるプライバシー保護−熟議による適正手続の実現を目指して 刑事手続におけるプライバシー保護−熟議による適正手続の実現を目指して 日本刑法学会全国大会 個別報告 日本刑法学会全国大会 個別報告 2013/05/26 Disclose to all

  • <<
  • >>
Title language:
Books etc
Author Author(Japanese) Author(English) Title Title(Japanese) Title(English) Publisher Publisher(Japanese) Publisher(English) Publication date Language Type Disclose
酒巻匡, 大澤裕, 川出敏裕 酒巻匡, 大澤裕, 川出敏裕 井上正仁先生古稀祝賀論文集 井上正仁先生古稀祝賀論文集 有斐閣 有斐閣 2019 Contributor Disclose to all
稻谷, 龍彦 稻谷, 龍彦 刑事手続におけるプライバシー保護 : 熟議による適正手続の実現を目指して 刑事手続におけるプライバシー保護 : 熟議による適正手続の実現を目指して 弘文堂 弘文堂 2017/12 Japanese Single Work Disclose to all
松尾, 陽(法哲学), 稻谷, 龍彦, 片桐, 直人, 栗田, 昌裕, 成原, 慧, 山本, 龍彦, 横大道, 聡 松尾, 陽(法哲学), 稻谷, 龍彦, 片桐, 直人, 栗田, 昌裕, 成原, 慧, 山本, 龍彦, 横大道, 聡 アーキテクチャと法 : 法学のアーキテクチュアルな転回? アーキテクチャと法 : 法学のアーキテクチュアルな転回? 弘文堂 弘文堂 2017 Japanese Joint Work Disclose to all
山本, 龍彦, 横大道, 聡, 大林, 啓吾, 新井, 誠(憲法), 大沢, 秀介 山本, 龍彦, 横大道, 聡, 大林, 啓吾, 新井, 誠(憲法), 大沢, 秀介 入門・安全と情報 入門・安全と情報 成文堂 成文堂 2015 Japanese Contributor Disclose to all
Title language:
External funds: competitive funds and Grants-in-Aid for Scientific Research (Kakenhi)
Type Position Title(Japanese) Title(English) Period
若手研究(B) Representative サイバースペースにおける刑事手続-通信記録開示手続を中心に- 2012-2013
若手研究(B) Representative 企業犯罪における刑事司法を通じた構造改革の可能性 (平成28年度分) 2016/04/01-2017/03/31
若手研究(B) Representative 企業犯罪における刑事司法を通じた構造改革の可能性 (平成29年度分) 2017/04/01-2018/03/31
若手研究(B) Representative 企業犯罪における刑事司法を通じた構造改革の可能性 (平成30年度分) 2018/04/01-2019/03/31
Teaching subject(s)
Name(Japanese) Name(English) Term Department Period
刑法演習1 Criminal Law I -Seminar 通年 法学研究科 2012/04-2013/03
法学政治学英語A English(Law/Politics)A 前期 全学共通科目 2012/04-2013/03
法学政治学英語B English(Law/Politics)B 後期 全学共通科目 2012/04-2013/03
刑法演習1 Criminal Law I -Seminar 通年 法学研究科 2013/04-2014/03
刑法研究演習1 Criminal Law I -Seminar 通年 法学研究科 2013/04-2014/03
法学政治学英語I English(Law/Politics)I 前期 全学共通科目 2013/04-2014/03
刑事学 Criminology 後期 法学部 2015/04-2016/03
刑事手続法演習B Law of Criminal Procedure B -Seminar 後期 法学研究科 2015/04-2016/03
刑事手続法研究演習B Law of Criminal Procedure B -Seminar 後期 法学研究科 2015/04-2016/03
刑事制度論 Criminal Justice and Penal System 前期 法学研究科(法科大学院) 2016/04-2017/03
刑事学 Criminology 後期 法学部 2016/04-2017/03
刑事学 Criminology 通年 法学研究科 2016/04-2017/03
刑事学演習 Criminology -Seminar 通年 法学研究科 2016/04-2017/03
刑事学研究 Criminology 通年 法学研究科 2016/04-2017/03
刑事学研究演習 Criminology -Seminar 通年 法学研究科 2016/04-2017/03
刑事制度論 Criminal Justice and Penal System 前期 法学研究科(法科大学院) 2017/04-2018/03
刑事学 Criminology 後期 法学部 2017/04-2018/03
刑事学 Criminology 通年 法学研究科 2017/04-2018/03
刑事学演習 Criminology -Seminar 通年 法学研究科 2017/04-2018/03
刑事学研究 Criminology 通年 法学研究科 2017/04-2018/03
刑事学研究演習 Criminology -Seminar 通年 法学研究科 2017/04-2018/03
刑事制度論 Criminal Justice and Penal System 前期 法学研究科(法科大学院) 2018/04-2019/03
刑事学 Criminology 後期 法学部 2018/04-2019/03
刑事学 Criminology 通年 法学研究科 2018/04-2019/03
刑事学演習 Criminology -Seminar 通年 法学研究科 2018/04-2019/03
刑事学研究 Criminology 通年 法学研究科 2018/04-2019/03
刑事学研究演習 Criminology -Seminar 通年 法学研究科 2018/04-2019/03
外国文献講読(法・英)I-E1 Readings in Humanities and Social Sciences (Law, English)I-E1 前期 全学共通科目 2018/04-2019/03
刑事制度論 Criminal Justice and Penal System 前期 法学研究科(法科大学院) 2019/04-2020/03
〔刑事学 リサーチ・ペーパー1〕 Research Paper I - Criminology 通年 法学研究科 2019/04-2020/03
〔刑事学 リサーチ・ペーパー2〕 Research Paper II - Criminology 通年 法学研究科 2019/04-2020/03
刑事学 Criminology 後期 法学部 2019/04-2020/03
刑事学 Criminology 通年 法学研究科 2019/04-2020/03
刑事学研究 Criminology 通年 法学研究科 2019/04-2020/03
外国文献講読(法・英)I-E1 Readings in Humanities and Social Sciences (Law, English)I-E1 前期 全学共通科目 2019/04-2020/03
アメリカ法文献読解 Research on Foreign Literature [American Law] 前期後半 法学研究科 2019/04-2020/03

  • <<
  • >>
Other activities (public organizations)
Committee(Japanese) Committee(English) Title Organization name Period
新たなガバナンスモデル検討会 委員 経済産業省 2019/08/27-2020/03/19
Other activities (private companies, NPOs, etc.)
Company name Activity Period
理化学研究所 人工知能に関する科学技術法ガバナンスの研究 2019/09/16-2020/03/31